飲み会の挨拶を任さたら?締めの挨拶、準備しておくポイントと例文!

飲み会「中締め」「締め」と2回締めが行われる経験はありませんか?

大人数の飲み会であれば、必ず行われる2回の締めですが、何で2回も?

疑問に思ったことはあると思います。

しかし、それぞれ「締め」には目的があるため、「締め」の目的や締めの挨拶を任されたときに役立つ文例を紹介します。

締めの挨拶・種類と目的

中締めの目的

中締めの挨拶は、宴会や飲み会で一区切りさせることで、予定があり退席される方、飲み会が苦手な中参加していただいた方への配慮が目的です。

全体の締めではありませんが、しっかりとしたスピーチを行い区切りをつけるために、スピーチ内容はしっかりと準備しておく必要があります。

中締めは散会する必要はないので、引き続き回を楽しむ時間が設けられていることは覚えておきましょう。

締めの挨拶の目的

絞めの挨拶は、会の終了を告げるとともに、参加して下さった方への感謝の言葉を述べ、手締めを行って会を「締める」のが目的です。

また、二次会がある場合は、二次会のお知らせを行い移動がスムーズにできる状況を作りましょう。

締めの挨拶のポイント

■簡潔に伝える

2~3時間も酒を飲んだあとに、ダラダラ話しても頭に残りませんよね。会を良いイメージで終わらせるには、簡潔な挨拶を心がけましょう。


■飲み会の趣旨に添う内容で挨拶

「歓迎会」「忘年会」「新年会」など、会の趣旨にまつわる挨拶にしましょう。
また、集まっていただいた方には時間をいただてるわけですから、感謝やお礼の言葉は必ず伝えましょう。


■手締めで締める

最後は手締めを行いますが、有終の美として会社の発展を祈って行うのが良いです。

手締めの種類

手締めは3種類ありますが、飲み会の種類によってどの手締めを選択すると良いかご存知ですか?

『三本締め』

会社として目標を達成した、新たな事業を成功させたなど、特別な祝いの席で行う手締めは「三本締め」を行う事が多い。

『一本締め・一丁締め』

その場を締める目的で、歓送迎会や飲み会では「一本絞め」「一丁締め」を選択されることが多い。

幹事を任されたときの為に、上記は覚えておくと良いですよ。

三本絞め

掛け声は、
「三本締めでお願いします。お手を拝借、いよぉー!パンパンパン、パンパンパン、パンパンパン、パン」

3回手拍子を3回続けます。

一本絞め

掛け声は、
「一本締めでお願いします。お手を拝借、いよぉー!パンパンパン、パンパンパン、パンパンパン、パン」

こちらを1回行います。

一丁絞め

掛け声は、

「お手を拝借、いよぉー!パン!」

締めの挨拶・例文

 新入社員の歓迎会での締めの挨拶の一例をご紹介します。

締めの挨拶・文例

ご指名に預かりました○○と申します。

僭越ながら締めのご挨拶をさせていただきます。

本日は○○の歓迎会にご参加いただき、誠にありがとうございました。皆様と共に楽しい時間を過ごすことができ、大変嬉しく思っております。

新入社員の皆様。

私はこの会社に入り、人と人との繋がりと感謝の気持ちを持ち続けることの大切さを学びました。

皆さんも、常に回りへの感謝の気持ちを忘れず進めば、必ず大きな成長が待っています。これから一緒に盛り上げて行きましょう!

まだまだ飲み足りないという方もいらっしゃると思いますので、この後は○○で二次会を予定しております。

お時間に余裕のある方は、是非ご参加ください。

それでは、新たな仲間を迎え入れ、当社がますます繁栄することを祈念して締めの挨拶とさせていただきます。

一本絞めでお願い致します。

お手を拝借、「いよぉー!」ぱんっ。

ポイント

歓迎会では、新入社員に向けてやる気を引き出せるような一言を添えることで、締めの挨拶がグッと引き締まります。初心に返る言葉を添えることで、既存社員のモチベーションにも繋がるような言葉を添えられると、締めの挨拶としてはバッチリですよ。

まとめ

 いかがでしたか?

会もさまざまな目的で行われますが、締めの挨拶は最後を締めくくる大切な挨拶です。

締めの挨拶を任せれることは責任重大ですが、事前準備をしっかり行えば、あとは大きな声でハキハキと話すことを意識しましょうね。

聞き手がいてこその締めの挨拶です♪

「終わりよければ全てよし」

ビシッと決めて良い会にできるよう、これらの情報が参考になれば幸いです。