北國花火金沢大会2019の交通規制や駐車場情報をお届け!!有料席や穴場スポットの紹介も

北國花火金沢大会は、金沢の中心部で行われるため、県内外から大勢の観覧者が訪れます。

仕掛け花火やスターマイン、趣向を凝らした創作花火など約12,000発が夜空を豪華に彩ります。

中でも最後に打ち上げられる1,000発の連発花火は想像を絶する勢いに見とれてしまう事でしょう。

北國花火金沢大会2019の交通規制や駐車場情報を調べてみました。

人出が多いので、有料席や穴場スポット情報もお役に立てばうれしいかぎりです。

「北國花火金沢大会2019」の日程とスケジュール

打ち上げ日時:2019年7月27(土) 19:50~ 

荒天の場合は7/28(日)に順延

打ち上げ場所:大豆田本町の犀川緑地周辺(県営まめだ簡易グラウンド)

打ち上げ数:約12,000発

人出予想:非公開

会場までのアクセス

電車の場合

JR 金沢駅西口から徒歩20分
北鉄線 金沢駅より徒歩26分
JR金沢駅からタクシーで約5分

JR金沢駅西口⇔花火大会会場
石川県立野球場一塁側⇔花火大会会場
有料シャトルバスの運行あり 片道100円 小学生以下は無料
行き:17:45~19:35 帰り:花火大会終了後~22:00 (ともに随時運行)*2018年度情報

車の場合
北陸自動車道 金沢西ICからすぐ(西部緑地公園)

 

*2019年度の最新情報はHPより確認をお願いいたします♪

(6/22(土)現在)

今現在はまだ、新情報がアップされていないんだ!

スポンサードリンク

「北國花火金沢大会2019」の交通規制は?

*2018年度版

  • 若宮大橋交差点から大豆田大橋交差点 (18:30~22:00まで通行禁止)
  • 大豆田大橋交差点から元車交差点 (20:00~22:00まで禁止)
  • 入江・玉鉾・若宮神社前・南広岡交差点の区域 (関係車両以外、18:30~22:00まで進入禁止)
 

 

場所によって通行止め時間が異なるので注意してくださいませ。

車の場合には交通規制に注意しよう

スポンサードリンク

駐車場情報

金沢駅付近には駐車場が多くあります。

JR金沢駅より花火会場までシャトルバスが出ていますが、こちらのルートの方が混み合うでしょう。

《金沢駅付近駐車場》

 

《西部緑地公園》

800台が収容できてシャトルバスで会場まで移動できます。

街中の渋滞の緩和にご協力くださいませ。

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→akippaの口コミや評判とデメリットは?対応がスムーズな理由とは?

 

専用駐車場

北國花火金沢大会2019の有料駐車場は、550台分の用意があります。

利用するには事前申し込みが必要です。

問合せ先:北國新聞社事業部 076-260-3581

諸事情で車の利用が必要な方もいらっしゃると思うので、打ち上げ場所まで徒歩で行くことができて、交通規制範囲外の駐車場を一部紹介します。

《長田町付近駐車場》

場所によっては交通規制範囲内になる箇所があるので注意してくださいませ。

 

《名鉄協商金沢長田町駐車場》

24時間営業 収容台数:15台
全日 0時~24時 60分/100円 【最大料金】全日700円(入庫より24時間)

 

《リパーク金沢昭和町》

24時間営業 収容台数:7台
全日 00:00-24:00 30分/100円 最大料金 【全日】最大料金入庫後24時間以内700円 繰り返し適用あり
高さ2m、長さ5m、幅1.9m、重量2t

 

《名鉄協商パーキング 金沢玉川町》

24時間営業 収容台数:7台
土日祝 07:00-19:00 ¥500/全日 19:00-07:00 ¥300
幅:1.90m、長さ:5.0m、重量:2.0t、最低地上高:15cm

打ち上げ場所に行く途中の『金沢市芸術村』の広場は途中の休憩に便利です。

憩いの広場を利用すると、駐車場の利用が可能です。

花火の穴場スポットともいわれているので早めに入って駐車場を確保し、芝生で休憩はいかがでしょう!

天気しだいですね。

頭の隅に入れておいてくださいませ。

入口の場所によって閉門時間が異なります。

広い駐車場があるので、空いていればラッキーですね!

→akippaの口コミや評判とデメリットは?対応がスムーズな理由とは?

花火鑑賞だけではだめですよ!
施設利用者のための駐車場です。

「北國花火金沢大会2019」の見どころは?

花火を河川のグラウンドから見上げるのが最高に綺麗です。

仕掛け花火や連発花火が夜空に舞う光景に日常を忘れさせるぐらいの勢いがあります。

県外からわざわざ見に来ることにも納得しますね♪

見どころポイント①【花火】

趣向を凝らした花火や県内外の花火師たちが腕を競う芸術花火の数々に圧倒されます。

フィナーレの1,000発の連発打ちには目が釘付けになりますよ!

スターマインの大瀑布も期待以上の豪華さです。

花火師さんたちが技術を競う花火をドンドン打ち上げるので絢爛豪華

見どころポイント②【有料観覧席】

*2018年度版

有料席

いす席 1名 2,000円
プラチナ席 1名 3,000円(ソフトドリンク付き)
ペアシート席 2名 4,000円
テーブル席 5名 6,000円

1,000円を追加すると、近くの駐車場の利用ができます。

 

6/22(土)現在、まだ最新情報が出ていません。

希望される方はこまめにWEBのチェックを行いましょう♪

 

見どころポイント③【穴場スポット】

少し場所は離れますが、ゆっくりと見ることができる穴場スポットを一部紹介しましょう。

お子様連れの方などはご検討くださいませ。

 

《石川県庁19階展望室ロビー》

東方向からよくみえますが、高さがある分低い花火はみえません。

冷房が効いていてトイレの心配がないのは安心ですね♪

花火大会の日は花火終了まで展望室は営業されて、喫茶コーナー(~19:30まで)や自動販売機もあります。

駐車場は無料で、60台の収容数です。

金沢駅西口から15分間隔で路線バスが出ています。

小さなお子さんがいる方にはとてもおすすめですよ!

 

《アピタ金沢》

立体駐車場の5Fの横か屋上からよく見ることができますが、低い花火はみえません。

ショッピングモールなのでトイレを心配することもなく、飲食物もその場で調達することができるので、持ち物を沢山準備しなくてよいのがいいですね!

立体駐車場は無料で、1,300台の収容ですが、正面のバーが設置されている平面駐車場は有料になるのでご注意くださいませ。

お店の駐車場なので、マナーよく観覧しましょう♪

 

《大豆田大橋》

打ち上げ場所のグラウンドで見る方が多いのですが、大豆田大橋から直接眺めるのも良いですよ。

正面は河川なので目の前を遮るものはありません。

橋自体は車の通行を止めていないので、歩道から出るようなことはしないように注意してくださいませ。

 

見どころポイント④【屋台】

屋台は簡易グラウンド内に多く出ています。

午前中から営業しているお店もあるので、場所取りがてら屋台を廻るのもいいですね。

シートを敷いたまま誰もいなくなると撤収されてしまうことがあるので、交代で動いた方がよいでしょう♪

天気によっては、飲料水を多めに準備して熱中症の予防を心掛けましょう。

虫よけ、日焼け止め、虫刺されの薬は必需品ですよ♪

まとめ

金沢の街は兼六園をはじめ見どころスポットが沢山あります。

観光で訪れるのであれば花火だけではもったいないので、昼間の時間を有効に活用しましょう。

暑い時期ですので水分補給はこまめにして、花火を見に行く準備もしっかりと整えてくださいませ。

夏の夜空のすばらしい花火の競演に暑さもいっとき飛んでいくでしょう!