半沢直樹2動画を1話から無料視聴する方法!dailymotionでも見れるの?

半沢直樹2も期待通りの出来栄えで毎週日曜日が楽しみですね。

しかし、動画を見たくてもdailymotionなど、たとえ無料でもリスクを考えたら使いたくないわけで・・・。

そこで安心できるサービスがParaviです。

半沢直樹がシーズン1~シーズン2まで、全て見放題で配信中!

\シーズン2を1話から振り返りたい!/

/シーズン1からフル動画見放題

半沢直樹2の動画を無料視聴する方法

半沢直樹はParaviで配信中です。

Paraviなら半沢直樹2の放送に伴い、9/20からシーズン2の配信が解禁されました!!!

選ぶならいつでもどこでも楽しめるParaviがおすすめです♪

\シーズン2が0円視聴解禁

↑1話からフル動画視聴はParaviだけ

半沢直樹2の動画視聴はParaviがおすすめ

Paravi◎独占配信
TSUTAYAディスカス〇レンタル(シーズン1のみ)
U-NEXT×
FODプレミアム×
Hulu×
dTV×

※2020年9月時点の配信状況

念のため大手の配信状況を確認しましたが、やはり半沢直樹を配信するのはParaviだけでした!

スマホでも手軽に視聴するならParavi一択ということ。

TBS作品はParavi独占配信なので、他のサービスを待っても配信されることはありません。

しかも!!

番組公式で推奨するサービスだけあって、過去のTBS人気ドラマが見放題で楽しめます!

  • 半沢直樹シーズン1(全話)
  • 半沢直樹シーズン2(全話)
  • 半沢直樹スピンオフ(吉沢亮主演)
  • 半沢直樹2ダイジェスト&次回予告

今ならParaviの2週間無料体験を使って、こちらが見放題です!

2週間以内の解約なら一切料金は発生しません。

解約ページがシンプルで複雑に退会抑止してくるサイトと違い、解約は30秒もあれば十分です。

国内ドラマの配信数はParaviがナンバー1ですよ♪

Paraviで半沢直樹を視聴はこちら>>

 

Paraviの特典
  • 2週間の無料体験あり
  • オリジナルストーリーも配信
  • ディレクターズカット版も配信
  • TBS作品が見放題
  • 1本無料のレンタルチケットが貰える
  • 1契約で5人が利用可能!

2週間無料お試し出来るなら使わない手はありませんよね!

それだけ自信のあるサービスということですよね♪

今すぐParaviで半沢直樹を視聴する>>

Paraviで配信するドラマ

  • MIU404
  • 私の家政夫ナギサさん
  • テセウスの船
  • 恋はつづくよどこまでも
  • 凪のお暇
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • グランメゾン東京
  • ノーサイドゲーム
  • 下町ロケット
  • 花のち晴れ
  • わたし定時で帰ります。
  • 初めて恋をした日に読む話

2020年9月時点

日曜劇場や火曜、金曜で話題になった人気作品が見放題です。

地上波で見れなかったシーンを含むディレクターズカット版の配信も多いので、もう一度見る方も楽しめます。

※最新の配信情報は公式サイトで確認

半沢直樹2の動画はdailymotionでも見れるの?

国内ドラマの動画を無料視聴するなら、dailymotionやPandoraと言われた時代もありますが、現在は著作権が厳しく管理されており無料アップロードサイトでは配信されていません。

  • YouTube
  • pandora
  • 9tsu
  • dailymotion
  • miomio

このようなサイトが目立ちますが、そもそも著作権を無視して投稿する時点で違法行為なので、規制されるのも当たり前のことです。

しかし、それでも配信されることがありますが、個人情報流出・ワンクリック詐欺・ウイルス感染のリスクもあるので、安易にクリックするのはおすすめできません。

注意喚起だけでなく違法動画の怖さが分かるので、一度目を通すと良いかと思います。

通報用サイトも数多く解説され、いつ通報されるかわからない違法動画は、見る側にも処罰が絶対ないとは言えません。

個人情報を流出してからでは遅いので注意しましょう。

半沢直樹2の作品概要

【概要】

2020年、TBS日曜劇場にあの「半沢直樹」が帰ってくる!

平成30年間のドラマで最終回42.2%という過去最高の視聴率を記録。

モンスタードラマが令和に帰ってきた!

新たなフィールド半沢直樹の倍返しが見どころ!

  • 放送開始:2020年7月19日(日)
  • 放送時間:21時~
  • 放送局:TBS
  • 話数:全10話予定

出演キャスト・スタッフ

出演キャスト役名役柄
堺雅人半沢直樹東京セントラル 営業企画部 部長
賀来賢人森山雅弘東京セントラル 営業企画部 調査役
今田美桜浜村瞳東京セントラル 営業企画部
益岡撤岡光秀東京セントラル 社長
池田成志諸田祥一東京セントラル 営業企画部 次長
角田晃広三木重行東京セントラル 営業企画部
北大路欣也中野渡謙東京中央銀行 頭取
三笠洋一郎吉田新太東京中央銀行 副頭取
香川照之大和田暁東京中央銀行 取締役
市川猿之助伊佐山泰二東京中央銀行 証券営業課 部長
及川光博渡真利忍東京中央銀行 融資部
丸一太苅田光一東京中央銀行 情報システム部
小久保寿人野崎三雄証券営業部 次長
片岡愛之助黒崎駿一検査局 主任検査官
尾上松也瀬名洋介Spiral 社長
土田英生平山一正電脳雑技集団 社長
南野陽子平山美幸電脳雑技集団 副社長
今井朋彦玉木克夫電脳雑技集団 財務担当
戸次重幸郷田行成fox 社長
山崎銀之丞広重多加夫大洋証券 営業部長
上戸彩半沢花半沢直樹の妻
井川遥智美小料理屋 女将

 

  • 原作:池井戸潤
  • 脚本:丑尾健太郎
  • 演出:福澤克雄・田中健太・松木彩
  • プロデューサー:伊與田英徳・川嶋龍太郎・青山貴洋

半沢直樹2のあらすじ【1話~最終話】

半沢直樹 1話あらすじ

東京セントラル証券に出向し営業部長として働く半沢直樹ですが、取り扱う案件はどれも小さなものです。

そんな時、東京セントラル証券のプロパー社員・森山が担当している大手IT企業「電脳雑伎集団」が、IT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出てきました。

その買収にかかる費用はおよそ1500億円

久々の大型案件に社員の士気も上がりますが、諸田は契約を取ってきた森山をプロジェクトチームから外し、出向組でチームを作ってしまいます。

しかし、仕事のできない出向組ではよい買収案を出すことができず、さらに諸田が連絡を怠っていたため電脳雑技集団から契約を一方的に破棄されてしまいました。

急な契約破棄の申し出に何かあると感じた半沢は、渡真利に探りを入れます。

すると東京中央銀行で1500億円の融資案件が動いているという情報を知ることになりました。

電脳雑技集団はひた隠しにしていましたが、実は東京中央銀行が子会社である東京セントラル証券の契約を横取りしたということが発覚。

そして、セントラル証券に契約情報を横流しをした裏切者がいるということも・・・。

そして電脳雑技集団は、時間外取引を使い東京スパイラルの株を30%購入。

まさに”乗っ取り”を仕掛けてきた卑怯な手に、東京スパイラルの社長・瀬名も怒りを隠せません。

森山と半沢は社員たちに「パソコンの中身を抜き打ちで確認する」という情報を流し、犯人をあぶりだしました。

抜き打ちで確認する前に、メールを削除しにきたのは出向組の三木です。

三木は半沢を潰そうとしている東京中央銀行の証券営業部部長・伊佐山に送ったメールを削除しにきたのです。

その指示を送ったのは、諸田でした。

半沢はそのメールをプリントし諸田と伊佐山につきつけますが、伊佐山は知らないとしらを切ります。

伊佐山は諸田から情報を聞きつけ、東京中央銀行にある受信サーバーの全てのデータを削除していました。

諸田が伊佐山に情報を横流ししていたという決定的な証拠をつかむことができなかった半沢。

「やられたらやり返す、倍返しだ!」半沢の下剋上が始まります。

半沢直樹 2話あらすじ

東京中央銀行に復讐を誓う半沢ですが、再度電脳雑技集団に買収案を持ち込むものの突き返されてしまいました。

一方森山は、なんとか旧友の窮地を助けたいと願い、買収の防衛策を練ります。

その願いが瀬名に届き森山は半沢と共に大洋証券が出してきた買収防衛策のセカンドオピニオンとして同席することになりました。

大洋証券が出してきた防衛策は、新株購入により電脳雑技集団の持つ30%の株の割合を下げるという方法です。

必要な資金はおよそ1千億。

新株購入に名乗り出た”ホワイトナイト”は瀬名が尊敬する起業家「フォックス」の郷田社長でした。

明るい兆しが見えたと思う反面、半沢は違和感を覚えます。

その違和感とは「フォックスの業績は芳しくない」ということ。

近年業績が右肩下がりのフォックスに、一千億もの融資をする会社があるとは思えません。

フォックスに融資しているメインバンクが東京中央銀行だと知り、半沢はますます疑惑の念を大きくします。

そこで渡真利、三木に探りを入れ、東京中央銀行とフォックスの繋がりを明らかにしようとしました。

翌朝、新株発行の契約は朝8時。

時間になっても違和感を裏付ける証拠をつかむことができないままでしたが、間一髪のところで渡真利から連絡が。

そして三木がスパイラル買収案の内部資料を入手しました。

渡真利と三木の活躍により、電脳雑技集団、東京中央銀行、フォックス、そして大洋証券により、スパイラル買収計画が進められていたことを裏付ける証拠をつかんだ半沢。

東京中央銀行は、新株購入したフォックスを電脳雑技集団が買収することで、スパイラルの50%以上の株を購入するという作戦を立てていたのです。

契約をする前に明らかにすることで、スパイラルは会社を失わずに済みました

その後、東京中央銀行に呼び出され、子会社が親会社に立てついたことを咎められますが、半沢はスパイラルとアドバイザー契約を結んでいたことを告げます。

これは正当な仕事だと告げる半沢に、東京中央銀行は「もう手加減はしない」と宣戦布告をしたのでした。

半沢直樹 3話あらすじ

正式にスパイラルのアドバイザーとなった半沢たちは、電脳の買収に立ち向かうため、フォックスの”逆買収”を持ち掛けます。

まず半沢は、裏ルートからフォックスが経営難である情報をマスコミにリークし、株価を大暴落させます。

スパイラルでも手の届く株価にすることに成功します。

しかし、セントラル証券に監査委員会が入り、絶対絶命のピンチに。

先日リークされたフォックス経営難のニュースは、半沢が不当に入手した情報ではないかと疑惑を持たれたためです。

フォックスの経営情報を持っている事が知られたら、セントラル証券は営業停止処分を受け、スパイラルを助けられません。

半沢は社長と自分しかしらない鉄壁のクラウド「隠し部屋」にその情報を入れます。

しかし、監査委員会として乗り込んできた因縁の相手・黒崎はなぜか隠し部屋の存在を知っています

半沢はスパイラルの瀬名に連絡し、隠し部屋の作成者である天才プログラマー・高坂に遠隔でファイルを消してもらうよう頼みます。

黒崎は「パスワード解説ツール」を使い隠し部屋にあるファイルを見つけ出そうとします。

パスワード解析ツールを利用することにより、ファイルはあと30分ほどで開けられてしまいます。

高坂は必死に半沢のファイルに潜り込み、隠しファイルを開く前にファイルを削除することに成功。

窮地を脱した半沢たちですが、社長がシュレッダーにかけた「フォックスの逆買収案」が見つかってしまいます。

セントラル証券は再び営業停止の危機に。

半沢は瀬名の元にいた森山に「スパイラルとフォックス、お互いの未来を見据えた提案をしろ」と助言します。

ついに書類が復元され、黒崎は営業停止処分を言い渡そうとしますが、フォックスの郷田が入室します。

郷田は、フォックスの経営情報は自分が渡したものであり、その情報をどう使っても構わないと承諾していた、と嘘をつき営業停止は免れました。

フォックスとスパイラルは友好合併に成功。

合併は緊急報道され、瀬名が株価を吊り上げるために”サプライズ”として合併に協力する友人を紹介しました。

その友人とはIT企業の世界的な大物、マイクロデバイスのCEO・ジョンハワードです。

彼は2社の事業におよそ3億ドルの融資をすると宣言し、株価は急上昇!

電脳のスパイラル買収を食い止める大きな足掛かりとなりました。

そんな中、メンツをつぶされたくない東京中央銀行は、異例の500億円の追加融資を行う動きがでていました。

資金力で勝てないセントラル証券は、またもや窮地に立たされます。

半沢は、電脳の財務担当・玉置の父親が経営していた会社に目をつけ、玉置を呼び出しますが、そこに現れたのは電脳雑技集団の社長夫妻でした。

半沢直樹 4話あらすじ

電脳雑技集団の玉置に会おうとしていた半沢でしたが、呼び出した先に現れたのは玉置ではなく電脳の社長夫妻でした。

半沢は玉置の会社を訪れ直接話を聞きますが、玉置は電脳の社長夫妻に父親が生み出した技術の特許権を奪われているため言いなりになるしかありませんでした。

半沢は玉置が特許権を取り返すため、玉置の父親の会社を支援してくれる企業を見つけるのですが、伊佐山の差し金で出資を阻止されてしまいます。

明日の役員会議までに電脳の不正(特許権を不正に取得していること)を暴かなければ、電脳に追加融資が決まり、スパイラルが買収されてしまいます

半沢は因縁の相手・大和田に話しを持ち掛け、協力するように言います。

大和田もまた、伊佐山に利用され出世の道を閉ざされてしまっていたのでした。

ついに役員会議当日、追加融資が決まろうとしていた時に大和田が苦言を呈し、自分の代弁をしてくれる人物を呼んだと言います。

そこに招き入れられたのは半沢で、電脳には東京中央銀行に隠している事実があると話し始めます。

実は電脳の業績は赤字で、粉飾決済をしていました。

黒字経営のスパイラルを買収することで、隠れ蓑にして誤魔化そうと考えていたのです。

しかし役員はデタラメな話なのではないかと納得しません。

半沢はその裏付けである電脳の裏帳簿を提出しました。

半沢は、大和田のコネを使い玉置の会社へ出資してくれる企業を見つけ出したことで、玉置を味方にし、電脳の裏帳簿を入手することに成功。

さらに裏帳簿を持った森山が電脳に乗り込み、社長夫妻の証言も手に入れました。

そこで、裏帳簿に三笠副頭取へ個人的に出資している形跡も発見。

全ては三笠副頭取による差し金だったのです。

半沢は一連の流れを明らかにしたことが評価され、銀行に戻れることになりました。

そこで頭取から言い渡されたのは「帝国航空の再建」です。

東京中央銀行は、帝国航空へ700億円の融資をしていますが、赤字続きのため債権を回収できずにいました。

そのため、帝国航空の再建を任されたのですが、とんでもなく困難な超大型案件であることが明らかになります。

国土交通大臣の白井 亜希子議員が、半ば強引に全ての銀行に借金を帳消しにしするよう要請したのです。

このままでは、東京中央銀行は大金を失うことになります。

半沢は国家権力に立ち向かえるのか?

半沢直樹 5話あらすじ

政府の強引な政策が試行されれば、500億の損失をだすことになる東京中央銀行

白井議員は、政府独自に「タスクフォース」というチームを作り、横暴に政策を推し進めようとしていました。

半沢は帝国航空を観察し、立て直しが可能か判断しますが、問題が山積みでとても立て直せる状態ではありません。

しかし、社員の熱意は失われていないと感じたことから、帝国航空の自力再建に賭けて動き出すことにしました

半沢たちは再建案を作り上げましたが、不正メールで再建案が漏れてしまいます。

しかも、役員の待遇はそのままで、社員のみに不利益が被るように改ざんされた悪意あるものでした。

半沢は、帝国航空の社員説明会の前に誰がメールを流出させたのか確かめるために、スパイラルの瀬名に協力を依頼しました。

メールの送信先が丸岡という人物であることを知った半沢は、丸岡の会社がある伊勢に向かいます。

そこでは、箕部幹事長と白井議員による新生議員の激励パーティが行われていました。

そのパーティ会場には、メールの発信者である丸岡と、帝国航空の役員である永田の姿が。

メールの発信者と永田に繋がりがあったことから、永田の行動を調べていた時、大和田から呼び出しがかかります。

呼び出された場所にいくと、議員である永田の兄から再建案についてのクレームが入り、半沢たちを妨害してきたのでした。

さらに、白井議員が帝国航空に乗り込んできて、政府の案に従うよう圧力をかけてきたのです。

帝国航空の社員説明会。

社員の反発のなか、半沢は「本当に責任を取るのは再建案をリークし不正に流出させた人だといい、永田と丸岡がタクシーに乗っているドライブレコーダーの映像を流しました。

そこに流れていたのは永田と丸岡が親密にしているシーン。

その後半沢が丸岡と接触し、不正メールを永田の指示でやったという証言も入手。

それだけでなく、永田が長年に渡り帝国航空のお金を不正に流出させていた証拠を突き付けました。

半沢は、帝国航空に一番不要なのは永田だと追い出し、社員たちに「どうか腹をくくってほしい」と頼みます。

その後タスクフォースに乗り込み、債権放棄を拒否すると宣言。

国家権力との真っ向勝負が始まります。

半沢直樹 6話あらすじ

帝国航空を立て直し、500億の債権放棄を拒否したい半沢は、何とか再建案を作り上げました。

しかし、帝国航空内でも再建案は物議を醸しています。

赤字路線の廃止や経費削減、そして1万人以上の余剰人員整理・・・。

余剰人員整理の中でも整備士などの専門職は、異業職への転職を拒否しており、受け入れ先探しが難航していました。

自動車整備工場など受け入れ先を探しますが、500人以上の人員の受け入れが決まっていません

財務部長の山久はすっかり疲弊しており、半沢も気にかけていたところで問題が発生。

白井明子議員が、銀行に乗り込んできたのです。

国家権力の恐ろしさを知ってしまった銀行員は、ひるんでしまいました。

さらに、銀行に帝国航空への融資は適正だったのか調査をいれることになってしまいます。

金融庁の審査として現れたのは、因縁の相手・黒崎。

黒崎は帝国航空への融資は適正だったか問い、以前から帝国航空の業績は悪化傾向だったことを知っていたにも関わらず、追加の融資を行っていたことを問題視します。

しかし、その案件を丸く収めたのは曾根崎でした。

曾根崎は業績悪化は帝国航空の報告違いであったとし、問題はなかったと黒崎は帰ります。

しかしそれは、曾根崎が誰かから依頼され、山久に銀行への報告が間違っていたと嘘をつくように仕向けていたのです。

結局、帝国航空からの報告は間違っておらず、利益の為に東京中央銀行が金融庁に嘘の報告をしたとして、業務改善命令が出されてしまいます。

さらに、帝国航空の余剰人員を受け入れるはずだったスカイホープ航空が、ハワイの新規路線を国土交通省より却下されてしまい、人員の受け入れが厳しくなるという事態に。

スカイホープ航空に余剰人員を受け入れてもらう話は、東京中央銀行の内部の人間しか知らないはず・・・。

一体誰が裏切者なのか!?

半沢直樹 7話あらすじ

スカイホープの新規路線が突然却下され、余剰人員の受け入れ先を失っただけでなく、業務改善命令を受け世間の風当たりが強くなってしまった東京中央銀行。

一連の流れを裏で手引きしていたのは白井議員と箕部幹事長でした。

スカイホープが余剰人員を受け入れることは、銀行内でしか知りえない情報。

何者かが情報を流していると気付いた半沢は、裏切者を探すことにします。

そこで、白井議員が帝国航空を訪れる際に、半沢は自らが出向きスカイホープ航空の新規路線の打ち切りの理由を聞きます。

それは開発投資銀行からの融資が打ち切られるからということでした。

さらに、タスクフォースのリーダーは、債権放棄の決定時には記者会見を行うと言います。

半沢はスカイホープ航空への融資を自らが行えば新規路線の打ち切りは取りやめになるのではないかと考えますが、紀本に却下されてしまいます。

そんな時、森山はスカイホープに融資をしてくれる銀行を探している間に階段から転落し怪我をしてしまったのです。

半沢のために駆けずり回った森山に心を打たれ、半沢は政府に宣戦布告をします。

そして債権放棄をするか否かの会議で、債権放棄を拒否するべきだと訴え、場が傾きかけますが、裏で政府と繋がっている紀本が債権放棄を受け入れるべきだと発言。

自分の進退もかけて訴えた紀本に対し、頭取は債権放棄を受け入れることにしました。

しかし半沢はそこに「開発投資銀行が債権放棄を拒否した場合、それに従う」という条件を付けます。

半沢は開発投資銀行の谷川の元を訪れ説得しますが、政府の銀行であるため「どうしても政府に逆らう事はできない」と半沢を拒否します。

そして運命の日。

各銀行は政府の意見に従うと思われていましたが、最後にプライドを見せ、主力、準主力銀行の意見に従うと発言。

ここで、開発投資銀行が債権放棄を拒否すれば、東京中央銀行も拒否できることになり、帝国航空の自力再建に再び取り組むことができるようになります。

そして開発投資銀行は、債権放棄を拒否。

実は国会で、開発投資銀行が民営化されることが決まったのです。

開発投資銀行は政府の呪縛から解き放たれることとなり債権放棄を拒絶することができたのでした。

再び政府と戦うことができるようになった半沢たちですが、箕部幹事長が本気で潰しにかかります。

実は裏側で、大きな陰謀が動いているのでした・・・。

半沢直樹 8話あらすじ

箕部幹事長と紀本の繋がりが明らかになり、大和田は責任を追及しますが、頭取が参考人招致を受ける噂があることを告げ、最後まで責務を全うしたいと紀本は申し出ます。

今常務が変わるのは適任ではないと役員会の意見により、紀本がこのまま続投となりました。

そんな中、半沢は帝国航空を訪れ、タスクフォースが持ち出してきた再建案を手にします。

再建案は半沢が作ったもののほぼコピーでしたが、唯一違ったところは、廃路線とする方針にしていた「伊勢志摩航空」の続投でした。

この方針の転回に、箕部が関わっていると睨んだ半沢。

そんな中、箕部と旧東京第一銀行(以下:旧T)との間で、20億もの融資が無担保でされていたことが明らかになります。

半沢は先輩である検査部の富岡の元を訪ね詳しく知ろうとしますが、富岡から語られたのは「旧Tは表に出せない融資を沢山していたらしい」という不確かな情報でした。

半沢が旧T時代の資料を漁っていることを知った紀本は、検査部に突如現れます。

箕部と旧Tの黒い噂について調べている事が紀本に知られそうになった時、福山が検査部に現れ、間一髪のところで誤魔化すことができました。

その後、大和田と半沢はまた手を組み、旧T時代の黒い繋がりについて調べることになります。

福山の調べによると、旧T時代の役員たちで元副頭取で10年前に自殺した牧野を偲ぶ「棺の会」というものが開かれている事を知りました。

さらにメンバーに小料理屋の女将・智美がいることを知ります。

智美は牧野の秘書であったため、箕部と旧Tの繋がりや不正融資などについて話し、協力を得ることにしました。

半沢は牧野の遺書に箕部への不正融資について書かれているという噂を流し、紀本を動揺させ、クレジットファイルの在りかを見つけ出します。

やはり旧Tは箕部に不正融資を行っていた・・・その事実を知り今後の行動を考えようとしていた矢先、紀本から連絡が入りました。

大和田と半沢を呼んでいたのは、箕部です。

箕部は20億は不正だったわけではないと説明し、その後牧野の口座に数回に分けて金銭が振り込まれていた証拠を突きつけます。

「死人にムチを打つのか」「頭取の立場を悪くするつもりか」と箕部に詰め寄られ、半沢は頭を下げることになります。

一方で黒崎は、箕部の事を嗅ぎまわっていたことで左遷されてしまいます。

黒崎は半沢に「伊勢志摩ステートを調べなさい」と助言をし、去っていくのでした。

半沢直樹 9話あらすじ

黒崎からの助言により、森山と共に伊勢志摩ステートを調べることにした半沢

伊勢志摩ステートは、箕部の甥の会社であることが明らかになり、ますます不正融資問題は怪しくなってきました。

半沢は伊勢志摩の支店にいる同期の力を借り、伊勢志摩ステートの10年前の決算報告書を手に入れ、そこで重要なお金の動きを見つけます。

箕部は、甥の会社である伊勢志摩ステートに20億もの大金を転貸し、土地を買わせた場所に伊勢志摩空港を建てるという暴挙にでていたのです。

伊勢崎ステートは、用地買収により多額の資金を手に入れ、業績を上げることに成功。

箕部は伊勢志摩ステートから見返りを受け取っていたのではないかと考えられました。

その後東京に帰った半沢は、富岡らに一連の流れを説明し、箕部への融資に対するクレジットファイルを見ようとしますが、何者かによって資料が全て持ち去られていました。

紀本や大和田によるものだと思われていましたが、どちらも資料の在りかはわからず、3方向でパニックになってしまいます。

しかし、大和田はクレジットファイルをひそかに写真にとって保存していました。

クレジットファイルに隠されていた謎の暗号を解読すると、旧Tから箕部や伊勢志摩ステートに不正融資が行われているという趣旨が隠されていました。

この事実の確固たる証拠を掴むために消えた資料を探し回りますが、その資料は全て富岡が運び出し、地下に隠し持っていたことが発覚。

富岡は頭取の命令で、牧野の死の真相を明らかにするために、10年前から独自で動いていたのです。

旧T時代は、暴力団への融資などであふれかえっており、不正の温床でした。

しかし、箕部の不正を暴く証拠だけが見つかりません。

その時、半沢の後をつけていた紀本が乱入してきました。

半沢は紀本を説き伏せ、箕部の不正に関する証拠資料の在りかを聞き出し、事を世間に明らかにしようとしますが、大和田が先回りしその資料を頭取に渡してしまいました

頭取はその資料を箕部に渡し、この問題をなかったことにしようとします。

半沢は頭取を説得しますが、出ていくように命じ、箕部は半沢に自分と頭取に謝るようにと土下座を強要しました。

しかし、半沢はその要求を跳ね除け、たとえ銀行員を辞めても、絶対にこの不正を明らかにすると宣言します。

半沢直樹2を動画1話から無料視聴する方法まとめ

半沢直樹2の動画を無料で見る方法をお伝えしてきました。

今まではシーズン1だけでしたが、ようやくシーズン2が配信スタートしましたね♪

  • 空いた時間を有効活用するなら、スマホでいつでも配信しているParaviがおすすめ!
  • レンタルしたいけど忙しくて店舗に行けない方はTSUTAYAディスカスで!

続編が放送とすでに盛り上がりを見せていますが、前作から7年経過して忘れちゃってますよね(^-^;

大和田常務の顔芸もすっかり忘れてしまっているので、続編放送に備え半沢熱を上げるにはもう一度シーズン1から見るしかありません!

時間が無い方は今のうちに少しづつ視聴を進めましょう!