緊急取調室3(キントリ)3話の感想ネタバレは・視聴率は?千堂敦子の演技が凄過ぎる!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

 

4月からスタートしたドラマ「緊急取調室3(キントリ3)」。

今回は第3話のあらすじ、ゲストについて、3話を見た感想についてまとめていきます。

視聴率も好調な3話はどんな取り調べが!?

ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

すぐ緊急取調室3を無料で視聴したい場合はこちら▷

「緊急取調室3」3話のあらすじ

【あらすじ】

仮想通貨取引を意のままに操り、“5億稼ぐ女”と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が、自宅マンションで殺された。死因は頭部をアタッシュケースで強打されたことによる脳挫傷。事件現場の状況から、金が絡んだ顔見知りによる犯行だとにらんだ捜査一課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介)と渡辺鉄次(速水もこみち)は、さっそく同じマンションに住む第一発見者・平井かすみ(仙道敦子)を逮捕する。というのも、かすみは理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏で自分が売買取引を実行。そう…何を隠そう、“5億稼ぐ女”の正体は理沙ではなく、かすみだったのだ! しかも、かすみには犯行時刻のアリバイがない上に、理沙の部屋から指紋も多数検出されていた…。

 ところが、いざ監物と渡辺が取り調べを始めると、かすみは犯行を全面否定。完全に行き詰まってしまったため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任される。有希子らの脳裏に大きな疑問が浮かび上がる。そもそも、かすみはなぜ理沙を自分の代わりに表舞台に立たせたのか? そこには何か“人には言えない理由”と“別の顔”があるのではないか、と…。

引用:テレビ朝日

「緊急取調室3(キントリ)」2話ネタバレ

宝城理沙(筧美和子)について

カリスマ・デイトレーダーで「5億稼ぐ女」として有名だったある女性がいました。

彼女の名前は宝城理沙(筧美和子)といい、ある日マンションで殺されているのが発見されます。

 

容疑者として挙がったのは、理沙と同じマンションに住む第一発見者の平井かすみ(仙道敦子)という女性です。

 

凶器はアタッシュケースで、頭を強打されたのが原因だろうということでしたが、理沙の遺体の側に血痕のついた一万円札が落ちていました。

 

今回出演シーンが少なかったのであまり演技についてはわかりにくかったですね。

ですがモデルさんをしていることもあり衣装が可愛くとても似合っていました。

個人的にはもう少し演技をしているシーンが見ていたかったです。

 

平井かすみ(仙道敦子)について

 

キントリチームは捜査を進めていった結果、実際デイトレーダーをしていたのはかすみであること、また理沙に仮想通貨用の口座を作らせて売買をおこなっていたことを突き止めました。

 

かすみは見たところ凄腕のデイトレという感じではなく、清楚な奥さんといった感じです。

 

菱本はかすみが指輪をしているのに気づき結婚について、かすみに聞きました。

すると、かすみは「5年前に亡くなりました」と言いますが、渡辺は結婚はしていないはずと答えます。

 

また取り調べを進めていくうちに、稼いだお金は老後資金を稼ぐため、また仮想通貨の取引に使うとのことでした。

 

お金より大事なものは何かと聞かれたかすみは「若さと健康」と笑顔で言い、やはり楽しんでいる様子でした。

 

真壁はかすみの母親が高級老人ホームへ入所していることを知り、ホームへ行きました。

 

同時に、監物と渡辺は老人ホームへアンケート用紙のデータ流出のことを聞きに行き、門倉から「誰かが約200人分のアンケート用紙が持ち出した」という情報を得ます。

 

キントリチームの作戦とは、そして真相へ

 

真壁はかすみの取り調べを行っている部屋に、カスミの母親である佳恵を連れてきました。

 

玉垣は「高級老人ホームに入居させたのはお母さんのためでしょ?」と言いますが「昔から母が嫌いなの。ホームに入れたのは自分のため」と笑いながら言われてしまい、作戦は失敗に・・・

 

「犯人の手には理沙の血が付着してる。どんなに洗い流していても、今の科捜研は進んでいてDNA鑑定ができる。たとえば指輪についた血とか」と玉垣は言います。

 

真相を明らかに出来なかったため、佳恵を連れてきたヘルパーの門倉は帰ろうとしますが、門倉は残るように言われました。

 

実はキントリチームは佳恵ではなく門倉に用があって呼んだということでした。かすみの取り調べを中断させ真相を暴いていきます。

 

事件の真相はこうです。

 

かすみは職業を隠していたので、ホームの職員は誰もかすみが自営業とは知りませんでしたが、門倉は以前真壁がかすみの仕事を尋ねたとき「デイトレーダー」と言っていたのです。

 

門倉は「僕じゃない」と言いますが、真壁は「DNA鑑定の話が出たとき、とっさに指輪を外してポケットにしまったのはなぜですか?」と追い詰めます。

 

取調室の外にも監視カメラが設置されていて、その様子はしっかり記録に残っていたのです。

理沙は門倉の働くホームに訪問しており、何回か会ううちにセミナーの案内状が送りたいから個人情報が欲しいと言ってきました。

 

個人情報を渡して20万円もらったものの、1か月前に用紙の紛失が分かってまずいと思い「金は返すから」と家まで訪ねていきましたが、「私の一存じゃどうにもできない」と理沙。

 

そこで門倉は理沙が電話で席を外している隙に家の中を物色し、大金が入ったアタッシュケースを見つけますが、その現場を理沙に見られてしまいます。

そして門倉はアタッシュケースを理沙に投げつけ、理沙はそのまま亡くなってしまいました。

 

理沙を殺したのは門倉ですが、理沙を操ったのはかすみでした。

 

門倉が奪った残りの5千万をあなたは持っているとキントリチームが追い込みます。

 

真壁は「それ結婚指輪に見せかけたスマートリングでしょ。ドアにかざすだけで解除ができる。隠し場所は最新設備のトランクルーム」と言います。

 

その結果、かすみは指輪を外して負けを認めました。

今すぐ緊急取調室3を無料で視聴したい場合はこちら▷

「緊急取調室3」3話の感想

金より大事なものはデイトレで得られるスリルと興奮。勝ったときに得られる恍惚感。

 

それが欲しくて詐欺に手を染めたということを認めていましたが、ここまで吐かせるのになかなか苦労している印象を受けました。

 

清楚な人ほど裏で何を考えているかわかりませんね・・ヘルパーが出てきたときもまさか犯人だと思いませんでした。

 

てっきりかすみが犯人で嘘をついているように見えてしまったので、今回かすみ役を演じた仙道さんにはすごく惹き込まれました。

 

キントリがいくら追い込んでも簡単に表情を変えずにすごい演技でしたね。

 

 

 

今すぐ緊急取調室3を無料で視聴したい場合はこちら▷

「緊急取調室3(キントリ)」3話の視聴率は?

3話の視聴率は12.3%です。
 
いや~安定感は流石キントリ!といったところでしょうか。
 
  • 1話の視聴率:15.2%
  • 2話の視聴率:13.4%
  • 3話の視聴率:12.3%
  • 4話の視聴率:
  • 5話の視聴率:
  • 6話の視聴率:
  • 7話の視聴率:
  • 8話の視聴率:
  • 9話の視聴率:
  • 10話の視聴率:

今すぐ緊急取調室3を無料で視聴したい場合はこちら▷

 

スポンサーリンク

「緊急取調室3」1話から最終話までのネタバレ

ドラマ「緊急取調室3」の放送は、4月11日(木) 21:00~スタート

毎話変わるゲストに注目です!!!

 

「緊急取調室3」全話まとめ

今すぐ緊急取調室3を無料で視聴したい場合はこちら▷

まとめ

今回キントリの第3話についてまとめました。

ゲストが各回で変わるので、どんな理由で犯行に至ったのか、犯人の狙いや考え方を予想しながら見るとまた楽しめるかと思います。

 

スポンサーリンク