葛飾納涼花火大会2019交通規制と駐車場情報をお届け!見どころや穴場スポットまで総まとめ


江戸川で最初の花火大会が葛飾納涼花火大会です。

駅から近いこともあって人出が毎年増加して人気となっている花火大会です。
人出は77万人といわれているので、墨田川花火大会に近づきつつあります。

何と言っても打ち上げ場所との距離が近く豪快な花火を見ることができるのが特徴です。

葛飾納涼花火大会2019の交通規制や駐車場情報に加え、見どころや穴場スポットまでまとめてお伝えします。

日程とスケジュール

毎年7月第4火曜日

7/23(火) 花火打ち上げ時間:19:20~20:20
雨天時、翌日に順延あり、再順延はなし

※詳しい打ち上げ時間はこちら

*2020年度はオリンピックの関係で、7/7(火)に決定

会場へのアクセス

電車の場合
京成金町線「柴又駅」から徒歩10分
北総鉄道新「柴又駅」から徒歩15分
JR常磐線・京成金町線「金町駅」から徒歩25分

車の場合
公共交通機関の利用を推奨しています。

河川敷の駐車場は利用できないので注意してくださいませ。
入口が通行止めになってしまうし、閉場時間が過ぎるから~

柴又駅が近いので下町の雰囲気を味わってほしいけど、車でないと難しい人には駐車場情報も載せているよ!

交通規制

*2018年度版

実施時間:17時30分~22時頃まで

エリア:東金町6丁目~柴又街道~北小岩8丁目にかけて

自転車は降りて押して歩きます。

 

サイクリングロードがあるから、規制区間以外は自転車も便利?

人の流れに反することになるからあまり適していないかも!

駐車場情報

交通規制図から柴又駅から河川敷に向かっての道路は規制がかかるので、駅の反対側に駐車すると渋滞の影響も少しは免れるでしょう!

専用駐車場

葛飾納涼花火大会のための専用駐車場は設けられていません。

主催者側は公共交通機関の利用を呼び掛けています。

付近のコインパーキングは台数が少な目の駐車場が多いので事前予約をおすすめします。

一部を紹介しますね!

《タイムズ柴又》

24時間営業 収容台数:9台
月〜金 00:00-00:00 30分/300円 最大料金(繰り返し適用)08:00-18:00 最大料金800円 18:00-08:00 300円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

《タイムズ柴又第3》

24時間営業 収容台数:7台
全日 08:00-22:00 40分/200円 22:00-08:00 60分/100円 最大料金(繰り返し適用)駐車後24時間 最大料金600円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

 

《リパーク柴又1丁目》

24時間営業 収容台数:7台
月~金  08:00-20:00 40分/200円 20:00-08:00 60分/100円 最大料金【月~金】最大料金入庫当日24時まで700円 最大料金は繰り返し適用
全長5m、全幅1.9m、全高2.0m、重量2.0t

柴又駅は金町線の終点のため、京成線を利用する場合には必ず金町駅まで戻る必要があります。

少し足を延ばすと京成高砂駅に着くので、電車の混雑を避けるのにもよいかもしれません!

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判は?

 

見どころ

1時間の打ち上げ時間でおよそ1万3,000発の花火がドンドンと上げられます。
河川からではなく、グラウンドから打ち上げられるので、観覧席までの距離が近いため迫力満点です。

近くに座った方は花火の火の粉に注意してくださいませ。

見どころポイント①【花火】

花火の特徴としては、

・富士山をモチーフにして赤と青の2層で表現する富士山ナイアガラ
・葛飾区ゆかりのキャラクター花火、毎年違うキャラクターが登場します。
・日本最古の花火「和火」
 日本の伝統を守る江戸時代から生産されている方法で造られた花火です。
 化学薬品は入っていないです。
・クラッシックと和太鼓の演奏を組み合わせた新しい音楽で打ち上げる  スターマイン。
 本年度初の試みで楽曲が珍しい組み合わせでどんなに素敵なスターマインになるか楽しみです。
・グランドフィナーレは大空中オーロラナイアガラの豪華絢爛の花火
 

の豪華絢爛の花火になります。

1時間で1万3,000発と、かなりのスピードで上がっていくので一息つく暇もないでしょう。

見どころポイント②【有料観覧席】

すでに5/18(土)から有料観覧席が発売されています。

河川敷で傾斜があるので、傾斜具合で席の優劣がついています。

打ち上げ正面席は有料席になるので、多くの方は土手を歩きつつ空席を探すことになります。

ポイントは河川敷から道路に出るのにかなり急斜面なので、スロープの道の近くを場所取りできると帰りも楽になります。

見どころポイント③【穴場スポット】

正面でも対岸に渡るとかなり人が少ないです。

葉県側はかなりの率でゆっくりみることが出来るでしょう。

人混みを避けたい方には特におすすめです。

少し離れている穴場スポットを一部紹介します。

 

《新葛飾橋(水戸街道)》

河川敷を歩いて徐々に金町よりになってしまった時には思い切ってこの辺りまで離れるとゆっくりと見ることができます。

 

《江戸川ゴルフ倶楽部》

河川敷の反対側になりますが、ゴルフ場が解放されます。

当日のプレーは13時までで、駐車場も15時で閉鎖です。

小さな子供がいる家族連れにおすすめな場所です。

 

対岸の松戸川の河川敷はかなり穴場であるとの声が盛んに聞こえています。

他にJR松戸駅もおすすめです。

 

《葛西神社》

場所はかなり離れているのですが、よく見える穴場スポットです。

静かに花火を見たい方にはいい場所です。

どこがいいかな~

河川の反対側はかなり人が空いているらしいよ。
少し駅から離れているから帰る方法を考えておくといいね!

見どころポイント④【屋台(帝釈天商店街)】

屋台が多く出ています。

河川敷についてしまうとコンビニがすぐ近くにないので、必要なものは到着するまでの間に購入しておきましょう。

柴又駅から帝釈天向かって、信号を渡ったあとは石畳の風情ある商店が並んでいます。

柴又と言えば、「寅さん」の映画の舞台になったところで、あのお団子屋さんも営業しています。

帝釈天までの途中のお店には、佃煮とか漬物が売っていてお酒のおつまみに最高!

柴又漬けという漬物があるのだけど、おみやげにいかが?

これがまた美味しんだから♪

花火の時にはいつも以上に屋台が出ているでしょう。

 

美味しいものがたくさんあるんだって!

柴又漬け食べたことあるけど美味しいよ!ただし、切って入っていないからお土産向き。
おせんべいも焼きたて食べれるよ!

スポンサーリンク

まとめ

7月中旬以降は花火大会が目白押しです。

河川敷までの道は広くないので、注意して歩いてください。

小面積は有料席となっているので、出来るだけ前で見たい方は早めに場所とりに出かけられるのが無難です。

紹介した場所以外で綺麗に花火が見ることができるスポットを見つけたらなおラッキーですね♪

あまり人に知られていない証拠ですよ!

江戸川では場所を異にして花火大会が行われますが、葛飾が1番乗りです。

楽しく花火を鑑賞してくださいませ。

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓