お彼岸の日程はいつ?2019年のスケジュールと分かりやすい覚え方をご紹介

スポンサードリンク

お彼岸が近づくにつれお墓参りしなきゃなと思いますが、お彼岸っていつだっけ?と思う方も少なくないのではないでしょうか?

年に2回、毎年行うお彼岸ですが、スケジュールは毎年微妙に変化します。

そんなお彼岸ですが2019年の春・秋のスケジュールと、分かりやすい覚え方をご紹介します。

2019年のお彼岸スケジュール

【2019年春のお彼岸】

春は「春分の日」を中日として前後3日間の合計7日間です。2019年(平成31年)の春分の日は3月21日(木)で祝日のため、3月18日(月)~3月24日(日)が春のお彼岸となります。

3月18日(月) 彼岸入り

3月21日(木/祝日) 中日(春分の日)

3月24日(日) 彼岸明け

 

【2019年秋のお彼岸】

秋は「秋分の日」を中日として前後3日間の合計7日間です。2019年(平成31年)の秋分の日は9月23日(月)で祝日のため、9月20日(金)~9月26日(木)が秋のお彼岸となります。

9月20日(金) 彼岸入り

9月23日(月/祝) 中日(秋分の日)

9月26日(木) 彼岸明け

 

毎年日付が変わってしまいますが、「春分の日・秋分の日」が必ず中日として1週間というのを覚えておけば忘れることは無いですよね♪

お彼岸と呼ばれるのはなぜ?

 

 

私たちの住む世界を「此岸(しがん)」と呼ぶのに対し、「彼岸(ひがん)」とは、仏教の考えによるところの向こう岸という意味で、仏の理想の世界や悟りの世界、つまりは極楽浄土のことを言います。

この極楽浄土は西方にあるとされ、春分と秋分は太陽が真東から昇り、真西に沈むため、西へ向かって礼拝することで、はるか先の極楽浄土へ思いが伝わるとされたのが始まりです。

この仏教行事が、やがてご先祖様の供養を目的とした行事として広まり現在のお彼岸行事へと定着しました。

日本では、浄土に渡るためには善事を行い、先祖を敬い、供養を行う期間を「彼岸」と言うようになりましたが、インドではサンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「致彼岸(とうひがん)」を略した言葉とされています。「パーラミター」とは完成する・成就するという意味の言葉で、仏の道において何事も達成されるべきという意味を示すようになったとされます。

お彼岸の豆知識

お彼岸は日本仏教独自のもので、世界各国にある仏教にはお彼岸は存在しません。日本では、この時期にお墓参りや墓石の掃除、お仏壇を掃除したり、彼岸会(ひがんえ)と呼ばれるお寺の法要に参加します。

お供えものに決まりはあるの?

 

 

一般的にはお供え物として、春が「ぼた餅」、秋が「おはぎ」とされていますが、それぞれ由来があります。

春はぼた餅をお供えする

春に「ぼた餅」をお供えするのは、春に咲く花に「牡丹」がありますが、「牡丹の時期に食べることからぼた餅」や「小豆で牡丹の花を見立てて作られたことから」など、ぼた餅の名称の由来は諸説あります。

また、昔から小豆には「魔除け効果や、邪気を払う効果がある」とされていたこと、昔はぼた餅は大切なお客様やお祝いで振る舞われるご馳走だったことから、春のお彼岸にはぼた餅をお供えする風習となりました。

秋はおはぎをお供えする

秋にお供えするのは「おはぎ」ですが、ぼた餅とおはぎは一緒の食べ物で呼び名が違うだけなんです。

では、なぜおはぎと呼ぶのかは、秋の七草と呼ばれる萩の花が小豆に似ていることから「萩餅」になり、これを丁寧に「お萩」と呼んだことから「おはぎ」となりました。

訪問する際に持っていくと喜ばれる品は?

春と秋のお供えについて記載しましたが、ぼた餅やおはぎは一般的な認識ではありますが、実際のところはこだわる必要は無いんです

理由としては、お彼岸は7日間あることから鮮度が落ちる生ものは控える傾向が強く、ぼた餅・おはぎもいわば生もののため、他家に訪問する際に持っていくことは少ないです。

 お彼岸のお供え物に選ばれやすいもの

●小豆を使った和菓子

●おかき

●ゼリー

●焼き菓子・洋菓子

●缶ジュースやお酒

このように、日持ちするスイーツがお供え物として重宝されています。生ものをお供えし万が一腐って食べれないのは本末転倒ですよね。

御供えしたものは自分たちが食べる事で、神仏力を自分たちに取り込むといった意味も込められています。

お彼岸で大切にしたいのは「ご先祖様への感謝の気持ち」です。
感謝の気持ちを込めて、お墓やお仏壇の清掃、お墓参りを行ってご先祖様を供養すること、これが最も重要ですよね。

まとめ

「春分の日・秋分の日」をキーワードにすればお子様も覚えやすいのではないでしょうか?

【2019年春のお彼岸は3月18日(月)~3月24日(日)・秋のお彼岸は9月20日(金)~9月26日(木)】です。

感謝を込めてお墓参りを、お墓参りに行けない場合はお仏壇を綺麗にしてお参りしましょうね。

遠方で帰省できない方も、お彼岸には是非ご家族に一本連絡しお話しされるのも良いかと思います。家族が笑って過ごす姿こそ、ご先祖様は一番見たいのではと最近感じるようになりました。

この記事が皆様の笑顔のきっかけになれば幸いです。