広島みなと夢花火大会2019の交通規制や駐車場情報は?有料観覧席や穴場スポットも紹介!

広島県で人気No.1の花火大会です。


別のタイトル「~花火ミュージアム」とついています。

数多くの種類の花火が上がることでしょう。

7月最後の週末で、夏本番の到来です。

豪華な花火を見て、暑い夏が少しでも涼しさを運んでくれることを期待します。

広島みなと夢花火大会2019の交通規制や情報を調べてみました。

有料観覧席や穴場スポットなど他の角度からも情報をお届けします。

「広島みなと夢花火大会」の日程とスケジュール

*打ち上げ場所地図

開催日時:2019年7/27(土) 20:00~21:00 雨天の場合は中止または延期

打ち上げ数:10,000発

打ち上げ場所:広島港1万トンバース沖

オープニングイベント
19:00~19:40 宇品波止場公園 広島特設会場

会場までのアクセス

電車の場合

広島電鉄宇品線海岸電停から徒歩15分

☆JR広島駅から有料シャトルバス(花火大会会場入口まで240円)運行予定(2018年度情報)

車の場合

広島高速3号線仁保JCTから(17:00以降は交通規制範囲内になります)

カーナビ設定:宇品名鳥羽公園

 

主催者側は公共交通機関の利用を推奨しています。

スポンサードリンク

「広島みなと夢花火大会」の交通規制は?

*2018年度版

17:00~23:00まで交通規制され、歩行者天国です。

広島高速3号線の宇品出入口と出島出口は通行止めになります。

 

車で近くまで来たい場合は早めにね!
交通規制が遅くまでかかるので駐車場所に注意しよう

スポンサードリンク

駐車場情報

*広島駅周辺駐車場

シャトルバスを利用するつもりでいる場合には、駅周辺の駐車場が便利です。

中でも広島駅前の福屋の11Fからは眺めもよく花火も綺麗に見えます。

移動しないで見たい方にはおすすめです。

専用駐車場

*皆見2丁目付近駐車場

広島みなと夢花火大会の専用駐車場はありません。

出来るだけ近くまでいって、広島電鉄宇品線を利用してみてはいかがでしょうか。

花火大会の会場まで少しでも歩く距離を短くしたいですね♪

皆見町6丁目または広大付属学校前駅を利用する前提で、近くのコインパーキングを一部紹介します。

《あなぶきパーク皆見町第4》

24時間営業 収容台数:7台 フラップ式
8:00~20:00 40分/100円 20:00~8:00 60分/100円
土日祝昼間最大料金 8:00~20:00 400円

《リパーク広島皆見町6丁目》

24時間営業 収容台数:5台
全日 08:00-20:00 40分/100円 20:00-08:00 60分/100円 20:00-翌8:00以内 最大500円
※最大料金は繰り返し適用
高さ2m、長さ5m、幅1.9m、重量2t

《リパーク広島皆見町5丁目》

24時間営業 収容台数:8台
全日 08:00-20:00 60分/100円 20:00-08:00 60分/100円
最大料金 【全日】8:00~20:00以内 最大料金600円 【全日】20:00~8:00以内 最大料金200円 *最大料金は繰り返し適用
高さ2m、長さ5m、幅1.9m、重量2t

帰りの電車も混み合うかもしれませんが、途中下車で少しは楽になるのではないでしょうか。

広島駅付近も駐車場が多くありますが、意外と途中のコインパーキングは空いているかもしれませんが、台数が少な目のため早めの確保をおすすめします。

予約システムがありますので、車の来場となる方は事前予約をしましょう。

駐車場予約なんて便利~
知らない土地に出かけるときは頼もしいよ♪

「広島みなと夢花火大会」の見どころは?

人出が40万人を超える花火大会となる秘訣はどこにあるのでしょうか。

花火の前にイベントが開催されるのも一つの理由かもしれません。

打ち上げられる花火の美しさに魅了されている人々が大勢いることの証でしょう。

見どころポイント①【花火】

大会のもう一つのコンセプト「花火ミュージアム」ということで、珍しい花火も見ることができます。

花火競技大会で受賞した花火師たちの競演の花火があがったり、スターマインや水中花火、メモリアル花火も打ち上げられます。

花火でメッセージを伝えるのも粋でいいものですね!

 

見どころポイント②【有料観覧席】

有料観覧席は一般チケットとしては、販売はされていません。

個人協賛者として花火の打ち上げ申し込みが必要です。

申し込みは6/1(土)から受付開始されてすでに申し込みは終了しています。

チケットは小学生以上は必要で、未就学児は膝の上に抱っこすることになります。

参考までに場所と料金を紹介します。

  • 区分A 桟敷席 定員6名 一口18,000円
  • 区分B ベンチ席 定員3名 一口8,400円
  • 区分C 芝生席 1名 一口2,400円
  • 区分D 1万トンベース 1名 一口 600円

一人当たりの申し込み口数の制限がA及びBは2口、C及びDは15口です。

芝生席や1万トンベースの席からはイベントは見づらいです。

 

当選の方には連絡がメールやはがきでくるので、当たるといいですね!

座席指定はありません。

ペットは補助犬以外は入場禁止です。

無料の一般観覧席が隣にあり、臨場感はバッチリです。

打ち上げ場所前とあって、場所取りは少なくとも17:00には到着していないとすぐに埋まってしまいます。

 

見どころポイント③【穴場スポット】

人が多いのが苦手な人のために、穴場として見ることができる場所を一部紹介しますね!


《広島みなと公園》

一万トンベースは入場制限がかかる場合があります。

打ち上げ場所からあまり離れていなく、トイレ設備もあるので、十分満足のいく穴場スポットです。

公共交通機関も便利なのでおススメですよ♪

 

《ひまわり大橋》

距離はありますが、海上からの打ち上げで遮るものはないので、ゆっくり見たい人にはおすすめです。

交通規制に影響されることもないですが、きちんと駐車場に入れて眺めましょう。

路上駐車はダメですよ。 マナーはきちんと守りましょうね♪

 


《黄金山》

夜景と花火が同時に見ることができるスポットです。

山に登る入口から展望台にかけて交通規制がかかるので徒歩で登ることになります。

足元を照らす懐中電灯を忘れないようにしましょう。

登る時はまだ明るいかもしれないけど、帰りは暗いので注意しよう!

 

《ゆめタウン広島》

ショッピングモールの屋上です。

駐車料金は有料ですが、小さなお子様連れの方にはトイレの心配もなくおすすめです。

人出が多いので迷子にならなくても済みますね!

花火見物の方のために、お店が椅子を用意してくれています。

お店側の配慮に感謝しつつ、何かお買い物しましょうね!

見どころポイント④【屋台】

お昼頃から21:00ぐらいまで屋台が出ています。

一般的な屋台はそろっていて、さらに通常のお店が出店として出ています。

場所取りをしてお腹も満たしておくと花火に集中できますよ♪

飲み物は十分に用意しよう!
熱中症対策も忘れないように♪

スポンサーリンク

まとめ

 

花火とともにイベントが開催される広島みなと花火大会です。

海上から打ち上げる花火は遠くからでも高い建物に遮られない限りよく見ることができます。

打ち上げ場所近くで迫力を感じるのもよし、高い場所から見上げるのもいいでしょう。

夏の花火はやはりいいですね!

夏だ!という気持ちにさせるとともに解放感を感じますよ♪

JR広島駅からは距離がありますが、交通機関を工夫して乗りましょう。

一夜の豪快な花火をじっくりと楽しんでくださいませ。