七草粥を食べるのはいつ?由来や意味も一緒に知ろう!

スポンサードリンク

お正月を健やかにお過ごしの方が多いのではないでしょうか。

お正月が一息ついて「七草粥」を食べますが、七草粥って意外と知らないことが多いですよね。

七草粥っていつ食べるのか?そもそも七草粥を食べる意味など、疑問に思う事を調べてみました!

七草粥とは?

1月7日に七草粥を食べるのは、

■お正月のご馳走を食べて疲れた胃をいたわるため

■不足しがちな青菜の栄養を取るため

とされていますが、古来は「無業息災」「長寿健康」を願って食べられとされています。

七草粥の由来について

七草粥を食べる日は『人日(じんじつ)の節句』という五節句のひとつです。

■1月7日 (人日・七草の節句)

■3月3日 (上巳・桃の節句 )

■5月5日 (端午・菖蒲の節句)

■7月7日 (七夕・七夕の祭り)

■9月9日 (重陽・菊の節句)

日本古来にはもともと【若菜摘み・七種粥】といった風習がありましたが、現在に伝えられている七草粥は古来中国の文化を取り入れたものが風習となっています。

では、日本古来の風習と中国の風習はどのように混ざり合ったのでしょうか?

若菜摘みとは

日本古来では、早春の野原で野草を摘むというのは、貴族の間で親しまれた野遊びのことでこれを「若菜摘み」と呼びます。

平安時代では若菜摘みを「子の日の御遊び」と呼ばれ、楽しまれていました。

また、この風習の始まりは諸説ありますが、『土佐日記』では、「この日にもらった物の中に若菜が入っていて、今日が正月七日だと思い起させてくれた」と記載もあり、新春を感じる行事であったのは間違いないですね。

七種粥は五穀豊穣を願った

七草粥の由来の一つとして、平安時代に宮中で食べられていた七種粥があります。この当時七種粥は1月15日に食べられていましたが、穀物を七種入れて食べていたとされています。

【7種の穀類】

■米 ■粟(アワ) ■稗子(ヒエ) ■黍(キビ) ■胡麻(ゴマ) ■みの ■小豆(あずき)

七種の穀類を入れて食べることは、五穀豊穣に感謝して食べていたとされており、後にここに若菜摘みで摘んだ七草を入れたお粥をへと変わっていきます。

中国の風習を取り入れ七草粥となった

古来中国では、

『正月の1日を鶏の日・2日を犬の日・3日を猪の日・4日を羊の日.5日を牛の日・6日を馬の日・7日を人の日』と定めていました。

それぞれの日にはその動物の殺生せず、7日は犯罪を犯した人でも刑罰は行いませんでした。

そして、1月7日は「七種菜羹(しちしゅさいこう)」と呼ぶ、7種類の野草を入れた汁物食べる風習がありました。

これが後に日本に伝わり、【若菜摘み・七種粥】の風習と結びついて「七草粥」と定着いったとされています。

七草の種類と効能

春の七草を使うことで七草粥と呼びますが、七草の種類って知ってますか?

【春の七草】

芹(せり)  

効能→食欲促進・解熱作用・健胃・去痰・利尿作用

薺(なずな) 

効能→解熱作用・利尿作用・下痢止め

御形(ごぎょう) 

効能→去痰・咳を鎮める

繁縷(はこべら) 

効能→歯痛消炎・利尿作用

仏の座(ほとけのざ) 

効能→食欲増進・健胃

菘(すずな) 

効能→消化促進・解熱作用・咳を鎮める

蘿蔔(すずしろ) 

効能→消化促進・咳を鎮める・去痰・利尿作用

 

「春の七草を神前に供えてから食べればその年は病気にかからない」という考えで『無病息災』を願い、お正月の食べすぎ・飲み過ぎで疲れた胃を優しくいたわるために食べられていました。

まとめ

七草粥を食べたことが無い方も多いと思いますが、お正月のスーパーでは七草が揃ったパックで販売されています。

住まいの地域によっては、なかなか七草を摘みに行くのも難しくなってきているので、スーパーで購入出来るのは便利ですね。

現在では、弱った胃を助けて食欲増進させるだけでなく、糖尿病の合併症を防いだり、活性酵素を除去働きがあるのが医学的に報告されています。

医学的解明がされていない時代から、健康に良いものと認識していたわけですから、昔の人の知恵というのは素晴らしいですよね。

今年も仕事はじめの朝、七草粥でお身体をいたわっては如何でしょうか?