仮面同窓会の主題歌はHyde!エンディング映像が怖い?

仮面同窓会

オトナの土ドラ枠として、放送をスタートさせた「仮面同窓会」。

シリアスなドラマ展開が気になる!と早くも話題になっていますが、実はその主題歌も注目が集まっているんです。

エンディングの映像がドラマの展開とリンクしているのでは?

映像自体がかなりホラー!

エンディング途中にHydeさんがドラマキャストと一緒に出演している!と早くも多くの反響を呼んでいます。

そんな今注目の主題歌について、まとめてみました。

仮面同窓会はどんなドラマ?

主人公・新谷洋輔は住宅設備機器の営業マンとして毎日憂鬱な日々を過ごしていました。

そんなある日、道端で「ストーカーがついてくるので助けてほしい」と声をかけられたのが、初恋の相手・美郷でした。

美郷と偶然再会したことをきっかけに、高校の同窓会に参加することになった洋輔でしたが、そこで再会した友人から、ある悪巧みを持ちかけられることになります。

それは、かつて洋輔たちに体罰を行った教師・樫村に「ちょっとした」仕返しを行ない、過去にケリを入れようという「お礼参り」の計画でした。

樫村を拉致して、少し懲らしめて終わりにする「はず」が、次の日の朝、状況は一変します。

廃墟に置き去りにしたはずの樫村が、別の場所で遺体となって発見されてしまうのです。

ちょっとした仕返しで済ませたはずが、なぜ殺人という結果に発展してしまったのか…犯人は友人の誰かなのか?

一体誰が?「もしかしたらあいつが…」という疑心暗鬼が「恐怖」を増幅させ、人間の持つ「裏の顔」を剥き出しにしていく、サスペンスドラマです。

スポンサードリンク

仮面同窓会の主題歌や挿入歌は?

仮面同窓会の主題歌は、Hydeさんの新曲「ANOTHER MOMENT」です。

楽曲自体は、2018年のライブでお披露目されており、ファンの間では、ライブでも非常に盛り上がる曲と人気でした。

曲の配信自体は5月3日からすでに行われていますが、「ANOTHER MOMENT」が収録されたアルバム「ANTI」は6月19日から販売予定となっています。

「これほどドラマの世界観とマッチする曲はないと感じ、すぐにオファーした」と、ドラマのプロデューサーさんが絶賛するほど、Hydeさんの曲とドラマで描きたい世界観がリンクしている。

まさに「運命的な曲」なのではないでしょうか。

曲自体は全編英語の歌詞になっており、曲調は少しダークな雰囲気に、スピード感ある音が重なり、独特な世界観を表現している、いわゆる「かっこいい」楽曲となっています。

期になる歌詞の内容についてもお伝えしたかったのですが、まだ公式発表されておらず、詳細が不明のため、分かり次第追記させて頂ければと思います。

また、挿入歌についても、詳細の情報が公表されていないため、分かり次第お伝えできればと思います。

スポンサードリンク

Hydeが担当した過去のドラマ主題歌は?

L’Arc〜en〜Ciel ではない、Hydeオンリーの曲がドラマ主題歌として起用されるのは、なんと!初めてのこととなるそうです。

そのため、ドラマのファンはもちろん、Hydeさんのファンも必見の一曲となること、間違いなしです!

エンディング映像が怖い!

エンディング映像は、全体的にダークな世界観で描かれているため、確かに不気味さを覚える仕上がりとなっています。

苦悩の表情を浮かべる溝端淳平さんのカットから映像がスタートします。

その直後に登場する、いかにもホラー映画に出てきそうな、少し雰囲気のある人形が、溝端さんの動きとリンクして動き出していく姿は、独特の世界観を醸し出し、「不穏感」を引き立たせています。

そして、印象的なのが、仮面をつけた人たちがテーブルを前に、横1列に整列して座っているシーン。

そのテーブルの上を溝端さんが無表情で歩いていく姿が、非日常を感じさせると共に、なんとも不気味な雰囲気を放ち、実にインパクトに残る映像となっています。

やはり「仮面」がドラマのキーポイントになっていくのではないかという推測を強く視聴者に植え付けると同時に、「仮面同窓会」にもかかわらず、主人公を演じる溝端さんをなぜ「人形」で表現しているのか?という疑問が出てきたりもします。

その後、テーブルの上を溝端さんと滝本さんが手をつないで走り出すシーンが描かれるのですが、一体何に追われ、何から逃れているのでしょうか。

見えない何かに追いつめられる心理的描写も感じられ、ホラーの要素を強く感じてしまいます。

そして、最後に崖から人形が落ち、水に沈んでいく様子を不穏な表情で見つめる溝端さんが映し出され、エンディング映像は終了となります…。

ドラマの展開を想像すればするほど、ミステリアスでホラーを感じるエンディング映像にクギ付けになってしまいます。

エンディング映像が話題になるのもうなずけます

まとめ

出典元:東海テレビ

今話題の「仮面同窓会」の主題歌について、まとめてきました。

Hydeさんのミステリアスな歌声や曲調が、「かっこよさ」「ダークさ」双方をうまく調和・共存させていて、視聴者の印象に強く残る曲に仕上がっています。

また、目から入ってくるホラー要素を感じるエンディング映像は、ドラマの緊迫感やスリル、謎めいた世界観をうまく引き出してくれているように感じました。

エンディングの曲・映像ともに、視聴者の「怖いもの見たさ」を刺激する一役を担っているのかもしれません。