キングダム映画の主題歌はONE OK ROCK!このために書き下ろした新曲とは?

スポンサードリンク

 春の注目映画「キングダム」の主題歌を担当するのは、ONE OK ROCKと発表されました。キングダムの世界観にどのような主題歌が流れるのか気になりますよね。

新たに公開された予告ムービーには、主題歌が挿入されているとのこと。

楽曲作成に至るまでの流れを、映像と共にお届けします。

主題歌にONE OK ROCK

 

 

4月19日公開予定の映画「キングダム」の主題歌に、大人気バンドONE OK ROCKがキングダムのために書き下ろした曲「Wasted Nights」が使用されることが決まりました。

この曲は2月13日にリリースされるONE OK ROCKの新アルバム「Eye of the Storm」に収録されます。

キングダムは中国春秋戦国時代を舞台に、戦乱孤児が天下の大将軍を目指す少年と、後の始皇帝となる若王の中華統一を目指す二人の大河ロマン、主人公の信を演じる山崎賢人と、秦王えい政を演じる吉沢亮の注目作品です。

キングダムの実写化というビックプロジェクトに、キャストと役柄も一致している中で、更に主題歌はワンオクと非の打ちどころが無い作品になると胸躍らされます。

早速、主題歌の「Wasted Nights」を一度ご覧ください。

 

 

Taka楽曲に自信

この映画の主題歌を依頼され、曲を作るうえで先に映画を見て書きおろしたそうで、キングダムの映画に壮大さを感じたと、それをテーマに曲を作ったそうです。

主題歌のお話しをいただいた時、ちょうど新しいアルバムを作成しており、曲のイメージを作るため完成前の映画を観てその規模の大きさに感動したそうです。

~Takaのコメント~

”「壮大さビックアンセムをテーマに楽曲を作り、試行錯誤を重ねた結果、自他共に『これはいい!!』と思える曲「Wasted Nights」が完成しました。

映画の壮大さに負けないような曲を書いたつもりです。映画と共に、主題歌もお楽しみください」„

 

2015年ごろにスタートしたキングダム実写化のプロジェクトは、当初なにも固まっていない企画段階で、すでにキングダムにとってはONE OK ROCKは絶対に外せないピースのひとつと考えられていたそうです。

 

~松橋真三プロデューサーのコメント~

”「キングダムには「強い夢と志が自分を作り、そして世界を変えていく」という大事なメッセージが込められています。そのメッセージを世界に通じる生きた言葉で素晴らしい楽曲にしてくれるのは彼らしかいないと思っていました。

楽曲「Wasted Nights」を聞いた時には本当に感動し、映画をひとまわりもふたまわりも大きくしてくれると、本当に感謝しています。

素晴らしい映画のラストシーンに主題歌を聞きながら、必ずや自分の魂が熱く震えることを保証します」„

 

長い期間をキングダムに詰め込み、ピースがはまり1枚となった作品です。

ここまで力強いコメントをされると、4月が待ち遠しくなるばかりですね。

新たな予告が公開

壮大さを感じた!

そうTakaがコメントしました。

それを基に作り上げた楽曲のPVは、その通り壮大なイメージのイントロから始まります。イントロからAメロが流れ、頭には信が草原を走っている姿がイメージ出来ます。

そして、サビに入ったとき全身の肌が逆立ちました。

「闘い・思い・仲間・思惑・出会い・別れ」そういったキングダムのイメージが頭にはっきり浮かび上がる!ここまでマッチングした主題歌も珍しいのではないでしょうか。

これが「Wasted Nights」のPVを見て思った率直な感想でした。

 

では、楽曲「Wasted Nights」を挿入した最新のキングダム予告ムービーをご覧ください。

 

最後に

「はぁ~….」

感動のため息がでてしまいますね!!

楽曲と作品が一体となって、キングダムの世界観が身体に流れ込む。

そんな気持ちになる予告ムービーで既に涙が出そうになります。

公開が4月19日と近づいていますが、更に予告ムービーが出るのか、新たな出演者情報など、公開日まで目が離せませんね。

引き続き、今後の動向に注目していきましょう。