飛行機はすっぴんが乾燥を防ぐ?化粧したままは?化粧を落とすタイミングや座席で化粧はできる?

 
スポンサーリンク
 

飛行機での長時間の移動、化粧は落とせばいいのかそれともすっぴんがいいのか悩みますよね。

 

化粧をしたまま長時間過ごすと乾燥から肌がかゆくなったり顔がテカテカになったりするし最悪…。

 

「どうしてもすっぴんになりたくない!」

「すっぴんになったとして座席で化粧はアリなの?」

 

機内でのおすすめグッズや保湿方法など分かりやすくご紹介していきます!

機内の乾燥防止にはすっぴんがいい?

機内は湿度や気温が低く設定されているので当然肌も乾燥します。

 

化粧をしたままで長時間過ごしてしまうと、皮脂が過剰に分泌されて化粧崩れはおろか吹き出物や肌荒れのオンパレードになってしまいます。

 

乾燥からくる肌トラブルを防ぐためにも化粧は落とすのがベストでしょう。

化粧したままではどうなる?

「化粧をしたまま睡眠をとるのは汚い雑巾を肌に乗せているのと一緒。」

「メイクをしたまま長時間過ごすことと肌が5歳老ける。」

 

きっと女性なら一度は聞いたことがある言葉ですよね…。

 

長時間化粧をしたままでいると化粧品に含まれる成分が酸化し、肌表面の角質をゴワゴワにしてしまいます。

 

ゴワつくどころかくすみも発生しますし、その行為を繰り返すことでたるみにもつながるのです。

 

おまけに肌表面に雑菌が繁殖し、お肌が吹き出物の巣窟と化します。

 

化粧をしていて肌がうまく呼吸できず毛穴が詰まったままになってしまい、色素沈着を起こしてしまうことも…。

 

化粧をしたままだと恐ろしいことだらけですよね…。

 

機内だけではなく、日頃からしっかりとクレンジングをすることが肌にとって大切です!

スポンサードリンク

メイクを落とすタイミングは?

では化粧を落とすタイミングはいつなのか?

おすすめグッズも合わせてご紹介します!

搭乗前 

 

一番お肌にいいのは飛行機に乗る前に落としてしまう方法です。

 

出国手続き後の搭乗待ちの間であれば時間に余裕がありますし、何より広い水場でクレンジング・洗顔を行うことができます

 

機内のトイレで化粧を落とすとなると長い時間トイレを占領してしまい、周りに迷惑がかかってしまいますし、あまり広くはないのでどうしても洗い残しが出てしまいます。

 

大きい鏡を見ながらのスキンケアも行えますし肌のことを考えるとベストな方法です。

 

しかしこちらの方法だと長時間すっぴんでいることになります。

「どうしてもすっぴんにはなれない!!!」

そんな時ってありますよね。

 

そんなときは長時間の化粧も耐えられるコスメたちを使っちゃいましょう!

 

【10000円以上で本州・四国送料無料】サナ 素肌記念日 フェイクヌードクリーム クリアヌードピンク 30g[常盤薬品工業]

価格:1,019円 (2019/5/7 22:34時点)

素肌記念日のフェイクヌードシリーズのCCクリームです。

カバー力も期待できるとの口コミを見かけますのでこれ一つでも良さそうですが、他にもコンシーラーやパウダーも同じラインで揃えることができます。

 

 

リップまで揃えられれば血色感も補えて完璧ですよね!

 

エトヴォス(ETVOS)公式ショップ 河北裕介×エトヴォス コラボアイテム【第五弾】繊細な透け感で彩る上品でナチュラルな血色感「ミネラルクリアリップ&チーク」【etvos】【30日間返品保証】

価格:3,780円 (2019/5/7 22:36時点) 感想(19件)

肌へ優しいイメージが定着しているETVOSのリップアンドチークです。

こちらもクレンジング不要、石鹸で簡単に落とせます。

 

 

カラー展開も可愛く、発色も色っぽい透け感があってブラボーですね!

 

搭乗後

搭乗後に化粧を落とす場合は食事の後に落とすのがおすすめです。

 

食事が終われば機内がバタつくこともありません。

睡眠に向けて機内の照明もだんだんと暗くなっていきますので、すっぴんでもあまり目立ちませんし比較的落ち着いて化粧を落とせます。

 

機内のトイレは数が限られており、なおかつ狭いので化粧落としには向いてません。

 

座席でささっと落とせるものがいいですよね。

 

ビオデルマ サンシビオ エイチツーオー D 正規品(100mL)【ビオデルマ(BIODERMA)】

価格:1,296円 (2019/5/7 22:38時点) 感想(4件)

そこでおすすめなのがBIODERMA(ビオデルマ)。

これひとつでメイク落とし、洗顔、保湿までできちゃいます。

 

あらかじめコットンに染み込ませて機内へ持ち混むのもアリですが、ミニサイズをそのまま持っていくのもおすすめ。

 

 

その他保湿にニベアやパック、保湿スティックを使うとさらに乾燥を防止できまるのでおすすめです!

 

しっかりと乾燥を防ぐことで次の日の化粧ノリも全然違いますよね。

ロングフライト中でも保湿は抜かりなくやっておくことで旅行がもっと楽しくなります!

 

注意

液体物は100ml以下の容器+ジッパーつきの透明容器(たてよこ合計40cm以内)に入れて持ち込むことが義務付けられておりますので注意しましょう! 

 

スポンサードリンク

座席で化粧はマナー違反?

 

目的地に到着したら今度は化粧…ですが座席で化粧するのってマナー違反なのでしょうか?

 

ネットの口コミを見ていると化粧の粉が飛んできていやだ」「においが気になる」など批判的な意見もあるものの「気にしない」「迷惑にならないのであればいい」などの声もあります。

 

確かに化粧していると気がつかないこともありますが、化粧品には香料が含まれているものも多くありますので注意が必要かもしれませんし、粉とびするファンデーションもあったりするので周りへの配慮が必要です。

 

公共の場ですので、フルメイクは控え、保湿や日焼け止め、ポイントメイクまでにとどめておくのがベストでしょう。

まとめ

機内の乾燥のせいで次の日の化粧がきまらないと気分ものらないですよね。

 

中には体調を崩してしまう方もいるので、マスクをするなどメイクだけでなく体調も労わることが大切です。

 

しっかりと保湿をして旅行をめいっぱい楽しんじゃいましょう!

 

スポンサーリンク