監察医朝顔・第2話のネタバレと感想は?ゲストは川瀬陽太が!

スポンサードリンク

 

上野樹里さん主演の月9ドラマ『監察医朝顔』の第2話が、7/15に15分拡大で放送されました。

第1話で、医療ドラマとして監察医の内容と、ヒューマンドラマとして東日本大震災を含んだ内容と、2つのパートに分かれたドラマであるとわかりましたが、第2話はどんな内容だったのでしょう。

『監察医朝顔』の第2話のネタバレと、第2話をみた感想などをお伝えします。

→監察医朝顔を全話無料視聴する最適な方法

『監察医朝顔』第2話のネタバレ

『監察医朝顔』第2話のあらすじは次の通りです。

朝顔(上野樹里)が法医学者として働く興雲大学の法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)がやってくる。時給目当てで応募しただけで法医学には何の興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、呆気にとられる高橋(中尾明慶)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)たち。主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子を気に入り、採用を即決する。

同じころ、野毛山署強行犯係の平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行する。男は、財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった。検視官の伊東(三宅弘城)は、熱中症による急性心不全の可能性に言及しながらも、司法解剖をしてもらった方が良いと告げる。平は、遺体と一緒に興雲大学の法医学教室へと向かうよう桑原に指示すると、現場周辺の捜査を始める。

連絡を受けた茶子は、藤堂に解剖の執刀を頼み、朝顔にもサポートをするよう指示する。ほどなく、遺体が運びこまれた。丁寧に調べていく藤堂と朝顔。ところがその最中、記録用に写真を撮っていた光子は、あまりの光景にショックを受け、意識を失って倒れてしまう。そんな光子を室外に出し、解剖を続けた朝顔たちは、この男性が30℃以上もあった暑さの中で何故か凍死していたことを知るが……。

引用:公式サイト

 

第2話のゲストは川瀬陽太さん

主な出演作
「きのう何食べた?」「この世界の片隅に」「anone」「シン・ゴジラ」「億男」など

『監察医朝顔』では毎回ゲスト出演があるそうですが、第2話のゲストは川瀬陽太さんでした。

身元不明の夏の凍死遺体となってしまった男性を演じられました。

→監察医朝顔のキャスト相関図はこちら

ネタバレ1:アルバイト学生・安岡光子の登場

朝顔(上野樹里)たちが働く法医学教室に、医学部3年生の安岡光子(志田未来)がアルバイトでやってきます。

朝顔が出勤すると、法医学教室には藤堂夫婦(板尾創路・平岩紙)高橋(中尾明慶)が既に来ていて、主任教授の夏目茶子(山口智子)の年齢について雑談していました。
その輪の中に光子が混じって雑談しているのですが、朝顔が指摘するまで誰も気にしないほど溶け込んでいました。

改めて自己紹介する光子ですが、思ったままのことをズケズケ言ってしまい、空気の読めなさを発揮します。

 

朝顔:「法医学に興味あるんですか?」

光子:「全然!ほら、他の研究室バイト代めっちゃ安くて、ここなら絶対人気ないし倍率低そうなので決めました」

 

高橋「朝顔先生についたら色々勉強になると思うよ」

朝顔「まだまだ見習いだから…」

光子「えっ、まだ見習いの人に教えてもらうんですか?」

 

朝顔「こちらは検査技師の高橋さん」

高橋「解剖の補助したり、あとは臓器の病理組織の検査したりしてます」

光子「つまり雑用が得意ってことですね」

 

藤堂先生と絵美先生が夫婦という紹介をされて

光子「へぇ~夫婦で同じ職場なんですねぇ~、私には無理です~」

 

悪気は全くないようですが、一言多いというか余計なことというか…。

気を悪くする人もいるんじゃないかなと心配になるのですが、法医学教室の人たちは寛大なようで誰も怒ったりしませんでした。

そんな空気の読めない光子を、主任教授の夏目茶子(山口智子)は面白いと気に入り、アルバイトとして採用します。

悪気のない失言が多い光子ですが、不思議と法医学教室の場が明るくなるので、これからムードメーカーになってくれそうです。

スポンサーリンク

ネタバレ2:真夏に凍死した身元不明男性

野毛山署に、繁華街の路地裏で男性の遺体が発見された知らせが入り、強行犯係の平(時任三郎)桑原(風間俊介)が現場に急行します。

現場で検視官の伊東(三宅弘城)から、スーツ姿の男性の死因は熱中症による急性心不全の可能性があることを告げられますが、身元不明で所持品もないこともあり、司法解剖をすることに。

平はスーツ姿の男性の遺体が名刺の一枚も所持していない点も気になり、現場で聞き込みをするために残り、法医学教室へは桑原と伊藤が向かいます。

法医学教室では、藤堂が執刀・朝顔がサポートで司法解剖が行われます。

茶子に言われ、アルバイトの光子も意気揚々と解剖に立ち会いますが、衝撃が強かったのか途中で倒れてしまいます。

司法解剖の結果、心臓の血液から、スーツ姿の男性の死因は凍死であることが判明します。

死因は凍死として、外気33度という夏に、男性がどうして路地裏で凍死していたのか謎が深まります。

朝顔は自分の目で確かめたいと、桑原とともに現場に出向きます。

現場は日当たりが強く、男性が凍死してしまう環境ではないようにみえました。

現場ではないところで殺されて運ばれたのか、朝顔は茶子に話してみますが、警察の仕事だとたしなめられてしまいます。

夜、洗濯物を取り込む際、物干し竿が冷えていることに気づいた朝顔は、一人で現場に再度向います。

現場は夜になるとビル風が強く吹き抜ける場所で、遺体のあった場所は水道管が通っていて、地面の温度もかなり低かったことがわかります。

朝顔は夜間に男性が発汗をした状態で倒れ、凍死したのではないかという可能性に気づきます。

翌日、男性の血液検査と胃の内容物の結果が出て、男性は亡くなる前にフグを食べていたことが判明します。

ネタバレ3:ホームレスでフグを食べていた

平たちの調べから、男性はホームレスだと判明します。

ホームレスの男性がどこでフグを手に入れて食べたのかが不明なため、フグの種類を特定する必要があり、法医学教室でフグの種類を調べることになります。

男性が食べたフグの種類を特定するため、図鑑やネットで調べていた朝顔ですが、詳しくは実物でなければ調べられず困っていました。

光子の発言で、小田原キャンパスからフグを取り寄せることができ、男性が現場近くでも釣れるヒガンフグを食べたことを特定します。

朝顔は、男性の遺体から検出されたテトロドトキシンの量を確認し、男性がヒガンフグを何匹も食べたことを確信します。
食べている最中に症状が表れる中、男性は意図的に食べるのを止めなかったことに気づき、男性は自殺したのではないかと仮説を立てますが、平と桑原の調べで、男性は自殺したことが判明します。

平と桑原は、男性と同じエリアに住んでいるホームレス田所からの証言を取っていました。

田所の証言によると、男性は「サラリーマンの頃、一回だけ接待で食べたことがある。本当に旨かった。どうせなら旨いもん食って死にたいって…」と言って、ヒガンフグを釣ってきて鍋にし、他の人間が食べたがっても必死で止めて一人で食べ続けていました。

その様子をみていた田所は、最初は男性がフグを独り占めしたくて嘘をついていると思っていましたが、男性に症状が表れ始めたため怖くなり、男性が苦しみながら去ったあと、関わり合いになりたくなかった事から、フグを調理した鍋などを埋めたと証言していました。

テトロドトキシンの大量摂取から、男性はかなりの発汗をしながら苦しみ、涼しい場所を求めて夜間の現場に辿り着き倒れ、体温が低下し、凍死に至ったのではないかと、朝顔は仮説を立てます。

 

ネタバレ4:身元不明の男性の最後

法歯学者の絵美の調べで、男性の身元が判明します。

男性は、鈴木良一(すずきりょういち)55歳。数年前まで一流企業のサラリーマンをしており、最近母親が亡くなって身内が誰もいないということがわかります。

「身内が誰もいないって遺体どうするんですか?」と光子が聞きますが、無縁仏として処理されることを朝顔が答えます。

「一人寂しく死んで誰からも弔ってもらえないなんて…」と桑原の発言があり、男性の孤独を思い黙り込みます。

帰り際、「生きたくても生きられない人もいるのに…勿体ないよな」と平がつぶやきます。

→監察医朝顔の原作から結末をネタバレ

ネタバレ5:朝顔の告白と桑原のプロポーズ

 

朝顔が法医学教室をあとにすると、自転車のところで桑原が一緒に帰ろうと待っていました。

桑原は、平の凄さを褒め、県警本部時代は凄い刑事だったのではと朝顔に聞きます。

朝顔が法医になったきっかけは平の影響かと尋ねる桑原に、朝顔は自分の法医になったきっかけや、平が県警本部から異動した理由を伝えるため、母親の話を桑原にすることにします。

朝顔は、東日本大震災で母親が行方不明になっていることを話します。

震災当日、母親・里子と里子の東北の実家に帰省中、被災してはぐれてしまったこと、里子は津波で亡くなったのではないかと思っていること、仕事で一緒に帰省出来なかった平が1週間後に東北に来たこと、体育館の遺体安置所で茶子先生に会ったこと…少しずつ、朝顔は桑原に話し始めます。

茶子先生は遺体に声を掛けながら一人一人検視をしていました。そんな茶子先生の姿を、平と共に目の当たりにする朝顔。

朝顔は毎日体育館に行っては里子を探すも見つからず、何もできない失意の日々を過ごしていました。

ある日、体育館の外でぼんやりと立ったままの朝顔に「あなた、生きてるのよね?」と茶子先生が手伝いを求めます。

それ以来朝顔は、茶子先生の手伝いをするようになりますが、「お母さんを探す前に自分達の生活を立て直しなさい」と言われます。

その後、東北に通って里子を探すために県警本部から所轄に異動し、朝顔は何もしていない自分の不甲斐なさを感じ、里子に何かしたいと考え、法医になる決意をします。

今でも法医になりたくてなったのか分からないと、涙を流しながら静かにそう告白する朝顔に、桑原も泣き出してしまいます。

そして、「万木朝顔さん、僕と結婚してください」とプロポーズをします。

桑原のプロポーズは1回目はもんじゃ焼きやでやり直しとなってしまいましたが、2回目のプロポーズは朝顔に「はい」と言ってもらえました。

スポンサーリンク

ネタバレ6:桑原なら一変する平

 

平はこれまで、朝顔に彼氏がいることは察していましたが、相手が桑原であることは察しながらも黙っていました。

当初平は、朝顔が「家に連れてこい、挨拶がないとかいうんでしょ」と彼氏のことを内緒にしたがる理由を話したとき、「そんなことは言わない。いい大人なんだし朝顔が決めた人ならそれでいい」と、理解ある父親の発言をしていました。

ところが、朝顔の相手が桑原だと確信をもったことを朝顔に話します。

朝顔がついでとばかりにプロポーズされた話をしようとすると、平は一変。

「挨拶がない。紹介もされてない。どーいうこと?」と言いだす平。

朝顔が「いい大人なんだし朝顔が決めた人ならそれでいいって…」と切り返すと、あっさりと撤回すると言いだします。

桑原の仕事ぶりを褒める発言も朝顔にしていましたが、それさえも撤回を言い出す始末。

「あいつはオレの部下だ。話は変わってくる」そういって夕飯のカレーを無言で頬張る平。

「もしかして反対?」と聞いてみる朝顔ですが、平は返事をしません。

揺れる父親心…といったところなのでしょうか。

→監察医朝顔を今すぐ公式サイトで視聴する

『監察医朝顔』第2話を見た感想

第2話の、凍死遺体となってしまった鈴木良一さんの最後は、孤独で何とも切なかったです。

一流企業のサラリーマンだったことを忘れられず、絶望感に苛まれた結果…なのですが、生きていこうとする方向へ向けなかったことが悲しかったです。

「生きたくても生きられない人もいるのに…勿体ないよな」という平の言葉は、妻・里子のことを思っての言葉だったのでしょうね。

『監察医朝顔』は、生きることについてもテーマになっています。

『監察医朝顔』では食事のシーンが多く、誰かと話しながらご飯を食べるシーンがよくあるのですが、それは「食べること」「生きること」に繋がるからだそうです。

今回、朝顔の回想場面で、平の作り置いたおにぎりを、朝顔が泣きながら食べているシーンがありましたが、あれは無気力だった朝顔が法医になって生きる決意をしたからなんだな~と思いました。

朝顔は茶子の影響を受け、自分にできることとして法医学へ進みますが、茶子との出会いは朝顔にとって必然だったようです。

その話を朝顔から聞き、桑原は2回目プロポーズをしましたが、何とかうまくいって良かったですね。

もんじゃのアツアツの鉄板の上に、光り輝く指輪を出した1回目プロポーズは、朝顔でなくとも「いやいやいや…」と言いたくなっちゃいました。

ちなみに光子が、遺体と死体の違いを高橋に尋ねていましたが、遺体は死者の人格を尊重する言い方で、死体は死者を物体としてみた言い方なのだそうです。

死体と言っていた光子に、「死体じゃなくて遺体ね」と高橋が言っていたのはこのためだったのですね。

 

監察医朝顔を見た視聴者の声は?

→監察医朝顔の原作では結末はどうなる?

まとめ

『監察医朝顔』第2話について、ネタバレと感想をお伝えしました。

第2話も15分拡大でしたが『監察医朝顔』はやはり、前半パートが監察医のお話で、後半パートは母親・里子のことを含んだ朝顔自身のお話のようです。

第2話は、ホームレスになってしまった元一流企業のサラリーマンだった男性の最後が無縁仏として処理されることになり、孤独で切ない気持ちになりました。

朝顔が、桑原に母親の話ができたことは大きかったと思います。

桑原は朝顔のことを大切にしてくれそうですし、あとは平が受け入れてくれるのがいつになるのか、引き続き、朝顔の今後をみていきたいですね。

↓今すぐ監察医朝顔を公式サイトのお試しで見る↓