七五三のお祝い相場は?当日の流れや準備は?

スポンサードリンク

七五三の由来

七五三は、7才までは神の子といわれた時代に、3才・5才・7才という成長の節目に氏神様に参拝して成長を感謝し、将来の幸せを祈るのが「七五三」です。

もともとは、宮中や公家、武家の風習で行われてきました。

実はそれぞれの節目にも意味があり、

3歳:髪置き(かみおき)

平安時代は、男女ともに生まれて7日目に産毛を剃り3歳までは坊主姿で、3歳からは髪を伸ばすことが出来るようになります。

5歳:袴着(はかまぎ)

平安時代は男女共に5~7歳で初めて袴をつける袴着という儀式が行われ、室町時代に11月15日とされましたが、江戸時代以降は男児のみの風習へと変化していきました。

7歳:帯解き(おびとき)

もともとひもを付けて着付けていた子供が、初めてつけひもを除いて、帯を初めて締める儀式をいいます。昔は男女共に9歳で行っていましたが、江戸時代より女児は7歳、男児は5歳と定められたとされます。

 このような武家を中心とした風習が広まり、明治時代に入り「七五三」として定着しました。

なぜ11月15日と指定された?

なぜ11月15日とされたかは諸説ありますが、

①徳川5代将軍、徳川綱吉の長男である徳川徳松の健康を祈る行事を行っていた日とされる。

②旧暦では15日は二十八宿の鬼が自らの家に居る「鬼宿日(きしゅくび)」とされており、鬼が出歩かない日に厄払いと神の加護を願うのに最良の日とされていたこと。

③旧暦の11月は秋の実りを感謝する月とされ、霜月祭で収穫の感謝と子供の成長祈願をし氏神を山に送り出す日だったとされていることから、11月15日とされている。

このような理由から、11月15日を「七五三の日」にしたとされています。

 

11月15日に祝わないとダメなの?

必ずしも11月15日に参拝する必要はありません。

現代ではご両親の休みが重なる日に行う方がほとんどだと思います。そうなると、15日に必ずというのは厳しいのが現状ですよね。

そのため、混雑を避けるよう9月から12月に参拝されるご家庭も増えています。毎年11月15日前後は、御祈祷を受け付ける神社や写真スタジオが混雑するため、あえて日程をずらす方が増えていますが、極端に暑い日や極端に寒い日を除けばいつまでにという決まりはありません。

また、小さいお子様にとって、七五三の当日は神社参拝から始まり、写真撮影、食事会など多忙な1日となります。

着慣れない着物を着て長時間過ごすのは負担が大きく、写真撮影も待ち時間が長いと飽きてしまい、撮影時にぐずってしまう可能性もあります。

そのため近年では七五三のお参りと撮影日を分けるご家庭も増えてますよ。

気持ちよく過ごせる方法を各家庭ごとに考えてみては如何でしょうか?

 

お祝いの方法は?

七五三の祝儀袋

水引:紅白蝶結び

表書き:祝七五三・七五三御祝・祝御髪置(3歳)・祝御袴着(5歳)・祝御帯解(7歳)

お祝いを送る時期

一般的には10月中旬から11月15日までに渡すのがマナーとされています。七五三当日に一緒に参加するのであれば、当日渡すのがベストでしょうが、遠方で会えないケースもあるでしょうから、その場合は郵送で対応するのもOKです。郵送の場合、参拝する日付を確認しその前日までの郵送が良いですね。

金額の目安お祝い金の目安

■親しいご近所の子供、仲の良い友人の子供へは3,000円~5,000円

■親戚の甥っ子、姪っ子へは5,000円~10,000円

■祖父母から孫へは10,000円~30,000円

 上記がお祝い相場となっています。

多く渡し過ぎて悪いことはありませんが、変に気を使わせてしまう場合もあるため気をつけて選定しましょう。

お返し

基本的にお返しは不要とされています。地域や家庭によってはお返しをするのがマナーとされるケースもあるので事前に確認しましょう。

ですが、お返しというのはあくまで「気持ち」ですから、撮影した写真を送ったり、食事会でおもてなし(食事代を負担)することでお互い気持ちよくお祝い出来ます。

お返しが不要な場合でも、お礼は必ず行いましょう!!

お礼状を書くのが一般的ですが、子供自身が書いたお礼状や七五三の写真を同封するなど一工夫するとより喜ばれやすいですね。

七五三の段取り

七五三を行うのに準備することがたくさんありますよね。

事前の準備や当日の流れをご紹介致します。

参拝前に準備すること

【初穂料】

初穂料の金額相場は5,000円~10,000円です。

水引は紅白蝶結びで事前に準備しておきましょう。

【日取りを決める】

11月15日前後でご都合の良い日に決めたら、神社やレストランへ予約を取りましょう。

【衣装を用意】

子供が正装の場合は、母親も訪問着や色無知、格の高いつけさげなどにするのが正式と言われていますが、絶対の決まりではありませんので、洋服であればスーツなどを選ぶ方も多いです。

もし、貸衣装を選ぶ場合は予約が必要ですので、神社の予約と並行して行うのが望ましいです。

【着付けの手配】

購入かレンタルで用意する必要があります。購入の場合は当日に着付け・ヘアメイクを行っていただく美容室の予約を。レンタルであれば、同時に着付けとヘアメイクの予約を取りましょう。

【記念写真は前取り】

参拝後はお子様も疲れたり、衣装が乱れたりするため、撮影は参拝前もしくは参拝前の別日に「前撮り」をしておくと楽です。前撮り写真があれば、食事会での話題にもなりますしオススメです。

参拝当日

【着付け】

予約をした場所で着付け、ヘアメイクを実施。

【移動は車がベター】

お子様が和装の場合は、車は移動手段というだけでなく、休憩所、着替え場所、荷物の保管場所にもなります。可能な限り車を利用すると当日は楽です。

【参拝する】

知名度が高い神社・お宮参りを行った神社・近所の神社などから選ぶのが良いでしょう。ただし、あまりにも移動時間が長くなる神社は避けるべきです。衣装をレンタルしたのであれば当日中の返却もありますし、車の移動時間はお子様にとっては退屈な待ち時間になる為、それらも踏まえて選ぶのが良いでしょう。

祝詞をあげてもらうご祝祷は、神社によって予約が必要になります。事前に確認しましょう。

【終わったら着替える】

子供が和装に耐えられるのは2~3時間程度と考えた方が良いでしょう。その為、お参りが終わったら着替えるのがベストですが、食事会に行かれる場合は洋服に着替えさせるとスムーズです。

参拝後

【お食事会】

パパとママの両親や親戚も招いて行うなら、お店の予約は個室が利用できるお店の方が気兼ねなく楽しめます。

自宅で食事会を行うのも良いですが、朝から忙しく動く事を考えると、お寿司など出前を利用した方が準備が減り、負担の軽減になります。

 

 まとめ

お子様の成長を祝う七五三ですが、事前の手配や準備は簡単ではありませんよね。当日のタイムスケジュールもバタバタすると思います。

写真撮影を別日にすることで、参拝当日は時間に余裕をもって行動出来て良かった!と聞くケースは多いですが、全てのご家庭が前撮りから参拝まで日程の確保や準備ができないケースも少なくないはずです。

どちらのパターンにせよ、事前準備は念には念を入れて確認することで、当日の負担を軽減出来ます。一生に一度の行事ですから、事前準備をバッチリ済ませて気持ちよく祝ってあげたいですよね♪