関門海峡花火大会2019の交通規制や駐車場情報と混雑状況をまとめてお届け!

 

関門海峡を挟んで福岡県北九州市と山口県下関の両岸で合同で開催される関門海峡花火大会は、海と山のどちらからでも綺麗に見ることができます。

北九州の門司側は大玉の連発や音楽花火、下関側は一尺半玉や水中花火、フェニックスが打ち上がり、花火の種類も豊富で豪華さに見とれてしまうことでしょう。

一番の見どころは両岸から競い合いながら花火が打ち上げられる光景で、光と音の迫力に目を釘付けになってしまいます。

「関門海峡花火大会2019」の交通規制や駐車場情報と混雑状況を詳しくお届けします。

「下関海峡花火大会2019」の日程とスケジュール

打ち上げ日時:2019年8月13日(火)19:50~20:40 雨天決行、荒天(風速10m/秒以上))は中止

打ち上げ場所:

  • 門司側/北九州市門司区西海岸埋め立て地
  • 下関側/下関市唐地アルポート地区及び2号岸壁

打ち上げ数:約15、000発

予想人出:約105万人

会場までのアクセス

出典元:関門海峡花火大会下関オフィシャルサイト

どちら側も臨時列車の対応をしています。

門司会場

出典元:関門海峡花火大会門司オフィシャルサイト

電車の場合
JR門司港駅から徒歩すぐ

車の場合
主催者側は公共交通機関の利用を推奨しています。

下関会場

出典元:関門海峡花火大会下関オフィシャルサイト

電車の場合
JR下関駅から徒歩約15分

車の場合

主催者側は公共交通機関の利用を推奨しています。

 

どちらの会場も近くは車両進入禁止になるからね~

「下関海峡花火大会2019」の交通規制は?

交通規制が開始されると渋滞が徐々に発生するため、花火大会会場周辺は車が動かない可能性があります。

E2A関門自動車道やめかりパーキングエリア、壇ノ浦パーキングエリアは状況によって閉鎖されるので交通情報に注意をしてくださいませ。

門司会場

出典元:関門海峡花火大会門司オフィシャルサイト

高速道路は12:00頃から、会場周辺は15:00頃から混雑が始まります。

17:00~24:00の間で国道198号線と国道3号線から海岸方面(レトロ地区)へ車両進入禁止になり、車だけでなく自転車も入ることができません。

交通規制の解除時間が遅く、解除後も渋滞が継続する見込みです。

下関会場

出典元:関門海峡花火大会下関オフィシャルサイト

9:00から下関海峡交番周辺は終日車両通行止めになります。

16:00~23:00まで唐戸から細江周辺、19:00~23:00までJR下関駅前から打ち上げ場所周辺までは全面車両通行止めです。

下関インターを中心とした高速道路の本線に渋滞の可能性があります。

電車でも余裕を持って出かけよう♪

「関門海峡花火大会2019」の駐車場情報

出典元:photoAC

両会場ともに主催者は公共交通機関の利用を強く呼びかけています。

諸事情で車を利用する方は早めの到着が安心です。

どちら側も交通規制区域外の駐車場が数多くないので気をつけて選んでくださいませ。

最寄り駅付近の駐車場を一部紹介します。

門司会場

《門司港駅周辺駐車場》

コインパーキングの多くが交通規制範囲内になるので、入庫するときに再度位置を確認しましょう。

 

《タイムズ門司錦町》

  • 24時間営業 収容台数:13台
  • 全日 00:00~00:00 30分/100円 24時間 最大料金500円
  • 車高2.1m、車幅1.9m、車長5m、重量2.5t 3ナンバー・1BOX 制限なし

 

《トラストパーク門司栄町》

  • 24時間営業 収容台数:8台
  • 全日 8:00~20:00 60分/200円 20:00~8:00 60分/100円 最大料金 月~金 入庫後24時間 800円
  • 3ナンバー・1BOX 制限なし

 

《門司栄町》

  • 24時間営業 収容台数:40台
  • 平日 00:00-24:00 30分/100円 最大料金入庫後24時間以内500円
  • 車高2m、車幅1.9m、車長5m、重量2t 3ナンバー・1BOX 制限なし

駐車場は早めに到着すると安心!

下関会場

主催者側は当日17:00~0:00の間でJR長府駅前の下関市競艇場の駐車場を推奨しています。

長府以遠や勝山方面の方は電車やバスで花火大会会場への行き来を促しています。

バス路線図はこちらから⇒

《下関駅周辺駐車場》

諸事情で車の来場を余儀なくされる方はできるだけ西口の利用を検討してくださいませ。

カモンワース会場まで徒歩約30分のため、手前で場所取りをすると歩く距離が少なくて済みます。

 

《タイムズ下関西口》

  • 24時間営業 収容台数:102台
  • 月~金 00:00-00:00 30分/200円 当日1日最大料金600円 (24時まで)
  • 全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t RV/1BOX車可

 

《下関市営長門町駐車場》

  • 24時間営業 収容台数:128台
  • 最初の1時間 100円、以降20分ごと100円 入場から12時間までごと 上限料金 600円

 

《タイムズ下関西口第2》

  • 24時間営業 収容台数:61台
  • 月~金 8:00~18:00 30分/200円 18:00~8:00 60分/100円 当日1日最大料金600円(24時まで)
  • 全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t RV/1BOX車可

 

安全運転で家まで花火のお土産を持っていこう!

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判はこちら

「下関海峡花火大会2019」の混雑状況

出典元:関門海峡花火大会下関オフィシャルサイト

JR門司港駅とJR下関駅以外に簡単に混雑回避する駅が見当たりません。

駅の混雑は間違いないため、早めの行動を心がけましょう。

大勢の人が集中することになるので電話が繋がりにくくなることが考えられます。

花火開始前
  • 有料席の開場は15:00からのため、17:00頃から混雑がピークになることが考えられます。
  • 事前にICカードの残高を確認して不足分はチャージして帰路に備えてくださいませ。
  • 混雑が激しくなるとトイレにいくにも並ぶことになるので、事前に済ませた上さらに会場のトイレの場所も確認をしておきましょう。

 

花火終了後
  • 終了後一斉に人が動くため、少しタイミングをずらして帰路につくようにするのが混雑回避の一番よい方法です。
  • 電車は臨時ダイヤで運行しているので、秩序を保ちながら順番を待つようにしてくださいませ。
  • 足元が暗いと危険なため懐中電灯やペンライトの持参をおすすめします。

 

花火のためのグッズは一通り持っていこう!

門司会場

花火終了後から22:00頃まで門司港駅周辺が大変混雑し、駅の工事が完了していないため混雑に拍車がかかることでしょう。

小倉方面へ23:00まで5分おきに臨時列車が運行されるので、慌てず冷静な行動が大事です。

下関会場

駅周辺は交通規制が解除された後も混雑が続きます。

長府より先に帰られる方や勝山方面の方は路線バスの利用を検討するのこともおすすめします!

 

時間をずらして帰ると少し混雑回避~。電車の時間は要
チェック!

まとめ

市街地を離れ海上から打ち上げる花火の醍醐味を体で体感することができるのではないでしょうか。

両岸から打ち上げられる花火の豪華さと迫力感に圧倒されることでしょう。

伝統のある尺玉から最新の音楽連動の創作花火や水中花火まで様々な花火を楽しむことができます。

昼間の暑さを忘れてしまうような涼風がさっと体の中を通り抜けていくことでしょう。

天候によっては風がひんやりと感じる時期になってくるため、1枚羽織るものを用意しておくと安心です。

よい天気の中花火を楽しむことができるといいですね♪

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓