賭ケグルイ2期ドラマ・4話のネタバレや感想・視聴率は?

スポンサーリンク

賭ケグルイ2期の4話が放送されました。

生徒会をたびたび撃破してきた夢子の次のターゲットは豆生田です。

全話で公式戦を突き付けたが、はたして公式戦は成立するのでしょうか。

4話のあらすじや感想や視聴率をまとめてお届けします!

ネタバレ含むのでご注意ください。

 

今すぐ賭ケグルイ2期を無料視聴する場合はこちら▶

「賭ケグルイseason2」4話のあらすじ・ネタバレについて

 

あらすじ

ユメミ(松村沙友理)を陥れた真犯人、豆生田(中川大志)に対して、夢子は公式戦を申し込む。予想外の展開に驚愕する豆生田、観客席の鈴井(高杉真宙)、芽亜里(森川葵)、そして、夢子を生徒会長にするため、夢子VS会長の公式戦を望んでいた皇(松田るか)は激しく動揺する。公式戦は家畜に与えられた唯一の権利で、挑まれた者に拒否権はない。こうして、夢子と豆生田のギャンブルバトルが始まった。公式戦に選ばれたゲームは「選択(チョイス)ポーカー」。ジョーカーを除いた52枚のカードでおこなうポーカーで5枚の手札を一度きりチェンジし、役の優劣を競う。ただし、このポーカーにはフォールもコールもなく、ベットとレイズのみ。そして、賭け金は“無限”。より多く金を積んだ者に選択の権利が与えられる。つまりは大金を持つプレイヤーが圧倒的優位に立つゲームだ。そして、豆生田が最初に購入したチップはなんと10億円分。生徒会の会計として、莫大な資金を動かす豆生田に、夢子が勝てる可能性は皆無に思われたが・・・。

今すぐ賭ケグルイ2期を無料視聴する場合はこちら▶

「賭ケグルイseason2」4話ネタバレ

 

豆生田に公式戦を突き付けた結果、豆生田は困惑します。

蛇喰夢子は会長とギャンブルがしたかったのでは!?

だったら公式戦は会長に突き付けるべきだろうと・・・。

 

豆生田との公式戦

夢子から公式戦を挑まれた豆生田との勝負に、副会長がディーラーを務めることになり、公式戦を受理することになります。

 

ギャンブルの虜になっていると夢子のことを読み、それすらも計算の上で勝利すると意気込む豆生田。

 

ルールはチョイスポーカー

 

ジョーカーを除く52枚のトランプで基本的なルールはポーカーと変わらないが、フォールもコールなくプレイヤーが出来ることはベットとレイズのみ。

  • ベット→初めの人が賭ける額
  • レイズ→上乗せして賭ける

そして掛け金は上限無し!

相手より多く金を積むことで強い順か弱い順かを選択権出来る。

これで弱い役のブタだったとしても、金さえ積めばブタを最強の役に出来るというルールで実施することになります。

 

掛け金は無限の為、3億1千万が持ち金の夢子は圧倒的不利のギャンブル。

より多く金を積める方が選択肢を得るルールのため、生徒会というバックボーンによる大金を動かせる豆生田が圧倒的有利に見えます。

 

夢子は2枚をチェンジするという本来はあり得ない手で攻め、選択権を得ます。

1戦目は2億1千万を賭け「ブタ」をコールし勝負に勝ちます。

しかし、理詰め+王道で攻める豆生田は確立や可能性を冷静に分析した上で更に夢子ならそこを変えてくると読み、あえて手札を見せて全額賭けさせることに成功。

豆生田の狙い通りになり負けます。

 

夢子の反撃開始

 

この結果に皇が心の声を露出!

「お前は無敵のギャンブラーじゃなかったのか?だからお前に賭けたのに・・・これで生徒会復帰も出来ず、実家も継げず終わりだ・・・。」

 

本来勝負は終了ですが副会長は「チップは尽きた。これ以上ゲームを続けるか?」と夢子に問いかけます。

 

ん?持ち金消えたよね、さっき・・・という反応の豆生田。

 

と、会場がざわめきますが夢子は皇に声をかけます。

「いくらまで出せるのか」と。

仲間なら困っている時助けるものでしょう?

 

皇は生徒会に一度見放された身ですが、夢子を生徒会長に押し上げ再起を図るため夢子に賭けてきました。

そんな皇に豆生田は「もう一度戻ってこい、俺が生徒会復帰を押してやる」と甘い言葉を投げかけます。

 

「無能として安寧を取るか」または「破滅を賭けて頂点を目指すか」

 

夢子か豆生田どちらを選ぶか皇に決断が迫られます。

 

かつて生徒会で同じ心意気を持つ同志だと思っていた豆生田にはめられ生徒会から外れた皇。

自らの意思で夢子に賭けることを決意し10億円分のメダル100枚を肩代わりすることに。

 

豆生田だけには屈したくない皇の大勝負が始まります。

次回最終話で怒涛の大金放出バトルが決着が!

 

今すぐ賭ケグルイ2期を無料視聴する場合はこちら▶

スポンサードリンク

「賭ケグルイseason2」4話の感想

原作の豆生田の腹黒さをきっちり表現する中川太志さんの演技は、4話があっという間に終わるほど引き込まれましたね。

夢子の皇に決断するためのささやきは、かなりの圧力+詰めですよね(汗)

ひりつく空気がこちらまで伝わるような演技で見入ってしました。

 

 

今すぐ賭ケグルイ2期を無料視聴する場合はこちら▶

スポンサードリンク

「賭ケグルイseason2」視聴率は?

【賭ケグルイseason2】

4話の視聴率は0.9%です。
 
公表次第追記します

1話の視聴率:1.3%

2話の視聴率:0.9%

3話の視聴率:0.9%

4話の視聴率:0.9%

最終話の視聴率:

深夜枠としては悪くない数字です!

今すぐ賭ケグルイ2期を無料視聴する場合はこちら▶

「賭ケグルイseason2」1話から最終話までのネタバレ

今回のドラマ「賭ケグルイseason2」の放送期間は、

4月28日(日)~5月31日(日)

 

5月3日(金)には、「映画 賭ケグルイ」が放映されることは決定しているので、それを考えれば4話で完結するのは間違いなさそうですね。

 

映画は原作者である河村ほむらさんがシナリオの原案・監修に参加しての完全オリジナルストーリーとなっています。

 

ドラマの続編ではありませんが、「映画を絶対観る」という方は事前にドラマをチェックし、出演キャラクターの濃すぎる特徴やストーリーを把握して映画を観た方が何倍も楽しめるのではないでしょうか?

 

賭ケグルイの原作と実写の比較画像も用意しています♪

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ギャンブルシーンも良いですが、それ以外の駆け引きするシリアスなシーンが楽しめる回でしたね。

いよいよ次週は最終話です。

ここで豆生田との決着が尽きますが、皇の覚悟は如何に!?

最終話も楽しみですね。

今すぐ賭ケグルイ2期を無料視聴する場合はこちら▶

スポンサーリンク