決してマネしないでください1話ネタバレ感想!科学オタクのぶっ飛びが凄い!

スポンサードリンク

 

先日、初回放送を迎え、科学オタクのぶっ飛び具合が凄かった「決してマネしないでください。」こと決マネ!!

一言でいうなら、見事にぶっ飛んでいた小瀧望あっぱれ!!って感想になってしまいます♪

みなさんも笑って楽しんで視聴されたのではないでしょうか。

実に科学オタクっぷりが凄かったですし、小瀧望くんがあそこまでぶっ飛ぶとは…見直したと言うよりも本当にあっぱれです!

そんな「決してマネしないでください。」の1話ネタバレ感想を綴っていきたいと思いますので、ネタバレOK~という方はお付き合いくださると幸いです♪

⇛決マネの1話を見逃しちゃった人はこちらで見れます♪

決してマネしないでください。1話ネタバレ

まずは先に…やはり東工大がモデルでしたね!

冒頭シーンの後にこちらのキャンパスが映り、やっぱり東工大なんだ~と嬉しくなっちゃいました♪

そして物語。

とある日…医学部の研究室で、絶対!制作費かかってないだろ?という恋愛ものなのか?ハードボイルドなのか?ワケノワカラナイ洋画らしきDVDを鑑賞する有栖伊音(今井悠貴)テレス(ラウール)のシーンから始まりました。

主人公の掛田理(小瀧望)は、何やらレポートを必死で作成中。

理工学部の研究室が大破したため医学部の研究室に居座っているので、医学部の白石教授(マキタスポーツ)もここで登場。

そこへ爽やかに理工学部の高科教授(石黒賢)も入ってきます。

有栖とテレスが看護学科の女子と合コンに行って撃沈したというエピソードも飛び出したり楽しそうに?いや悲しそうに談笑していると、シュっとしててモテそうな医学部の生徒数人が研究室にやってきます。

金髪のマネキンをぎゅっと抱くテレスに「本物はねぇもっと柔らかいよ」という禁句を難なく発する。

有栖もテレスも本物を抱く経験なんてしてませんからー!

そこで掛田にはそういう恋とか愛とかの気持ちはないのか?と高科教授が聞いてみるも「正解のない問題は…苦手です」と。

「正解のない問題に挑戦するのが科学者じゃないのか?」と高科教授いいこと言った!

でも掛田に恋とは「未曾有の発見」らしく無理なんだそうです。未曾有て(笑)

 

恋は未曾有の発見なんかじゃない!

しかし!しかーし!!恋とは突然おとずれるもの。

学内にある1つのゴミ箱で火事が起きているのを掛田は目撃する…が、炎を見ても色で物質について思考を張り巡らせるだけでボーッとしてる!頼りない!(笑)

そこへ「下がって!大丈夫だから。後は任せて」と頼もしく現れたのが…

学食のお姉さん飯島さん(馬場ふみか)!!きたぁーーー!!

その勇姿を目の当たりにした掛田の胸は…

ぎゅっと鷲掴みにされるのだった!

ほんの少し時間が止まったような…正に恋に落ちた瞬間。トキメキという名の鐘が鳴り響く♪

しかし掛田自身は、それが恋なのか?確証が持てません!『恋とはどんなものなのか?』経験をしていないし、本人曰く「未曾有の発見」ですからね。

でもこんな笑顔と頼もしい行動を見たら恋に落ちますよ。

もしかして?…という気持ちはあるので、掛田は妄想なんてしてみます。

最初に有栖とテレスが観ていたワケノワカラナイ恋愛ものの映画のシーンを自分と飯島さんに置き換えてみたり。

「それって恋なの?」と金髪の飯島さんに尋ねられるけども、金髪の掛田は答えに詰まる。それよりそのズラどうした案件ですが似合ってます。

そこで高科教授や有栖とテレスにも協力してもらい、データを提示して距離の接近と心拍数の上昇の相関関係を分析してもらい「これは恋なのか?」に答えを求める。

まったくもってややこしい科学オタクです(笑)

フランスからの帰国子女テレスも、厄介過ぎて「難解だ」とフランス語で…出ましたテレスのフランス語!!

そしてちょいちょい挟まれる歴史上の偉人。(これらも小瀧くんたち出演者が演じていることがアッパレです♪)

 

恋が分からないなら医学生に聞け!

答えが出ないことに必死過ぎる掛田は、シュっとしてモテそうな医学部の生徒たちに答えを求めに行くが…そのまま合コンに連れて行かれてしまう

全く乗り気じゃなくトイレに篭もっていた掛田は、様々な過去の偉人たちの発見や、物質に名前を付けた経緯を思い浮かべ、自分のこの気持ちに「恋と名付けてもいいのではないか?」と結論を出す。

結論を出した…出したはずだったのに!チビ掛田(少年時代)「本当にそれが正解でいいの?」とささやく。

子供の頃から科学少年だった掛田の思考は物理的で、口を開けばワケノワカラナイ事をまくし立ててしまい、キモイなどと言われて人付き合いが下手だった。

そんな自分が出した「恋」という答えはきっと間違っていると考え直してしまう。なぜそうなる?

 

再び恋に落ちる瞬間!

所詮、映画なんて虚構で溢れている。映画の世界では恋愛が成り立ってハッピーエンドかもしれないけど、掛田は「あんなの嘘っぱちだ!」と忌み嫌ってしまう。

そして勝手に自分で失恋して勝手に研究に励む。

実験の1つとして映画のラスボスが火だるまになっても、実際はピンピンしているのはなぜなのか?という虚構を証明してくれるらしい。

細工を施したニット帽を被り、いざ火を点ける!めちゃくちゃ頭燃えてます。

頭が火事状態のところへ、またまた勇ましい姿が…

消化器を持ちシュワーっと白い煙を吐き出させながら走ってくる飯島さん。

急いで掛田の火事状態頭に向けて煙をかけ見事に消化!

掛田が同じ人に二度目の恋をした瞬間だった。

でもやっぱり…いややっぱり…恋なんかじゃないかもとウジウジ考える掛田に「名前なんてどうでもいいんだよ!!」と神出鬼没の偉人が語りかける。

妄想&幻想の偉人に背中を押され、一世一代の大告白を試みた掛田!

飯島さんの肩を抱き、真正面から向き合って言ったー!

いやさっぱり分かんないです。

…と気持ちいいくらいに誰もが掛田はフラれたと思ったが、飯島さん天然なんですよね♪とても好意的にこの実験サークルに興味を示してくれる。

掛田くん、フラれた訳じゃないみたいだよ!と次週も応援したくなる「決してマネしないでください。」の第1話でした。

最後に、気になり過ぎるでしょ~と思う小瀧くんの偉人七変化をまとめました♪

小瀧望、他キャストの七変化!

ドラマ本編とは別の偉人豆知識がたくさん登場しましたよね。

その偉人たちも、小瀧くんはじめ今井くんラウールくん…石黒賢さんやマキタスポーツさんまでズラを被り扮装してくれてます!!

これにはもう感服致しました♪

セリフの1/3は何言ってるか分からない文系筆者ですが、あまりのぶっ飛び方に心底笑いました(笑)

やってますよ~ファン得な出で立ち☆

小瀧くんもラウールくんも肌の露出が…エロ凄い!

ここまでラブコメに徹してくれて、偉人の扮装も出演者がやってくれるなんて、見応えも見どころも満載ですね♪

⇒「決してマネしないでください」今すぐ無料で見る場合はこちら←

まとめ

今回は決マネの第1話ネタバレを書かせて頂きました。

本当に面白かった「決マネ」。

本編から逸れて話があちらこちらにぶっ飛ぶんだけど、なんだか目が離せなくて可愛いキャスト陣に拍手したい気持ちです♪

小瀧くんハマってますね~ラウールくんのフランス語のオチも痛快だし、今井くんが吹っ切れてる感じもいいです!

筆者の主観では、石黒賢さんのほんわかとしたダンディーな教授がとても良かったです♪

ますます今後が楽しみになりましたね!