鏡開きはいつ?2019年の日程を紹介

スポンサードリンク

お正月には2段のお餅の上にミカン!

ご家庭で良く見かける”お正月の象徴”といっても過言ではありませんよね。では鏡開きとは、お供えしたお餅を下げて食べることですが

■鏡開きはいつやるのか?

■どんな意味があって?

■鏡開きのマナーは?

鏡開きについての疑問点を調べてみました。

鏡開きとは?

 

鏡開きとは、お正月にお供えした鏡餅を下げて食べることをいいます。

お正月の間を”松の内”と呼びますが、鏡餅は神様の依り代としてお供えされており、「松の内は飾り、松の内が過ぎたら食べる」これが鏡開きの行事です。

もともとは武家から始まった行事のため、新年の剣道や武道の道場開きでは、鏡開きとしてお汁粉を振る舞ったりするのはその名残でもあります。

鏡開きの意味は?

鏡餅を食べるのはなぜでしょうか?

それは、日本古来から神様にお供えした物を食べることは、神様との繋がりを強め、神様の力・パワーを頂けると考えられており、鏡開きを行うのは「無病息災」を願う意味も込められていました。

鏡餅と呼ばれるのはなぜ?

鏡餅とは、昔の鏡に似ていることでからその名称になっています。

昔の鏡は青銅製で出来ており、神事に用いられる神聖なものとされていました。

三種の神器といわれる八咫鏡(やたのかがみ)を模したとも云われ、神聖なものにあやかっていたことから、神様への思いが込められているのが分かりますよね。

鏡開きの日はいつ行うのか?

 

鏡開きは毎年1月11日となります。

これは変わらない為、どの年でも1月11日を鏡開きと認識して間違いありません。

しかし、地域により1月15日や1月20日と鏡開きを行う日が違う場合もあり、必ずしも全国共通というわけではありません。

関西と関東で鏡開きの日が違うのはなぜ?

鏡開きは”松の内”の後に行います。

松の内は関東では1月7日とされていますが、関西では松の内は1月15日とされており、そのため1月15日もしくは20日に行われることが多いそうです。

この松の内ですが、昔は関東も関西も1月15日とされており、鏡開きは1月20日に行われていました。

しかし、江戸時代の徳川三代目将軍、徳川家光が4月20日に亡くなったことから、関東では20日という忌日を避けるようになり鏡開きは1月11日となったそうです。

これに伴い、関東では松の内を1月7日に変更し風習が広まったが、関西など遠い地には広まらなかったため、現在でも関東と関西では鏡開きの日にちが違うとされています。

鏡開きのマナーについて

鏡開きはとは武家の行事としてが始まりです。

包丁で切るというのは切腹を連想させることから、鏡餅は木槌や手で割ることになりました。

そのため、”切る”や”割る”というのは縁起がよくないことからこれを避けて、「開く」という言葉を用いて鏡餅となっているんですね。

上手な鏡餅の開き方

近年は真空パックの鏡餅が多いですが、やはり伝統的な鏡開きは木槌や金槌で叩いて割るのが風習です。お供えした鏡餅はカチカチに固くなり小さくするのも大変ですが、木槌で叩き徐々に割って食べる伝統は子供たちにも伝えていきたいですよね。

とはいえ、カチカチの鏡餅を割るのは大変なので、簡単な方法をお伝えします。

【電子レンジを使う方法】

カチカチの鏡餅を半日ほど水に浸します。そして耐熱容器に入れてラップをし電子レンジにかけて柔らかくする方法です。これなら女性でも力を使わず小分けに出来ます。

 

【ジップロックを利用】

鏡餅を「かき餅」などで食べる場合は、鏡餅をジップロックに入れてヒビが入った場所から金槌で叩きます。破片が飛び散らないので叩きやすいですが、男性にお願いし勢い良く叩いてもらいましょう。
 

 

まとめ

鏡開きにも先人達の思いが込められた行事だと思うと歴史を感じますよね。

子供の頃から当たり前のように飾り、当たり前のように叩いて割るのを見てきましたが、最近では真空パックの鏡餅が増え、鏡餅を割る機会も減りました。

そのため、子供達には鏡開きの意味を「パックを開く」と間違えて覚えさせないように、正しい行事の内容を伝えていく必要がありますね。

本年も神様のパワーを受取るために、美味しくいだきましょう!