加古川まつり花火大会2019の交通規制や駐車場情報をお届け!穴場スポットや屋台についても総まとめ

 

大河の恩恵に感謝し市民まつりとして始まった加古川まつり花火大会は、現在東海随一の規模を誇っています。

河川敷の打ち上げ場所から尺玉を中心に、そのスケールは徐々に大きくなってきて、現在は6号玉まで打ち上げられています。

加古川まつり花火大会2019の交通規制や駐車場情報をお届けします。

穴場スポットや屋台についても調べていますので、お出かけの参考にしてくださいませ。

「加古川まつり花火大会2019」の日程とスケジュール

打ち上げ日時:2019年8月4日(日) 19:30~20:30

荒天中止

打ち上げ場所:加古川河川敷緑地(加古川バイパス北側)

打ち上げ数:約5,000発

予想人出:約8万人

会場までのアクセス

 

電車の場合

JR加古川駅より徒歩約20分

車の場合

主催者側は公共交通機関の利用を推奨しています。

 

付近に民間の駐車場はなく住宅地に近いため、駐停車禁止です。

他の花火大会と比較しても公共交通機関の利用についてかなり強調しています。

 

「加古川まつり花火大会2019」の交通規制は?

 

加古川河川敷周辺や水道橋付近で実施されます。

JR加古川駅南口は19:30~23:00頃まで閉鎖となり、車両の降車のみの利用です。

水道橋は9:00~23:00の間通行止めで、加古川の両岸は車両通行止めまたは駐停車禁止と車への規制が強化されています。

 

出典元:photoAC

 

駅周辺のコインパーキングの数も限られているため車での来場はできるかぎり控えるのが得策です。

JR日岡駅から打ち上げ場所まで徒歩約25分です。

JR加古川駅の混雑がかなりひどいことから、人混みを避けたい方は日岡駅の利用をおすすめします。

 

上下線ともに21:00台までは1時間に2本の割合で電車が走っています。

バスも上手に活用しましょう。

日曜日も電車がコンスタントに走っているので利用しよう!

駐車場情報

《JR加古川駅前付近駐車場》

JR加古川駅や宝殿駅周辺にコインパーキングはあるが、午前中で満車になる勢いです。

打ち上げ場所周辺は住宅街のため、主催者側は車での来場を強く否定しています。

諸事情で車が必要な場合には、早めの到着が安心です。

花火会場に送り届けて運転手の人だけ徒歩手段を使うことも検討してくださいませ。

駐車場が十分でないのでできるだけ電車利用にしよう!

専用駐車場

《JR宝殿駅周辺駐車場》

 

「加古川まつり花火大会2019」の専用駐車場は設置されていません。

渋滞の発生を抑制するよう橋を渡らない方向に駐車場を探すようにしましょう。

花火大会会場まで徒歩で行くことができる範囲の駐車場を一部紹介します。

 

《タイムズJR加古川駅北》

・24時間営業
・収容台数:46台
・土・日・祝 08:00-22:00 30分 200円 22:00-08:00 120分 100円 
・最大料金(繰り返し適用)当日1日最大料金1200円(24時迄)
・全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t RV/1BOX車可

 

《スペースECO 宝殿駅前第3》

・24時間営業
・収容台数:11台
・1日500円 (入庫後24時間まで)

 

JR日岡駅周辺はコインパーキングがありません。

日岡公園の駐車場は満車になった場合、付近の路上に駐車スペースは設けられていないので注意してくださいませ。

数少ない中での駐車場確保になるので、駐車場予約サービスを利用して事前確保するのが安心ですね♪

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判はこちら

「加古川まつり花火大会2019」の穴場スポット

河川敷で打ち上げられ周囲に高い建物がないので、少し離れた場所でもみることができるのが加古川まつり花火大会の特徴です。

河川敷はトイレが心配事の一つになるので比較的料金が安い有料観覧席を利用するのも一つの方法です。

お茶が用意されて、専用トイレがあるので安心です。

当日場所取りをする時には風向きに注意して、煙の流れがどちらに行くかを気にして場所取りをするとよいですよ♪

河川敷はもともと公設のトイレが少ないから事前に場所をチェックしておこう!

穴場スポットを一部紹介します。

 

《加古川バイパス北側周辺》

河川敷で打ち上げ場所から近いためよく見えるスポットとして人気があり、場所取りが必要で17:00頃には到着しているとよいです。

花火の炸裂音を肌で感じたい人におすすめで、穴場とはいうものの人出はあります。

 

《加古川橋周辺》

視界を遮るものはなく人が少な目でゆっくりとみることができます。

JR宝殿駅から徒歩で25分のため、行き帰りの混雑を避けることができます。

人混みの苦手な人におすすめします。

 

《ニッケパークタウン》

屋上駐車場を開放しています。

定員300名で花火当日午前10:00から本館1階南入口で整理券を配布します。

整理券がないと夕方入場できません。

飲食物の買い物やトイレもあるので安心してみることができます。

視界を遮る高い建物もないのでよく見えますよ♪

ルールを守って楽しく見ましょう!

詳細はこちらから⇒

 

《日岡山公園》

広い公園で木々が視界に入らないような場所を見つけるとよいでしょう。

公設トイレがあるので安心です。

路上駐車はしないようにしてくださいませ。

ゴミ持ち帰ろうね♪

ネックタイプ扇風機

首かけタイプで両手が使えて便利!

LEDライトが付いているので灯りが欲しい時にも大活躍♪

さらに卓上で使えてアロマの香りで暑さも和らぎます。

アウトドアやスポーツ、家やオフィスなどあらゆる場面に快適さをもたらします。

熱中症予防に、花火大会に、この夏の暑さから守ってくれることでしょう。

↓↓ 両手があくのが一番のポイント チェックしてみましょう↓↓

★300円OFFクーポン配布中★携帯扇風機 扇風機小型 卓上扇風機 首掛け扇風機 小型扇風機 肩掛け 首かけ扇風機 ハンディファン ハンズフリー ミニファン ミニ扇風機 持ち運び 扇風機 便利 持ち歩き ハンディ扇風機 大風量 静音 軽量 usb 充電式 おしゃれ 熱中症対策

価格:1,980円
(2019/7/31 03:24時点)
感想(110件)

「加古川まつり花火大会2019」の屋台

加古川河川敷の両岸に屋台が立ち並びますが、加古川バイパスの南西側が多く出ています。

一般的な食べ物や飲み物から遊戯系の出店まで所狭しと並んで、営業時間は16:00~22:00頃までです。

中でも目を引くのが今流行りの電球ソーダ」でしょう。

屋台だけを楽しみに行く人も少なくありません。

電球ソーダや光るおもちゃにはボタン電池が使われているため小さなお子様の誤飲には注意して楽しんでくださいませ。

お子さんからは目を離さないようにね!

まとめ

花火の規模が大きくなるとだんだんと屋台の数も減ってきている昨今ですが、加古川まつり花火大会は屋台だけでも十分楽しむことができるでしょう。

花火終了後の人混みは普段は見かけないぐらいの人が集まっていることから、唖然とするほどになります。

周囲の人も同じ目的で集まっているので、譲り合いの精神でマナーよく帰ることも大事ですね♪

良い天気に恵まれ綺麗な花火を見られることを楽しみにしていましょう!

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓