仮面同窓会ネタバレ3話感想!ストーカーの狙いと4話の考察予想!

仮面同窓会

先週の次回予告を見て、そのストーリー展開が気になっていた視聴者の方も多かったはず。

ストーカーの狙いが見えた方もいるのでは?

ついにストーリーが展開し始めた、仮面同窓会第3話…その気になる第3話のネタバレ、感想について、そして4話の考察について、まとめます。

仮面同窓会3話あらすじ

第2話の終わりで、豹変した洋輔に追い詰められた上原でしたが、洋輔が兄の写真を見て正気を取り戻し始めたうちに、難を逃れます。

残された洋輔は、自分がしたこと、過去を思い出し、泣き崩れます。

次の日、浮かない顔を引きずったまま会社にいった洋輔は、嫌みな上司に罵倒されたことで、昨夜同様、「自分ではコントロールができない自分」を呼び覚まし、上司に暴言と手をあげ、会社の同僚たちを唖然とさせてしまいます。

そして、我にかえったところで急いでトイレに駆け込み、自分自身に怯えます。

親友4人がお互いを疑っているため、それぞれのメンバーが疑心暗鬼に陥っている中、お互いの信用をおけるメンバーに気持ちを吐露し始めます。

洋輔は日比野真理の自殺についてや、希一を疑っていることを八真人に伝え、和康は洋輔がヘマをしたに違いないと希一に伝え、希一も洋輔が怪しいと伝えあいます。

しかし、八真人だけは誰も疑わず、「お互い罪を押し付け合っていたら警察にしっぽ掴まれるぞ」と冷静な立場を貫きます。

和康のところに警察が来たことを受け、4人は再び集まることを決めます。

しかし、集まる日の夜、突如美郷からストーカーにつけられていると連絡が入り、急行した洋輔は、ストーカーから挑発を受け、豹変し、ストーカーをボコボコにしてしまいます。

そんなことがあったため、4人の集まりに足を運ばなかった洋輔に対し、希一、和康の怒り・疑いは頂点に達します。

そして翌日、洋輔の会社に希一が現れ、警察に余計なことを言ったら殺すからなと釘を刺し帰っていくのでした。

そして八真人は、職場で不審な封書を見つけます。開封してみると、それはなんと、樫村の遺書だったのです。

→仮面同窓会の見逃し動画はデイリーモーションや9tsuで視聴する?

スポンサードリンク

仮面同窓会3話ネタバレは?

どんな展開になっていくのか、ますます目が離せない第3話目!そんな3話目のネタバレについてまとめていきます。

洋輔は二重人格?

上原の首を絞めているとき、会社で上司に罵倒されたとき、ストーカーを殴り倒しているとき…普段の弱々しい洋輔からは想像もつかないほど、狂気に満ちた「顔」に豹変しています。

会社で上司につかみかかった際、トイレで自分の顔を見て「そんなわけない…」と自分自身に怯えています。

その姿から、洋輔自身も「まさか二重人格なのでは?」と疑ったのではないかと見受けられます。

→洋輔は本当に二重人格?原作からネタバレ!

洋輔が豹変する際には、「誰かと比べられてお前はダメだと言われているとき」「人殺し」と頭の中にリフレインされるとき、「お兄さんについて言われているとき」です。

これらは、幼い時から「いつも正しい兄」と比べられた劣等感、抑圧、そして、その正しい兄を自分のちょっとしたイタズラで死に至らしめてしまったという罪悪感、その償えない罪が、歪んだもう1人の自分を作り出してしまったのではないでしょうか。

また、謎のストーカーが「お前も本当の自分のこと、知ってるんだろ?忘れてるんなら、思い出させてやるよ!!」と言い放つ場面がありました。

ストーカーの言う「本当の自分」とは「二重人格の洋輔」のことなのではないか?とも推測できます。

なぜストーカーが、そのようなことを知っているのか?は疑問ですが…。

雅之にイタズラをした理由

雅之へのイタズラは、希一の「お前の兄ちゃん、調子乗ってない?雅之に仕返ししようぜ」という一言から始まりました。

ドラマを見て、「何の仕返し?」と思われた方も多いはず。それがこの3話で明かされます。

幼少期のある日、4人はマンガの万引きを計画し、じゃんけんで負けたヤマトが実行しました。

すると、4人が集まっているところに、雅之が現れ、「お前らの中に、人に謝らなきゃいけないことをしてるやつがいるだろう?やってはならないことをやってるやつが、この中にいるよな?今言えないなら後でいい、一緒に謝りに行ってやるから」と言い出すのです。

正しいことを言っている雅之に対する「反感」が、あのイタズラの引き金になったのです。

洋輔もまた、いつも正しい兄さんと比べられ、劣等感にさいなまれるうちに「兄さんなんていなくなればいい」と思っていたため、イタズラに加担したのでした。

ストーカー男の狙いは美郷じゃない?


美郷から連絡を受けて、待ち合わせ場所に向かうと、例の男がこちらに歩みより、洋輔の胸ぐらをつかみながら、「洋輔、俺は知ってるぞ。お前が犯した罪もな。なんで殺した!」と言い、首を締め上げてきました。

 

人殺し、殺せという声がリフレインする中、洋輔は豹変し、我を忘れたようにストーカーをボコボコに殴り倒します。

ストーカーを殺しかねない洋輔の様相を見て、美郷が「やめて!」と止めに入ります。

「忘れるな、コレがお前の本性だ」と言い残し、ストーカーは去っていきます。

ストーカーは美郷のもとに現れますが、付け回すだけで、手は出しません。

しかし、洋輔には2回手を出しており、しかも、「洋輔、俺は知ってるぞ。お前が犯した罪もな。なんで殺した!」とあたかも、以前から洋輔のことを知っていたような口ぶりです。

ストーカー男の狙いは、美郷ではなく、洋輔の可能性が高いのではないかと推測されます。

さらに、ストーカーと洋輔に接点を持たせた美郷は、関連は分からないにせよ、かなり怪しい登場人物にあたるのではないかと予想できます。

洋輔に気を持たせる言動が複数見られるあたりも、洋輔の信用を買い、心を許させるためではないか?と見ることもできますね。

スポンサードリンク

3話を視聴した感想

毎週毎週、最初から最後までハラハラしながら見ている方も多いのではないでしょうか?

恐怖と緊迫感から自然と肩に力が入ってしまい、コマーシャルに入る度に、ふーっと肩の力を抜いている筆者がいます。すごい緊張感と集中力!!

豹変する洋輔の演技、我に返った時の演技、メリハリが効いていて、視聴者にしっかりと「恐怖」を植え付けている溝端さんの演技が素晴らしく、視聴者を引き込む力が半端ない!!

また、ストーカー役の永井さんの演技も不気味さが何とも言えなく、本当に怖いです。表情やしぐさ、佇まいなど、細かく研究されたんだろうなと思います。

さわやかな印象の永井さんは影を潜め、ドハマりしているといっても過言ではない、その不気味な役柄を忠実に演じ切っている姿に感服です…主役だけではなく、脇を固める俳優さんの演技にも光るものがあり、見逃せません。

そして、仮面同窓会と言えば、回を追うごとに増える謎。

3話の中で1番の謎は、ストーカーと洋輔の関係。洋輔には思い当たる節がないものの、ストーカーは洋輔のことを知っている様子。

ストーカーのいう洋輔の「罪」とは…?
樫村「暴行」のことなのか?
樫村「殺害」のことなのか?
それともお兄さんのことなのか?
ストーカーと洋輔はいつどこで接点を持ったのか?

今後、ストーカーが登場するとき、洋輔の過去を振り返るときは、洋輔との接点を意識してドラマ展開を見守ることになりそうです!

→仮面同窓会の見逃し動画はデイリーモーションや9tsuで視聴する?

仮面同窓会4話の考察

3話の終わりに、樫村の遺書が八真人のもとに届きました。

これは樫村の直筆のものなのか?
樫村は自殺なのか?
それとも自殺を装った他殺なのか?
そして、この遺書を八真人に送りつけてきた相手は一体誰なのか?
八真人に送りつけてきたということは、八真人が関与していることを知っている誰かになるはず…4人の友人の誰かなのか?
はたまた、何か事情を知っている第3者なのか?
気になることずくめです。

次回第4話では、この遺書を巡って4人の疑心暗鬼がさらに暴走するのではないでしょうか。

次回予告にも、その取り乱した様子が映し出されていました。

現時点でもお互いがお互いを疑っている状態なので、そこに輪をかけるように、この遺書が出てきたら、「誰かが自分を陥れるために張った罠」と考え、さらに誰の事も信用できなくなるでしょう。

また、遺書に記載されていた「1人の少女を裏切った」という文言について、祖父江が噂していた日比野真理との関連が明確になってくるのではないかと推測されます。

→仮面同窓会の見逃し動画はデイリーモーションや9tsuで視聴する?

まとめ

「仮面同窓会」第3話の見所について、まとめてきました。

次々と明かされる、それぞれの過去、そして、新事実。知りたいような、知るのも怖いような…そんな感情が視聴者を引き付けて離しません!!

ストーリーは丁寧に丁寧に伏線が張られているようなので、色々な場面を勘ぐって見てしまうクセがつきそうです。

原作とは異なる展開が垣間見られる中、今後どのようにストーリーが織りなされていくのか。

しばらくの間、毎週土曜日はドキドキが止まらない夜になりそうです。