『おカネの切れ目が恋の始まり』原作ネタバレ!

三浦春馬さんの遺作としても注目されているドラマ「おカネの切れ目が恋の始まり」。

9月から放送開始のドラマ「おカネの切れ目が恋の始まり」には、原作があるのでしょうか?

このドラマのテーマは、お金と恋

どんなドラマなのか放送される前にネタバレを知りたい!という方も多いですよね♪

今回は、ドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』の原作の情報とネタバレを紹介していきます!

『おカネの切れ目が恋の始まり』原作はあるの?

TBSで放送のドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』には、原作があるのでしょうか?

気になって調べてみたところ、ドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』には原作がありませんでした。

原作がないので、面白いかどうか不安になる方もいるのではないでしょうか?

しかし、ドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』の脚本を担当したのは「大島里美」さんなんです!

誰?となる方もいるかもしれませんが、なんと大ヒットドラマ「1リットルの涙」や「凪のお暇」や「忘却のサチコ」などの脚本家。

女性の方は、特に大島里美さんの作品が好きな方も多いのではないでしょうか?

原作がなくても、大島里美さんが脚本を担当したならドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』が面白いことは間違いないですね♪

『おカネの切れ目が恋の始まり』ネタバレ

中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九⻤玲子(松岡茉優)は、モノも恋にも一途な“清貧せいひん女子”。そんな玲子に訪れた「お迎えの日」。1年越しの片思いの相手「1680円の豆皿」をようやく買いに行くことにしたのだ。手作りした豆皿専用のコースターを部屋に配置して、愛しの豆皿と結ばれようとした瞬間、目の前で女性連れの派手な装いの男が、購入してしまい…。

引用元:公式サイト

お金がテーマになっているドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』。

予告編動画なども公開され、ファンの間では注目が集まっていますね♪

新たに誕生したワード”清貧女子(せいひんじょし)”とは一体どんな女性のことなのでしょうか?

ドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』1話の放送を前に早くもファンの間では、色々なコメントが飛び交っています!

ドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』初回15分拡大だって。すっごい楽しみ♪
清貧女子ってなんだろう。節約家の女性のこと?そうなら私も清貧女子になりたい!
大好きな脚本家が手掛けてるだけじゃなくて、キャストも大好きだからドラマの放送がすっごい楽しみ!ただ本当に、4話で完結することだけが残念。

『おカネの切れ目が恋の始まり』原作ネタバレまとめ

今回は、ドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』の原作があるのかどうかと、ネタバレを紹介していきました。

ドラマの放送は、残念ながら全4話と短めになっていますが、見ごたえのあるストーリーになること間違いなし!

ドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』は、お金がテーマの異色のラブストーリー♪

豪華なキャストたちの活躍とストーリーを是非チェックしてみてくださいね♪

ドラマ『おカネの切れ目が恋の始まり』を見逃してしまった!という方も見る方法があるので安心してください!