「グランメゾン東京」1話ネタバレ!3年前の事件の真相は?

スポンサードリンク

 

ついにこの日がやってきました!!豪華なキャストで話題をかっさらっていた「グランメゾン東京」

とうとう第1話の放送を無事終了!みなさんもリアルタイムで視聴されましたか?

木村拓哉やっぱいいよね!シェフ役ハマってるわ~いやいや玉ちゃんの凛々しい短髪がいいよ~鈴木京香さん変わらずお綺麗~などなどキャストが完璧で三つ星☆でしょ!!なんて(筆者の妄想含め)お友達とネタバレで盛り上がったことでしょう!

そんな「グランメゾン東京」の第1話の舞台は、贅沢な景色と三つ星・二つ星☆のフランス料理店の絢爛さが楽しめるパリと帰国後の日本。

更に料理人としての尾花夏樹…木村さんシェフ役ハマってましたね♪

パリから日本へ目が離せなかった第1話。ガッツリと完璧にネタバレしながら1話をまとめたいと思います♪

⇒最大の下克上「グランメゾン東京第1話」を今すぐ無料視聴する

「グランメゾン東京」ネタバレ第1話

早速、流れを追って1話のネタバレを楽しみましょう♪

3年前のパリで起きた“あの事件”

─3年前、フランス・パリでの出来事から始まる。

尾花夏樹(木村拓哉)が働くミシュラン二つ星の高級フレンチ店「Escofille(エスコフィエ)」の厨房では、シェフ達が忙しくなく動く。

それもそのはず…このエスコフィエでこれから日仏首脳会談の昼食会が開かれるため、抜かり無いよう細心の注意を払いながら料理を作っているから。

フランスの外務大臣がアレルギーのあるナッツ類も使用しないよう心がけ、まずは前菜が完成し要人たちに振る舞う。

次々と料理を手掛けているところにお皿が割れる大きな音がし、尾花が見に行くと…1人の要人が倒れた所だった。

前菜に何かが入っていた?……そして3年後に─

 

偶然か必然か?パリで出会う尾花夏樹と早見倫子

ある日本人女性が、パリの三つ星フレンチレストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた。

そこへこの3年間でクズな生活をし借金取りに追われる身となった尾花が偶然居合わせる。

その日本人女性は、パリで修行したい!!と夢見る年齢からは少し年を重ねているが、なぜ今更「ランブロワジー」で働きたいのか?

「ミシュランの星が欲しいから!」「より新しくて美味しい料理を追求するならミシュランの星を目指すのは当然!」熱く熱く語っていた。

想いが通じたのかテストは受けさせてもらえることになったが、いざテストの課題で前菜を作るという時に、なぜか尾花が飛び込んできて勝手に「手長エビのエチュベを作れ」とアドバイスし、勝手にキャプシーヌのオイルを作って行った。

その時、日本人女性はその男を「エスコフィエの尾花夏樹」だと知り驚くが、同時に【あの事件以来】今は落ちぶれた生活をしていることも知る。

日本人女性は尾花が待つレストランへ行き、テストに落ちた事を報告した。

また、尾花が勧めたメニューじゃない物を作ったことも告げる。

ランブロワジーのキュイジーヌ(らしき人)には、尾花が作ったキャプシーヌのオイルだけを褒められ、どれほど悔しかったか…自分がフレンチに携わってきた30年間はなんだったのか?

愚痴りまくった挙げ句、尾花の料理がどんなものなのか?今ここで手長エビのエチュベを作れと言う。

それに応え尾花はそのお店の厨房でチャチャっと手際よく手長エビのエチュベを作り「ボナペティ(召し上がれ)」と日本人女性に出す。

それを一口食べた瞬間…女性は涙をこぼす。

あまりの美味しさと同時に「どうして私には作れないんだろう」という悔しさに。

だが彼女は、例え一流シェフであっても誰もが授かっているモノではない【完璧な舌】を持っていた!

何を食べても、どういう味付けをされているのか見事に全て分かるのである。

そこに惚れ込み、尾花は「一緒に店をやらないか?」と誘う。

彼女も尾花の料理の味に惚れ込んでいたので「2人で一緒に世界一のグランメゾンを作るのはどう?」という誘いに…乗ってしまった!!

この日本人女性こそが、尾花と一緒に店を立ち上げるパートナー早見倫子(鈴木京香)だった。

出資は全て彼女が出すということで。

 

舞台は日本へ!かつての同僚との出会い

─そして日本へ帰国した2人は、日本で今一番最先端と言われるフレンチレストランGakuへ行く。

そこでかつての同僚と顔を合わせることになる尾花。

向かったフレンチレストランのシェフは、パリのランブロワジーで一緒に修行していた丹後学(尾上菊之助)だった。

更にそのお店には、かつてパリで二つ星のフレンチレストラン・エスコフィエで一緒にお店をやっていた京野陸太郎(沢村一樹)がアボイエとしていたのだった。

帰り際、確かに美味しかった物もあったが「科学実験の残骸を食ってるみたいだった」と、最先端器具を使う丹後への嫌味を、京野に言う尾花。

そんな嫌味を言いながら早見と「店をするから一緒にやらないか?」と誘う。

当然のように憤慨し拒絶される。

他にも尾花には誘いたいかつての同僚たちがいた。

尾花が誘いたいかつての同僚たちは?

─エスコフィエの同僚・相沢瓶人(及川光博)と部下だった平古祥平(玉森裕太)

尾花と早見で相沢に会いに行くが、速攻で拒絶されている雰囲気がありありと漂う。

それでも尾花は「お店一緒にやってくんない…かな?」と誘う。

案の定、即答で「NO!」

平古にはまだ会いに行ってはいないが、京野が先回りして尾花が誘ってきたことを伝え「誘われても絶対に断れよ」と忠告する。

平古は「当たり前です」と返事をするが、一体なぜそこまで尾花は嫌われているのだろうか?

尾花がかつての仲間を誘うことに失敗し続けている中、丹後のお店Gakuがミシュラン二つ星を獲得した。

全く人脈のない尾花に辟易する早見。

それでも尾花の料理の腕だけは信じている。

その尾花が「京野は絶対に必要!!」と言い張るので、尾花に協力し京野を騙して家に連れてくる。

そこで懐かしい賄い料理を振る舞いあわよくば引き抜きたかったが、京野の怒りはそんなものでは消えずまた拒絶されてしまう。

─3年前のあの事件…日仏首脳会談の席で倒れたのは、ナッツアレルギーを持った外務大臣だった。(ナッツは仕舞ってあったのになぜ?)

とにかくアレルギー食材の混入事故だけで済んだはずなのに、尾花はフランスの官僚を殴ってしまっていたのだ。

「どうせつまらない理由で殴ったんだろ!周りの人間のことなんか考えもせず!」と今も許せないでいる京野。

「ああ。俺の料理をバカにされたから殴った」と言う尾花に呆れ、そんな奴と一緒にやっていける訳ないだろうと帰ってしまう京野。

だが京野は、Gakuのオーナー・江藤不三男(手塚とおる)のあまりの利益優先主義のため、お客様に心無いもてなしをせざるを得ない事に憤りを感じていた。

 

早見が京野を救う!

尾花と早見が店をすると知った丹後は、先手を打つべく早見を呼び出し引き抜こうとする。

いよいよ尾花の不甲斐なさに愛想を尽かした早見は、引き抜き話に応じると尾花に告げ2人は離れてしまう。

だが、尾花が去った後に早見は気づく…尾花は不器用で本当は人の意見も多少は聞く人間なんだと。

尾花の料理の腕を再確認した早見は、やっぱり尾花と店を…と思い直し、引き抜き話を断るだけじゃなく逆に京野を引き抜くためにGakuに訪れた

Gakuのオーナーが肩代わりしている京野の借金を早見が肩代わりし、説得に説得を重ねて京野の引き抜きに成功した!

早見の言う「尾花さんの料理には、人を動かす力がある」…それは京野も充分わかっていたのだった。

 

3年前の事件の真相!

3年前のあの事件…残された京野や仲間たちが苦労したのは確かなのだが、真相は、官僚に詰問された時「全て俺の責任です」と全責任を負った尾花。

それでも厨房で働いてた全員の身元を晒せと言われ、仲間たちを疑われた事が許せなくて殴ってしまったのだった。

その事を知らない京野だったが、どうにかまた仲間になってくれたのは、早見の頑張りしかない。

 

「狙うのは三ツ星☆」自信あり?

─尾花が勝手に見つけていた店の物件に早見は京野を連れてやって来た。

尾花はそれはそれは嬉しそうなのだが、それを人には見せたくない天の邪鬼。

ようやく1人かつての同僚…それも絶対に必要な人材がこうして加わった

店の名前も「グランメゾン東京」に決定し、早見に「本当に星を獲ってくれるんでしょうね?」と念を押される尾花は「星を獲るのはアナタでしょ。料理長は早見倫子だから」と言い返す。

早見は高揚し東京で初めて一つ星を獲れるのかなと喜んでいたが「三つ星!」

「狙うんだったら三つ星だ!」と尾花に言い切られる。

果たして尾花と早見、そして来てくれた京野はこの先順調に店が出されるのか?三つ星を獲れるのか?

最後に市場の買い出し中、尾花と丹後が再会し嫌味合戦をやっている頃…早見の元には、何やら怪しいフードライターの久住栞奈(中村アン)とその影にリンダ・真知子・リシャール(冨永愛)がチラついていた。

⇒「グランメゾン東京」全話独占配信はParavi!今すぐ30日間無料体験で1話を見る!

まとめ

今回は「グランメゾン東京」の第1話のネタバレあらすじを書かせて頂きましたが、ひたすら長くなってしまいました。

最後まで読んでくださった方には、今日良いことが起こると思います♪

ドラマ面白かったですよね!今後、拒絶している他の2人(相沢と平古)がどんな風になっていくのか?最後の怪しいライターは何?っていうのも凄く気になります!

そしてナッツの件も。

もし見逃した方はこちらを参考にして見てくださいね♪

来週までまた首をキリンにしながら待ちたいと思います。