緊急取調室3(キントリ)6話の感想ネタバレやゲストと事件の真相は?倉科カナの演技力が話題に!

緊急取調室3(キントリ)の第6話が放送されました。

ゲストに倉科カナさんが出演しますが、演技力が凄すぎるとネットでも話題になっていますね。

どんな役柄で出演されたのか、6話を見た感想とゲストについてまとめました。

事件の真相を含むのでネタバレ注意ですよ。

緊急取調室3見逃し動画を無料視聴する場合こちら▶

緊急取調室3 6話のあらすじ

ある夜、4歳の保育園児・西崎凛(落井実結子)が自宅から誘拐された! 母親・西崎明日香(土居志央梨)が30分の外出から帰ると、娘の姿がなかったばかりか、階段から転落したと思われる夫・康弘(向田翼)の死体を発見したという。しかも、捜査協力を命じられた真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は、近所の人から提供されたスマホ映像を見て愕然とする。そこには、ウサギの着ぐるみをまとった不審者が、凛を抱きかかえて歩く姿が映っていたのだ! さらに捜査の結果、明日香が本当は2時間外出していたことも判明する。

 まもなく、交番前にひとりでいる凛を警察官が発見し、身柄を保護。まだ幼い凛からは決す定打となるような証言が得られない中、疑惑の目は嘘の証言をした明日香に注がれる。ところがそこへ、もうひとり怪しい人物が浮かび上がる! 事件現場から、凛の担任保育士・柴田七海の指紋が検出されたのだ。キントリ・チームは2人を重要参考人として呼び出し、事情聴取することに…。すると七海は、明日香が不倫相手に会うため凛を保育園に預けていたと証言。母親失格だと厳しく非難し…!

 そんな中、キントリ・チームはさまざまな情報をもとに、七海に対する嫌疑を深めていくことに…。やがて、ついに七海が自供! しかし、有希子は七海が嘘をつき、頑なに何かを隠そうとしているような気がしてならず…。

引用:テレビ朝日公式

緊急取調室3見逃し動画を無料視聴する場合こちら▶

スポンサードリンク

第6話ネタバレ・ゲストや事件の真相とウサギの正体は?

 

ゲスト出演 西崎明日香(土居志央梨)について

 

今回キントリでゲスト出演の土居志央梨さんは幼い少女、凛ちゃんの母親役として出演されていました。

個人的には今回初めてお芝居を見ましたがキントリでの母親の演技も上手くスタイルもよく、綺麗な女優さんという印象でした。

夫はあまり子どもの面倒を見ないため、自分が家事に育児に仕事をしていることをキントリチームに話していました。

その姿は本当の母親のような演技をしていたので、とても芝居には見えませんでした。

実は彼女は買い物に行っていた時間が嘘であったことと、保育園に子どもを預けている間、夫以外の男性と会っていた2点がわかり、キントリチームに疑われることになります。

後半で事件の真相については書いていきますが、疑われても仕方ないですよね。

子育てをしながら家事に仕事に、と現代の母親像をよく描いていました。

ゲスト出演 保育士·柴田七海(倉科カナ)について

 

倉科カナさんは今回ワケありな熱血保育士を演じていました。

安定の演技力ですね♪

特に凛ちゃんのことは気にかけていたようで、勤務時間外でも凛ちゃんと遊んでいたようです。

大学を卒業して別の保育園で仕事を始め、その後2年間休職し、凛ちゃんの通う保育園に務めたことがわかりました。

保育士の間でも少し厳しすぎたり熱い先生だという評判で尊敬しているとの声もありました。

七海先生が子どもたちに厳しくするにはある理由がありました。

それは卒業後に務めた保育園で園児が亡くなってしまったためです。

このことは七海先生の責任ではないものの亡くなった園児の母親から責められたことから自分のせいだと考えていたのです。

七海先生の指紋が出たことから七海先生も自供をしますが、真壁は保育士だからこそ親を失う子どもの気持ちは想像すればわかる。

だから七海先生はそんなことはしていないはず、と捜査を進めながら事件を推理していきます。

緊急取調室3見逃し動画を無料視聴する場合こちら▶

スポンサードリンク

事件の真相は?

 

七海先生は0歳から5歳までで学ぶことが大切だという考えを持っていました。

そのため子どもには様々なことを勉強させたり覚えさせたり・・・

家で過ごす時間よりも保育園で過ごす時間が多いこともあり、全て子どものことを思って行動していたのです。

そのため保育園でもそろばんを使うことを教えていました。

しかし、当たり前ですが計算はできないため、ぬいぐるみを乗せて遊んだり、床で車に見立てて遊んだりという遊びをしていました。

ところが園児の1人がトイレから出た所にそろばんを置き、怪我をさせてしまうという事態に。

もちろん七海先生はきつく怒りましたが、凛ちゃんもそれを見ていたのです。

凛ちゃんの父親(亡くなった男性)は凛ちゃんの面倒も見なかったこともあり、凛ちゃんは寂しい思いをしていました。

部屋のドア越しに呼んでも返事がないパパがどうやったら振り向いてくれるか、どうしたら自分と遊んでくれるのか、幼いなりに考えていました。

その結果、保育園で園児がやっていたことを思い出し、パパにも同じことをしようと思ったのです。

部屋から出たところにそろばんを置いてパパを呼んでも部屋から出てきてくれませんでした。

凛ちゃんは諦めそのまま自分の部屋で眠ってしまいましたが、夜何も知らないパパはそろばんを踏んでしまい、転倒した際に頭を打ち亡くなってしまったということが事件の真相でした。

ウサギは誰だったのか?

 

凛ちゃんは自分のせいで父親が亡くなったことに気付いてなかったのです。

事件があった日、七海先生は凛ちゃんが気になり家を訪ねていました。

そこで鍵が空いていたため家に入ると、凛ちゃんの父親が倒れているのを発見しました。

そこにはそろばんの壊れた破片が落ちていて、凛ちゃんがやったことだと七海先生は気付きました。

ですがまだ小さいこともあり自分のせいで父親が死んだと知ったら・・・

そう思いうさぎの変装をしました。

ウサギの正体は七海先生!優しすぎるが故の行動が6話の真相です。

緊急取調室3見逃し動画を無料視聴する場合こちら▶

緊急取調室3 6話の感想

 

キントリのゲストに登場する女優さんはドラマ放送後に怪演、演技が怖いなど話題になることが多いです。

しかし今回の倉科カナさんの演技はとても切なく感動するものとなっていました。

子どもが起こしたことでもわざとではない、だけど小さな子に真実を伝えないでほしい…七海先生の気持ちも痛いほどわかります。

真壁がラストシーンで貼るテープにも「優しい嘘」と書いてありました。

今回の内容は本当に涙なしでは見れなかったと思います。

事故と言ってもパパが嫌いとか憎いとかそういうわけではなく、ただ振り向いてほしい…という凛ちゃんの気持ちもすごくよく分かります。

父親が普段からもう少し凛ちゃんを見ていれば防げたかもしれません。

ですが仕事で忙しかったのかもしれません。倉科カナさんの演技が本当に子どもを大切に思っている保育士さんのようでしたね。

緊急取調室3見逃し動画を無料視聴する場合こちら▶

ネットの感想は?

 

 

 

 

 

 

 

↓緊急取調室3見逃し動画を無料視聴する場合こちら↓

まとめ

ドラマも折り返しに入ってきました。

キントリチームは人員の再編成があるのか、または解散も有り得るのでしょうか。

そして、ゲストが毎度素晴らしい演技を見せてくれますね♪

この現場はハイパフォーマンスが出せる秘密があるんですかね?

次回のゲストは大久保佳代子さん!!!

絶対迫真の演技するじゃん! 7話の放送が楽しみですね。

 

↓緊急取調室3見逃し動画を無料視聴する場合こちら↓