板橋花火大会2019の交通規制や駐車場は?有料席や穴場スポット5選を総まとめ!

荒川河川敷で行われる「いたばし花火大会2019」は埼玉県側の戸田橋花火大会と共催しています。

見どころはなんといっても東京都内で最大の尺5寸玉(15号玉)やワイドスターマインのナイアガラの滝、60回記念の有名花火師10人による芸術玉の競演でしょう。

会場は横に広く、公共交通機関を利用しても複数の駅からアクセスできます。

いたばし花火大会2019の交通規制や駐車場情報を紹介し、有料席や穴場スポット5選などの花火大会の詳細をお届けします。

「いたばし花火大会2019」の日程とスケジュール

いたばし花火大会は毎年8月第1土曜日におこなわます。

2019年は8月3日(土)です。

打ち上げ時間:19:00~20:30 荒天の場合は、8/4(日)に順延

打ち上げ場所:板橋区荒川河川敷

打ち上げ数:約12,000発

予想人出:52万人


*2020年は東京オリンピック期間に該当するため、2020年5月23日(土)の前倒し開催が決定しています。

会場までのアクセス

出典元:いたばし花火大会HP

電車の場合
 都営三田線 高島平駅、西台駅、蓮根駅  各駅より徒歩約20分
 JR埼京線  浮間船渡駅         徒歩約20分

バス
 東武東上線 成増駅、東武練馬駅より国際興行バス 各バス停(下記アクセス地図参照)より徒歩15分

いくつかのバス停は17:00以降休止になるので注意してくださいませ。(下記アクセス図参照)

車の場合
 公共交通機関の利用を推奨しています。

 

バスは時間通りの運行が難しい場合があるので、余裕を持って利用しましょう。

国際興行バス路線図

観覧する場所によって最寄り駅が異なるので注意してくださいませ。

 

有料席を利用する方
・陸上競技場 都営三田線西代駅より徒歩約20分

・プライムシート 都営三田線西台駅、蓮根駅より徒歩約20分

・S席 競技場エリア 都営三田線西台駅
   野球場エリア 都営三田線 蓮根駅、JR浮間舟渡駅より約20分

・A席 陸上競技場 都営三田線西台駅、蓮根駅より徒歩約20分 JR浮間舟渡駅より約20分

 

一般席を利用する方
  ・「1~4エリア」「野草広場」「芝生広場」 都営三田線 高島平駅
・ 「14~17エリア」「硬式野球場」「軟式野球場」 

JR埼京線浮間舟渡駅は大混雑するので、都営三田線「蓮根駅」への迂回をおすすめします。

ICカードのチャージを確認しておこう!

「いたばし花火大会」の交通規制は?

出典元:いたばし花火大会HP

会場周辺は17:00~22:00の間、車両乗入禁止区域になります。

河川敷近くには駐車場はありません。

駐車場情報

諸事情で車が必要な場合には、最寄り駅近くのコインパーキングを利用してくださいませ。

住宅街となっているので、ドアの開け閉めやアイドリングには十分に気をつけましょう。

専用駐車場

いたばし花火大会2019のための専用駐車場は設置されていません。

駐車場を選ぶ場合には、都営三田線の駅に対して河川と反対側が安心ですね。

交通規制の範囲外に当たる各駅付近の駐車場3選を紹介します。

 

《タイムズ蓮根》

24時間営業 収容台数:4台
全日 00:00-00:00 60分 200円 最大料金(繰り返し適用)08:00-19:00 最大料金700円 19:00-08:00 最大料金300円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

 

《東洋カーマックス西台第3》

24時間営業 収容台数:4台
【通常料金】全日 08:00-20:00 30分/100円 20:00-08:00 60分/100円 【最大料金】全日 入庫後24時間以内 700円 全日 20:00-8:00 300円

 

《タイムズ高島平第7》

24時間営業 収容台数:5台
全日 00:00-00:00 40分 200円 最大料金(繰り返し適用)08:00-18:00 最大料金800円 18:00-08:00 最大料金400円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

 

夏の暑さで外に駐車するのを嫌う方も多いでしょうが、帰りの渋滞を考えると、立体駐車場の中で渋滞になるよりは少し回避することができますよ♪

車内が高温になるので、クーラーボックスに物を入れておくのもよいでしょう。

車内の温度が高温になることも頭の隅に入れておこう!

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判は?

「いたばし花火大会2019」の見どころは?

東京で最大の尺玉が上がり、荒川の地の利を生かしたナイアガラの滝には見とれてしまうこと間違いありません。

1時間30分の夢のような時間を過ごすことができますよ♪

子供向けのキャラクター花火も人気です。

見どころポイント①【花火】

今年は60回記念という年にあたり、尺玉(10号玉)の6連発は初めてのことです。

尺玉の打ち上げ総数は60発で、対岸の戸田花火大会と合わせて110発の花火が豪華絢爛に夜空を彩ることでしょう。

日本の名花火師10人の芸術玉の競演はめったに見ることができません。

700mにわたるナイアガラの滝は関東最長で、さらに尺5寸玉が4発打上がることになりました。

見どころいっぱいで目が離せないでしょう。

見どころポイント②【有料観覧席】

画像:いたばし花火大会HP

陸上競技場
 フードコートの設置あり
・丸テーブル席 28,000円 4枚1組
・陸上競技場 イス席 3,600円 1枚から
・陸上競技場 グループ席 26,800円 8枚1組

 

プライムシート
 仕掛け花火の真正面
 プライムシート 5,000円 1枚ずつ

 

S席
・S席 3,100円 1枚ずつ WEB販売終了
・グループS席 24,800円

 

A席
・A席 2,600円 1枚ずつ WEB販売中
・ボックス席 10,400円
・芝生斜面 グループ席 20,800円 8枚1組
・グループA席 8枚1組

各席のイメージは「いたばし花火大会」ホームページから確認できます。

販売方法
①WEB(チケットぴあ)

②直接購入
 ・セブンイレブン
 ・チケットぴあ各店舗
 ・板橋観光協会(平日9:00~17:00)板橋情報ショリセンター 6F

③電話受付(24時間) 0570-02-9546 いたばし花火大会専用受付番号

 

チケット残数状況(WEB)7/9(火)現在

陸上競技場
①丸テーブル席 販売終了
②イス席 販売中
③グループ席 販売中

プライムシート 販売中

S席
①S席 販売終了
②Sグループ席 販売中

A席
①A席 販売中
②ボックス席 販売中
③芝生斜面 販売中
④グループA席 販売中

 

手頃な席がまだ残っていますね!

有料席の入場は17:00からになります。

音楽や花火の醍醐味を味わうならやっぱり有料席かな?

見どころポイント③【穴場スポット】

打ち上げ場所まで駅からの混雑は17:00頃からピークを迎えます。

人混みを見て少しためらってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

有料席のすぐ横から一般席の場所取りがされていきます。

芝生広場は音楽も届いて、花火がほぼ正面から見ることができるので一般席の中でも人気があります。

野草広場までいくと少しは混雑が減っているような印象を受けるでしょう。

当日の風向きに注意しようね♪かなり見た目に影響があるよ~

携帯電話が繋がりにくくなるので、待ち合わせ場所を事前に打ち合わせておこうね!

少し離れたところから、花火をゆっくり見たい方におすすめの穴場スポット5選を紹介します。

《浮間公園》

打ち上げ場所からは離れているので、音は届きません。

人はまばらで、花火をゆっくりと見たい方にはおすすめの場所です。

JR浮間舟渡駅は一番混雑する駅のため、終わったのちすぐに駅に向かえば混雑にも巻き込まれないで済みますよ!

《荒川土手》

/p>

有料観覧席や一般席のさらに先の方に向かうにしたがって人は少なくなっていきます。

ナイアガラや低い高さの仕掛け花火は見るのは難しいですが、尺玉はバッチリと見ることができます。

利用する駅も異なるので人混みに合うこともありません。

ゆったりと眺めるだけで満足の方にはおすすめの場所です。

《笹目橋》

笹目橋は土手の間をつなぐような小さな橋で、荒川にかかっているわけではありません。

立ち入り禁止のロープが張っている中に入らないようにしつつ、その外側からでも見ることができます。

少し違った角度から花火を見ることができるでしょう。

《紅梅公園》

打ち上げ場所から離れている位置にありますが、高台になっているため手前にある赤塚公園よりよく見える場所です。

駅から河川と反対側に出るため人混みから避けることができます。

《イオンスタイル板橋店(東武練馬店) 屋上駐車場》

17:00頃から整理券の配布があり、16:30にはかなりの行列です。

先着順で受け取れるので、利用ルールをよく守って花火を見ましょう。

店内で飲食物を購入して屋上から花火を眺めるのもいいですね!

トイレの心配がないので安心です。

小さなお子様連れの方に向いていますね!

見どころポイント④【屋台】

打ち上げ会場には10か所ほど売店があるが、ポツポツとした感じで並んでいて、一般席の方が数は多めに配置されています。

出店は、各駅からの途中にバラバラと点在していて、利用する駅によって出店の数が違うのかもしれません。

定番の食べ物から遊戯系のきんぎょすくいやヨーヨー釣りなどの出店も出ています。

どちらかといえば戸田橋側がまとまって出ているので、屋台を楽しむという雰囲気を味わうことができますよ♪

人混みで買うことができない場合も想定して、飲食物は会場に到着するまでに用意しましょう。

ウェットティッシュやゴミを入れるためのレジ袋を事前の用意しておくと便利!

スポンサーリンク

まとめ

荒川を挟んで反対側の戸田橋花火大会と共催で行っているため、どちら側からみても楽しむことができます。

名物の大玉花火から有名花火師の創作花火まで、夜空に輝く花火に「日本の夏」がぐっと近くなりますね!

駅へ向かう人たちは皆同じように花火を楽しみに集まってきたので、帰りは地元の方々に迷惑をかけないように、マナーよく静かに帰りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓