節分で豆まきするのは何で?地域によっては落花生!?

スポンサードリンク

子供に大人気の豆まきをする節分、子供は無邪気に投げまくりますが、大人は片づけに追われる行事ですよね~

最近はパックの福豆が多く、開封せず投げる家庭も増えたのでは!?

毎年行う「節分」ですが、なぜ豆をまくのでしょう?

節分の由来などを紹介していきます。

節分はいつ?


毎年2月3日といえば「節分(せつぶん)」の日です。

節分とは季節が変わる節目であり「季節を分ける」ともいいます。

節分はそもそも1年に4回あったことはご存知ですか?

【立春・立夏・立秋・立冬】それぞれの前日は、季節の変わり目であることから4回が節日とされていました。そして、1年の始まりとして、最初の節目である「立春」が最も喜ばれ、日本では春の節目を『春の節分』と呼ばれるようになりました。

※立春は2月4日頃であり、その前日の3日が節分とされていますが、年によって前後します。

豆をまくのはなぜ?

豆まきの歴史は長く、室町時代から根付いているとされています。

昔から豆には「穀物の精霊が宿っている」とし神事・祭事などで使われ、神聖なものとされて来ました。

平安時代では、大晦日に陰陽師が厄災を祓う儀式として「追儺(ついな)」と呼ばれる行事を行いました。

室町時代からは、季節の節目は鬼が出るといわれた事もあり、豆をまき悪鬼を追い払う行事として続き現在に至ります。

 

節分で豆をまくというのは、元をたどると中国から伝わっており、中国では豆は邪気を払うとされ「魔滅(まめ)」と認識されていました。

そして、日本では「京都の鞍馬山には鬼が出る」とされており、毘沙門天のお告げで鬼の目に豆を投げて退治することが出来たとされています。

これが『魔(鬼)の目に』投げ『魔(鬼)を滅した』に通じるとされます。

豆は何でも良い?

節分では当たり前のように、「鬼は~外、福は~内」と言いながら豆を投げますが、この豆は、邪気(鬼)を払う意味合いから来たのは前述した通りですが、邪気を払う為にまく「豆」は生では駄目なのはご存知でした?

一般的にスーパーで見かける節分用の豆は、「福豆」と呼ばれる大豆を炒って薄茶色になったものです。

では、なぜ生は駄目なのかは、

昔から豆まきしても、拾い忘れた豆からは芽が出ると縁起が悪いと言われ、目を出さないために、炒った豆を投げることから始まっています。

 

陰陽五行説として【木・火・土・金・水】という考えがあり、鬼は金とされています。

この羅列から、水(大豆)は金を後押ししてしまう為、水を抑制する火を使って鬼を退治するという考えから、「炒る」=「射る」とされ、火で炒った豆で追い払い、二度と芽(魔・鬼)をださせないいう意味から来ているそうです。

地域によって豆が違う

大豆派?落花生派?それとも納豆派?

・・・・納豆は無理がありましたね。。失礼しました(^-^;

 

”豆まきと言えば「大豆」でしょ。いやいや「落花生」でしょーが。”

知らないと、このような会話になるのかもしれませんね。

実は、地域によって投げる豆が違うんです。風習の伝わり方って面白いですよね。

地域による豆の違い

北海道・東北エリア・鹿児島県・宮崎県では、節分は落花生を使います。

北海道に至っては、60年前から節分では落花生を使っているそう。

なぜ落花生を使うのかは、

【北国では】

■雪国の為、雪の上に落ちたら掃除が大変

■落花生は拾いやすく、食べ物を無駄にしなくて済む

■カロリーが高く栄養を取りやすかった。

 

【鹿児島・宮崎では】

■落花生の産地で、馴染み深いこと

 

北国では厳しい冬を乗り越えるための知恵ですよね。確かに雪の上の大豆を拾うのは考えただけで大変です。

鹿児島、宮崎では….な、なるほど!!

そうですよね。産地ならそうなりますよね。

でも、千葉県も産地ですが…と、思ってしまいますが(^^;

改めて、文化・風習の伝わり方はさまざまで面白いです!

まとめ

 落花生を使った節分というのも面白いですね。

子供に渡して本気で投げられたら、痛くて退散しなければいけませんね(笑)

落花生を使う地域では、鬼役のお父さんは大変そうだな~と思いました。

いずれにせよせっかくの行事、ワイワイ出来るのが一番ですよね♪