ひな祭りの雛人形を飾るのはいつから?由来や意味もご紹介します

スポンサードリンク

ひな祭りは、毎年3月3日に女の子の成長を祈って行う節句行事です。

雛人形を飾り、桜や橘の木を飾るなど華やかな飾りと共に、雛あられや白酒、ちらし寿司を食べて、春の訪れを楽しむ節句行事ですよね♪

ただ、ひな祭りは元々は厄払いの行事だったのはご存知ですか?

ひな祭りの意味や由来など、知らないことを調べてみました。

ひな祭りの由来は?

 

ひな祭りが始まるきっかけは、平安時代にあるとされています。

中国では3月3日を「上己の節句」と呼び、草や藁で作った人形に息を吹きかけたり、自らの体を撫でることで穢れを人形に移し、その人形を川に流すことで災いや邪気など厄払いを行う風習がありました。

一方、日本でも人形を使って遊ぶ「雛遊び(ひいな遊び)」が流行っており、日本でも草や紙で作った人形に自らの穢れを乗せ川に流し、子供の無業息災を願う「流し雛(ながしびな)」を行う風習があり、これが平安時代とされています。

当時の人形は草や藁、紙といった素朴な素材で簡単な作りでしたが、鎌倉時代・室町時代にうつるにつれ、人形作りの技術が発展していく中で川に流す風習から、家に飾って祝う風習へと変化していきました。

これが今に伝わるひな祭りの由来とされ、技術の発展が物を大切にする風習へと近づけていったそうです。

形製作が始まり、宮中から武家の姫君を祝うお祭りに変わっていきます。

江戸後期になると、女子の誕生を祝って雛人形を送るようになり、現代に至ります。

五節句

■1月7日 人日(じんじつ)の節句

■3月3日 上巳(じょうし)の節句

■5月5日 端午(たんご)の節句

■7月7日 七夕(しちせき)の節句

■9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

補足

五節句とは、江戸時代の幕府が設定した制度で、明治6年に廃止されましたが、現在に至るまで根付いている行事です。

ひいなの意味は?

お雛様と呼ばれるのは、平安時代に紙や布で作った人形を「雛(ひいな)」と呼んでおり、「ちいさくてかわいらしい」という意味です。

当時の貴族の子供の間で流行っていましたが、ひいな遊びとは現在の「おままごと」のことですね。紙を使って人形を囲ったり、台座を作って座らせたりと、子供たちはひいな遊びを楽しんだようですが、当時は紙も十分な高級品です。

一般では草や藁で人形を作り遊んでいた訳ですから、紙を使っていたとはさすが貴族の子ですね。

ひな祭りの意味

ひな祭りの起源は平安時代の「上己の節句」にありますが、元々は女の子のためのお祭りではなく、季節の変わり目で神様にお供え物をし、無業息災、五穀豊穣を願う行事、つまりは身体の穢れを払う神事でした。

江戸時代になると、幕府は武家の制度を整備する中で「五節句」と制定し、城中で行う公式行事となりましたが、この頃は女性のためのお祭りではなく、武家が参列する行事でした。

ところが、寛永6年(1629年)以降「東福門院和子(2代目将軍 徳川秀忠の娘)が、娘のために京都御所で豪華に祝った雛祭り」がきっかけとなり、豪華絢爛な雛人形製作が始まり、宮中から武家の姫君を祝うお祭りに変わっていきます。

江戸後期になると、女子の誕生を祝って雛人形を送るようになり、現代に至ります。

起源から遡る

年中行事→城の公式行事→宮中から武家の姫へ→商品・庶民に広まる→娘の誕生を祝う→現代

 時代の変化と共に、民衆へと広がる歴史は順を追うと面白いですね!

雛人形はいつ飾るの?いつ片付けるの?

雛人形を飾る時期

お雛様を飾る時期は、立春の日(節分の日)以降で飾ることが多く、遅くても2月の中旬には飾るのが良いとされています。

2月は二十四節気と呼ばれる「雨水(うすい)」があり、雨水とは温かさで雪や氷が溶けて水になることで、昔から農耕準備を始める目安ともされています。

雨水の日は、年によって多少変化はしますが、概ね2月19日~3月上旬とされるので、飾る目安として覚えておくと良いと思います。

ただし、必ずしも飾り付けの日取りは決まっていませんので、長くお雛様を見たいというご家庭では、1月からなど早い時期から飾られています。

一番大事なのは気持ちですので、長く楽しむというのもおすすめです。

 

雛人形をしまう時期

雛人形を片づけるのは「啓蟄(けいちつ)の日」が良いとされています。

啓蟄の日とは、こちらも二十四節気のひとつで、毎年3月6日ごろとされています。ちなみに、2019年は3月6日ですが、地域によっては4月3日まで飾る場合もる為、習慣の確認をしておくのが良いいですね。

啓蟄とは、「啓」は「ひらく・開放する」といった意味があり、「蟄」は「冬ごもりのため虫が土に隠れる」という意味があり、「啓蟄」には「温かさで春の訪れを感じ虫が出てくる」という意味です。

雨の日に片付けると湿気を含んでしまう為、カビやシミの原因になります。啓蟄の日が雨だった場合は、天気の良い日まで待った方がいいですね。

片づけをする日取りに決まりはありませんので、あくまで目安にするのが良いです。

片づける際の注意点

■湿気を含ませないよう、天気の良い空気の乾いた日がベスト。

ポイント

羽根バタキなどで優しくホコリを払いましょう。髪や衣裳についたホコリは洋服用の柔らかい小型ブラシがおすすめです。

■片づける際に、直接手で触れるのは注意。

ポイント

人形の顔や手足などを直接触ってしまうと、シミがつくことがあるため布手ぶくろをして片づけましょう。

■包むときは柔らかい白紙で。

ポイント

強く包んだり、固い紙で包むのは型くずれの原因になります。また、ビニール袋で包んでは湿気がたまってしまうので、やはり柔らかい白紙がベストです。

■防虫剤を入れる場合は慎重に。

ポイント

雛人形の保管で注意すべきはカビと虫です。ただし、防虫剤は人形や台、道具など樹脂製のものが痛んでしまうケースもあります。「人形用のムシューダ」がオススメですよ。

■片づける場所は湿気がすくない高いところに。

ポイント

湿気はカビやシミ、変色の原因になります。押し入れや納戸に片づける場合は、上段に片づけることで防げますよ。

まとめ

毎年行う行事も意味を知って迎えるのは、感じ方も大きく変わるのではないでしょうか。

今では雛人形がないご家庭も多いと聞きます。雛人形は安い買い物では無いですからね(^-^;

しかし、親が子を思う気持ちから始まり、現代まで受け継がれて伝統行事になっていることを考えると、我が子の成長と健康を願い、存分に楽しみ祝ってあげたいですよね。