入学祝いの相場は?孫が小学校に入学する場合は?

スポンサードリンク

可愛い孫が成長する喜びは、祖父母にとってもこの上ない喜びですよね。

孫を溺愛する方がほとんどだと思いますが、入学祝いでは小学校から大学までそれぞれ必用になるものが違います。

では、
どんな贈り物が喜ばれるのか?
お祝い金はいくら包むのが良いのか?

そんな疑問を整理出来るよう、年代ごとにまとめてみました。

孫の入学祝いの金額相場


年代によって、金額相場も贈り物も変わります。

それ、今貰っても、、、。

可愛い孫へのせっかくのお祝いが喜ばれないのは悲しいですよね。

以下、金額相場と贈り物の一例になります。

小学校入学

 

 

 

 

祖父母からのお祝い金相場 10,000~30,000円

喜ばれる贈り物

■ランドセル ■学習机 ■文房具 ■図書カード


ランドセルや学習机といった、高額なものもをプレゼントとされると、子供と同じように親もお財布事情的にも嬉しいですよね(^^

そういった高額なものは祖父母が購入してプレゼントするというのはよく聞きますが、その場合は入学祝い金は1万円で十分です。

また、高額商品は既に購入済み、手配済み、両家で贈り物が被ってしまうなどを避けるために事前に確認しあうことが重要です。

「サプライズ!」とかは無しにしましょう。

中学校入学

 

 

 

 

祖父母からのお祝い金相場 10,000~30,000円

喜ばれる贈り物
■制服 ■自転車 ■部活で必要な道具


中学生は義務教育ということもあり、そこまで準備物が少ないです。
小学生でもありますが、中学生の方がより好みが出る、好みがハッキリする頃ですよね。

部活も始まりますし、部活道具1つ取っても自分自信で選んだ方が道具を大切にする傾向もあります。

その為、お祝い金を包んで渡す方が有効活用されるケースが多いです。

高校入学

 

 

 

 

祖父母からのお祝い金相場 10,000~50,000円

喜ばれる贈り物
■スマホ ■タブレット ■制服

義務教育ではないため、家庭での負担が大きい分お祝い金の相場は上がります。

金額は各家庭で変わりますが、少しでも多いと負担軽減出来るのは非常に助かりますよね。

高校生も好みがはっきりしますよね。
交流関係を考えてもスマホを買って上げるのは良いでしょう。
ただし、家庭負担が増える分、制服購入に充てる、入学金もしくは授業料に充てるなど、家庭によってさまざまですが、負担を軽減させるため多めに渡す傾向があり、お孫さんと必要なものを相談して決めるのが一番ではないでしょうか。

大学入学

 

 

 

 

祖父母からのお祝い金相場 10,000~50,000円

喜ばれる贈り物

■スーツ ■パソコン ■家具 ■家電



大学では一人暮らしを始める方がほとんどですから、引っ越しや家具家電を揃える費用に充てることが多いです。

大学で学ぶためにレポート作成など、パソコンも必須アイテムになりますよね。

家具家電付きの物件を選択すれば、より有効に活用出来るため、お部屋探しも重要になります。
何かとお金がかかるだけに、物を贈る場合は本当に必要になる物を相談して選定しましょう。


どの年代でもそうですが、お祝いをいただいたら必ずお礼状を送りましょうね
感謝を伝えることは、いついかなる時でも本人の成長に直結しますし、生きていく上で忘れてはいけない重要なことですもんね♪

入学祝いのマナー

 

入学祝いの渡すタイミング

入学祝いを渡すは時期は、入学式が始まる1ヶ月前からが目安になります。

ここで注意が必要なのが、中学校までは義務教育のため気にする必要はありませんが、高校・大学は受験を行っていますので、必ず受験合格の知らせが来てから渡しましょう。

タイミングが合わないからと受験前に渡すとのは控えましょう。

渡すタイミングを逃して入学式が過ぎてしまったという場合も、後に「お祝いが遅くなり申し訳御座いません」と一言添えれば、入学式以降でも会う日に渡せば大丈夫です。

遅れることに関しては、特別な決まりやマナーはありませんので、遅くてもゴールデンウィークまでに渡せば一般的に失礼にはあたりませんよ。

 

入学祝いのし袋のマナー

入学祝いを包む場合は、紅白蝶結び(花結び)の水引がついたのし袋を準備しましょう。

その際に、包む金額が10,000円以下の場合は水引が印刷されたシンプルなのし紙を選びましょう。20,000円以上の場合に紅白蝶結びの水引がついたのし袋を選びます。

蝶結びを選ぶ理由は、結び目が何度もなおせることから、何度起こっても良い場合に選ぶ水引です。

補足

水引の「結びきり」は結び目が固く簡単に解けないため、一度きりであって欲しいことから「結婚祝い」「おくやみ」に使われます。

表書きは御祝」「御入学祝」「御進学御祝を上段に書き、下段には贈る人の名前を書いて渡すのが一般マナーです。

 

まとめ


各年代でご紹介しましたが、あくまで相場ですし、各家庭で事情はさまざまですよね。

勿論多く渡せればそれに越したことはないでしょうが、お祝いは金額の大きさや高価な物を贈るだけではありません。

それぞれの成長過程のターニングポイントですから、皆さんで話し合って少しでもお祝いをする「その気持ち」が何よりもお孫さんへのプレゼントです。