危険なビーナス矢神勇磨の目的と正体は?衝撃の真相ネタバレ

危険なビーナスでディーン・フジオカさんが演じる矢神勇磨の目的と正体は何なのでしょうか?

伯朗に命令口調だったり、家族にも疎まれている様子だったり・・・彼の行動の目的が気になりますよね。

矢神勇磨の正体に、衝撃の真相が隠されていました・・・。

青年実業家である彼の正体や目的をネタバレしちゃいます!

衝撃の真相とは一体なんなのか?原作ネタバレを元に解説します♪

\危険なビーナスはParaviで配信中/

2週間無料体験実施中!

危険なビーナス矢神勇磨の人物像


危険なビーナスに登場する、矢神家の養子・矢神勇磨の人物像をご紹介します♪

  • 矢神家の養子
  • 都内にダイニングレストランを複数経営している
  • 伯朗のことを見下している
  • 高飛車で自信家
  • 頭のキレが良い

容姿端麗で複数のダイニングレストランやカラオケバーを経営している青年実業家の矢神勇磨。

仕事はできますが、嫌味ったらしく人を顎で使う高飛車な印象を受けます。

彼の正体は一体何なのでしょうか?

矢神勇磨が明人失踪に関係あり?

矢神勇磨は明人の失踪に関係しているのでしょうか?

実は明人の失踪はフェイクだったのですが、勇磨はそれを知っており、明人に協力していました

もちろん、最初から全てを知っていたわけではありません。

勇磨は急に現れた明人の妻・楓の違和感にいち早く気付き、独自に調査をして楓が明人の妻ではないことを突き止めていたのです。

楓は言い逃れできなくなり、自分が警察であることを打ち明け、捜査の協力を頼みました。

勇磨は明人が”失踪したフリ”をしていたことを知っていたにも関わらず、あえて隠したまま捜査に協力し、明人を拉致監禁しようとした犯人を見つけ出そうとしていたのです。

原作では、勇磨は頻繁に楓を食事に誘ったり、明人の家に2人でいることが多く、伯朗の反感を買っていました。

しかし、それは今後の作戦を練っていただけだったのです。

矢神勇磨の正体と真の目的

矢神勇磨の正体と真の目的はなんだったのでしょうか。

矢神勇磨は、矢神佐代と先代の間にできた子供です。

愛人との間に生まれた子供なのですが、先代は勇磨を大変可愛がり、小学生になる頃には矢神邸に住まわせていました。

戸籍上は養子になっていますが、矢神家の血を引き継ぐ実子だったのです。

先代の実子であることは、原作では中盤で明らかになり、ドラマでは2話で自ら暴露していましたね。

では、矢神勇磨の本当の目的はなんだったのでしょうか?

これは”明人を拉致監禁しようとしていた人物を特定すること”です。

原作は途中から、伯朗・楓・勇磨の3人で協力し合い、康治の研究していた後天性サヴァン症候群の研究レポートを探します。

伯朗は母の死の真相を掴むために、楓は明人の失踪の手がかりを、勇磨は研究レポートがお金になるから、というそれぞれの理由でした。

ですが、実は研究レポートには全く興味はなく、ただ明人に協力しただけだったのです。

ドラマ2話では「遺産を全て自分のものにしたい」と言っていましたが、原作では勇磨の目的ではなく、勇磨の母・佐代の目的でした。

原作の最後、明人と勇磨は2人で矢神家を支えていく展開になるので、もしかしたら勇磨は明人と一緒に矢神家を建て直したかったのかもしれませんね。

ドラマで勇磨は「愛人の息子として何不自由なく育てられ、尚且つ矢神家を乗っ取ろうとする」狡猾な人間として描かれています。

しかし、原作は鋭い洞察力で楓の正体を暴き、真相を知った上で明人と楓に協力する、影のヒーローのようなキャラクターでした。

危険なビーナス矢神勇磨の正体ネタバレまとめ

危険なビーナスの矢神勇磨の正体についてネタバレしました♪

ドラマと原作ではキャラクターに若干違いが出てきています。

これがミスリードなのか、それとも違った展開になるのか?

ますます目が離せません♪

詳しい原作のネタバレ情報はこちらの記事をチェックしてください!