犬夜叉続編で殺生丸の嫁は誰?濃厚なのはりん?

『犬夜叉』は高橋留美子さんの人気マンガです。

その続編となる『半妖の夜叉姫』が制作され、今秋に放送されることが発表されました。

そこで気になるのが「殺生丸の嫁は誰?」ということですよね。

この記事では犬夜叉の続編「半妖の夜叉姫」の放送を前に殺生丸の嫁は誰なのか?について考察していきたいと思います。

犬夜叉続編!殺生丸の嫁は誰?

まずは気になる「半妖の夜叉姫」のあらすじです。

幼い頃、森の火事に巻き込まれ、離ればなれになった双子の少女、とわとせつな。とわは、時代樹の時空を越えるトンネルをくぐり抜け、戦国時代から現代へとタイムスリップ。かごめゆかりの日暮家の娘として育てられ、武道に長けた女子中学生に成長した。一方、戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀の下で妖怪退治を生業にしていた。もろはは、かごめと犬夜叉の娘。賞金稼ぎとして「しのもろは」の異名を取り、やはり妖怪退治に明け暮れている。

とわとせつなが別れ別れになってから、10年。時代樹の時空を越えるトンネルが再び開かれた。現代に現れたせつなと再会するとわだったが、せつなは何故かとわのことを忘れてしまっていた。せつなと共に、現代にやって来たもろはも加わり、とわたち「半妖夜叉姫」が、現代を、そして戦国時代を、縦横無尽に暴れ回る!

引用:http://hanyo-yashahime.com/

続編も期待が高まるストーリー展開になりそうですね!

犬夜叉続編の娘は誰?

「半妖の夜叉姫」の主人公は犬夜叉の子供「もろは」と、殺生丸の子供「とわ」と「せつな」の双子です。

この3人は妖怪と人間の血を引く半妖の少女たちなんですね。

犬夜叉の子供「もろは」は犬夜叉とかごめの娘だとはっきり書いてありますね!

「殺生丸の娘」と書かれていますが母親の名前は不明ですね。

「殺生丸ゆずり」とは書かれていますが、やはり母親の名前は書かれていませんね。

では、殺生丸の嫁は誰なのでしょうか?

  • 今までのストーリーを考えると殺生丸と最後までずっと一緒にいたのは「りん」である
  • アニメ終了時に「りん」はまだ子供だった
  • 「りん」が嫁だった場合、犬夜叉の娘と同い年なので矛盾がある
  • 「りん」に命の危機が迫った時に殺生丸が「りんの命と引き換えに得るものなど何も無い」というシーンが描かれている
  • ドラマCDでは殺生丸が「りん」に直接プロポーズとも呼べる言葉を贈っている

これらの事を総合的に考えると殺生丸の嫁は「りん」である可能性が高いのではないでしょうか。

犬夜叉の続編にみんなの反応は?

犬夜叉の続編「半妖の夜叉姫」が公開されると発表されて、世間の反応はどんな感じでしょうか?

やはり続編を楽しみにしている方が多数ですね。

では、気になる殺生丸の嫁については、どのような考察が多いのでしょうか?

嫁は「りん」だよね?という意見が多いですね。

でも、それではなんだか納得いかない・・・という声もありますね。

今までのストーリーを考えると殺生丸の嫁は「りん」であって欲しいと思っている人が多いようです。

でも、殺生丸の嫁が「りん」ということになると、つじつまの合わない点も出てきてしまうので、違うのではないか・・・という考察もありますね。

ドラマCDでは殺生丸が「りん」にプロポーズをしているという点も気になりますよね。

続編への期待の大きさからなのか、みなさん色々な考察をしていますね。

殺生丸の嫁は誰なのか、とても気になりますね。

本当のところはどうなのか、ストーリーはどうなのか、今からとても楽しみですね!

殺生丸の嫁はりん?まとめ

犬夜叉続編で殺生丸の嫁は誰?濃厚なのはりん?についてまとめてきました。

2020年秋に放送すると発表されてから考察が盛り上がっています。

世間の声を聞きつつ、自分でも予想していると、実際に放送を見る時の楽しみが倍増しますよね。

「殺生丸の嫁は誰?りん?」と考えながら秋の放送を楽しみにしましょう!