葛飾納涼花火大会2019の打ち上げ時間と有料観覧席の情報を凝縮してお届け!

葛飾納涼花火大会2019が7/23(火)の開催と決定しました。
昨年度も平日にも関わらず77万人の人出となり、年々人気が高まっています。

その理由は、打ち上げ場所と観覧席の距離の近さにあります。

河川敷での観覧となり、打ち上げは河川からではなく、目の前のグラウンドからなので、花火が上がっていくところが目の前を通過していきます。

正面の席は有料観覧席となっているので、その詳細についてまとめました。

チケットはすでに発売中となっているので、検討している方はお早目に申し込みくださいませ。

花火の打ち上げ時間

7/23(火) 19:20~20:20

交通規制がかかりますので、出来るだけ公共交通機関の利用を推奨しています。

※葛飾納涼花火大会2019の交通規制について詳しくはこちら


柴又駅から近いので、帝釈天の参道を通り、古き昭和の時代風景に触れてみてくださいませ。

有料観覧席の詳細

*2018年の会場図です。

本年と異なる可能性はあります。

19:20 開演 (16:00 開場 )

有料観覧席は、5/18(土)10:00~発売開始されています。 

*予定枚数終了しだい発売終了となります。

有料観覧席は場所によって値段が異なります。

一般発売の有料観覧席の場所と値段

上記の会場図は2018年の席の様子ですが、水色の部分が一般発売の指定観覧席です。

打ち上げ場所すぐ横の水色の部分が『平面』を指しています。

《平面》
  ・2人マス席【平面】 3,500円 *1名分/2枚単位で販売/ビニールシート
・4人マス席【平面】 2,500円 *1名分/4枚単位で販売/ビニールシート
 
 
グラウンドに降りるための傾斜地を利用して席を用意しています。
 
 
《傾斜1》
  ・2人マス席【傾斜1】 3,500円 *1名分/2枚単位で販売/ビニールシート
・4人マス席【傾斜1】 2,500円 *1名分/4枚単位で販売/ビニールシート
 
《傾斜2》
・2人マス席【傾斜2】 3,500円 *1名分/2枚単位で販売/ビニールシート
・4人マス席【傾斜2】 2,500円 *1名分/4枚単位で販売/ビニールシート
・グループマス席【傾斜2】 2,000円 *1名分/6枚単位で販売/ビニールシート
 
《傾斜3》
・2人マス席【傾斜3】 3,500円 *1名分/2枚単位で販売/ビニールシート
・4人マス席【傾斜3】 2,500円 *1名分/4枚単位で販売/ビニールシート
・グループマス席【傾斜3】 2,000円 *1名分/6枚単位で販売/ビニールシート
・グループマス席【傾斜3】 2,000円 *1名分/6枚単位で販売/ビニールシート
 
 
正面から離れる場所として1~3としていますね。
傾斜3のグループマス席が一番安い値段です。
 

6/6(木)現在すべてのシートの席に空席があります。

指定席となっているので、希望の方は早めに申し込みをすると前方の席をとることができるでしょう。

販売先:WEB(ちけっとぴあ)、チケットぴあの店頭、セブンイレブン

協賛席の場所と値段

上記の図で紫の部分が協賛社(者)自由席のスペースです。

『協賛社(者)自由席スペース招待券』協賛金1万円につき2枚、最大30枚まででです。

招待券は1枚につき2名まで入場できます。
*未就学児は膝上観覧可、小学生以上の方は招待券をご用意ください。

後ろの方になると土手の傾斜が少しきつくなりますので、ご注意くださいませ。

屋形船

江戸川も観光用の屋形船が航行しています。
葛飾納涼花火大会でも数は少ないですが、川面から花火を楽しむことができます。

《あみ達》
大人 1名 18,000円 子供 1名 12,000円
スタンダードコースで飲み物は飲み放題です。
屋形船の屋上はスカイデッキとなっているので、周囲を丸ごとみることができます。

連絡先:03-3655-2780

豪快な花火を船上からいかがでしょうか。
かなり贅沢な気分を味わえそうですよ♪

 

2020年度の葛飾納涼花火大会について

【緊急特報】
東京オリンピック・パラリンピック競技大会の年である2020年の「葛飾納涼花火大会」について、葛飾納涼花火大会実行委員会は、2020年7月7日(火曜日)を開催予定日とすることを決定しました。

まとめ

葛飾納涼花火大会の有料観覧席の情報に特化してお届けしました。

有料観覧席はお手頃な価格の席も用意されています。

正面に近い席はほぼ有料席になっているので、いいショットを撮りたい方や場所取りをする時間がないけど、花火を間近で見たい方にはおすすめです。

ひっきりなしに打ち上げられる花火の夜空を楽しんでくださいませ。