グランメゾン東京11話ネタバレ!最終回で続編希望続出の伏線とは?

ついにグランメゾン東京が11話で最終回を迎えました!

数々の名シーンを残してきたグランメゾン東京ですが、三ツ星をとることができたのか?ネタバレは必見です!

全11話、毎話楽しく視聴することができました♪

グランメゾン東京最終回でまさかの「続編」を匂わすセリフが!

続編希望の声続出のシーンについてネタバレをご覧ください♪

あの名シーンをもう一度!

グランメゾン東京はParaviで独占配信中!

グランメゾン東京11話ネタバレ!

マグロ料理を譲らない尾花とgakuの行方

寿司屋の調理場を借りてマグロ料理を試作中の尾花ですが、加熱することが基本のフレンチと、加熱することでうまみが消えてしまうマグロの相性は悪く、なかなかうまくいきません。

他のメンバーはミシュラン審査まで時間がないことを懸念し、やめるよう説得しますが、尾花は聞く耳をもちませんでした

その後市場に向かう一向ですが、そこでgakuのメンバーと遭遇します。

gakuでは新しいシェフが無理難題を押し付け、使えないと判断した人材をクビにしたり、やりたい放題でした。

心配する一向が店に戻ると、グランメゾン東京に電話がかかってきます。

フランス語を話す男性で、どうやら尾花に用事があるようです。

その用事とは、フランスの名店「ランブロワジー」からで、日本に出店する姉妹店で働かないかという提案でした。

京野はどうするのか気になりますが、尾花は行かないと宣言します。

グランメゾン東京では続々と新メニューのコースが出来上がりますが、尾花のマグロ料理はなかなか出来上がりません。

しかし尾花はマグロ料理を作ることを譲らず、祥平にスーシェフの立場を預けマグロ料理に集中すると言います。

自己中心的な尾花に早見は反発しますが、尾花は「マグロ料理に変わる料理をスタンバイさせていろ」と言い放ちます。

早見はそれを承諾し、マグロ料理に変わる魚料理を作ることとなりました。

一方gakuでは、丹後に変わり入った結月への反発は続き、従業員に不満が高まっています。

スーシェフを任されていた柿谷も下ろされ、さらなる反発が生まれることになりました。

そして店の従業員たちは店をボイコットし、営業ができない状態になってしまいます。

新シェフの結月は店で一番高いワインを飲みながら、「契約と違うからやめさせてもらう」と店の金を退職金として持ち去ってしまいました。

江藤は途方に暮れ、その場に座り込んでしまいます。

しかし、柿谷から連絡を受けた丹後が店に現れました。

フランスで何もかも失った丹後を江藤が救ったように、今度は自分が江藤を救うといい、またgakuのキッチンに立つことになりました。

三ツ星に向けての試作は続く

グランメゾン東京ではマグロ料理の試作がまだ続いています。

早見は、マグロに変わる魚料理に「ハタ」を使うと決めました。

尾花、早見も焦りますが、必ず答えにたどり着くという気迫を持って料理に励んでいます。

まだデザートができていない松井は、尾花に助言を求めますがすぐに祥平に聞くよう言われてしまいます。

松井と祥平は一緒にデザートの試作に取り掛かりました。

出来上がったデザートはメンバーには好評でしたが、尾花は「もっと厳しいジャッジが必要だ」といい、祥平の婚約者・美優に試食してもらうことにしました。

試食した美優はデザートを絶賛し、「料理で通じ合える松井に嫉妬していた。松井と祥平が一緒に働けて嬉しい」と言いました。

松井はそんな美優の発言に苛立ち、「祥平の頑張りを知っているなら応援してあげてほしい」と言い返します。

尾花は「料理人のメンタルが微妙に味に影響してくる」と説明し、このスイーツももっと優しい気持ちで作れば優しい気持ちになると言います。

そして、美優に「祥平を応援してくれるように」頼みました。

2人が立ち去った後、美優は祥平に電話をします。

⇒祥平は独立し美優と一緒になる?

その後、ついにデザートは出来上がり、尾花にも認められます。

そして早見は、マグロ料理に変わる魚料理を完成させました。

尾花以外のメンバーは、絶賛し、とても素晴らしい料理だと認めました。

しかし尾花は一言「マグロやるわ」といい自身の料理の試作に取り掛かります。

そして「そのハタの料理じゃ三ツ星は無理だ」と言いました。

不満が残るメンバーでしたが、京野は気になることを話し始めます。

そろそろ一つ星の審査が始まってもおかしくない時期ですが、いまだに審査員らしき人物の予定が入っていないのでした。

尾花はその話を聞いて、リンダに会いに行きます。

リンダはオーナーからの言いつけを守り、平古祥平のいるレストランに審査員が出向かないようにしていました。

尾花はグランメゾン東京の料理を「今までで最高」といい、もう一度食べに来いと頼みました。

尾花の事を追い返したリンダですが、尾花の言葉が忘れられずグランメゾン東京に食べに来ました。

「思いっきり楽しもう」早見と尾花はともに笑い合い、全ての力を出し切ることを約束します。

それぞれの思いが詰まった料理が、リンダの元に運ばれていきます。

最初は不機嫌なリンダでしたが、次第にその表情が柔らかくなっていき、最後のデザートのあと、涙を流しました。

食べ終わったリンダに早見は「旅をしても食べにくる価値はあるか」とその評価を聞きます。

リンダは「ある」と答え、その後、自分の今までの地位は捨ててグランメゾン東京にミシュランの審査が入るように手配したのでした。

その頃、gakuでも従業員が戻ってきて、新作に取り掛かっています。

丹後は新作の和セリを取り寄せるよう江藤に頼みました。

グランメゾン東京・gakuに審査員が来店

gakuのオーナー江藤は、最高級の和セリを仕入れるため峰岸の元に来店していました。

最初は断る峰岸ですが、ついに江藤は和セリを手に入れることに成功します。

そしてついにグランメゾン東京にも審査員が来店し、同時にgakuにも来店しました。

それぞれ渾身の料理を提供します。

そして、グランメゾン東京には三ツ星の調査員と思われるペアから予約が入ります。

尾花はマグロ料理を完成し、三ツ星の調査員にはこの料理を提供すると言います。

そしてついに三ツ星の調査員が来店の日です。

和セリが届かないというトラブルもありましたが、丹後の助けによって事なきを得ました。

尾花が峰岸に「丹後は信頼できるシェフ」だとして紹介したので、gakuは峰岸から仕入れた和セリを持っていたのでした。

丹後は尾花に「借りは返した」と言い店を去っていきます。

その後店はオープンし、順調に料理が提供されていきます。

魚料理を提供することになった時、早見は「やはりマグロ料理じゃなくて自分の作ったハタでチャレンジしたい」と言います。

尾花はそれに対して怒り、もう勝手にしろ、と店を出ていってしまいます。

それでも早見はハタを出すことを止めず、三ツ星の調査員にはハタの料理を提供しました。

そして次の日、ガレージには尾花の姿がありませんでした。

グランメゾン東京は三ツ星をとれるのか。

ミシュラン発表の日になりました。

今年は事前通告がなく、その場で発表されます。

一つ星、二つ星、と発表されますが、グランメゾン東京もgakuも名前が上がりませんでした。

早見は「やはり尾花のマグロ料理を出した方がよかったのか」と不安になります。

しかし、相沢も京野も、尾花の行動の意図はわかっていました。

尾花は、自信を持って料理を提供できるのか、早見を試していたのです。

そして店を出るとき早朝に祥平を呼び出し、三ツ星をとるために必要なのは「自分を信じる力と自分の料理で星をとったという手ごたえ」だとし、自分の存在が邪魔だと言い、スーシェフを祥平に任せたのでした。

尾花はこっそりと会場に入り、三ツ星の発表を待ちます。

ついに発表、最後に呼ばれたのは「グランメゾン東京」でした。

尾花は目を潤ませ「届いた…」と呟きます。

壇上に立つ早見は「三ツ星を取れたのは、店の仲間がいてくれたからだ」そして「料理には人の心を変えることのできる力があると教えてくれる料理人がいた」と尾花の名前を挙げスピーチしました。

壇上から尾花を見つけた早見。それに気付いた尾花は早見に3本の指を掲げます。

早見は尾花の後を追いました。喜びを分かち合う二人。

尾花は早見のハタの料理を「死ぬほどうまかった」と称えました。

続編への布石?感動のラストシーン!

三ツ星をとったその後、相沢はパリに行き、祥平は美優の父親と和解します。

グランメゾン東京はさらなる向上に努めます。

そして早見は久しぶりに尾花に会いに行きました。

尾花はそこで「世界中の星をかっさらうのはどうか」と提案します。

そして、海外でグランメゾン東京の姉妹店を出すために、「お金ある?」と聞きました。

本編はここで素晴らしいフィナーレを迎えましたが、Paravi限定のオリジナルストーリーでは三ツ星を取ったグランメゾン東京の数年後を描いています!

スポンサードリンク

グランメゾン東京最終話の感想と視聴者の声!

グランメゾン東京11話感想

ついに全11話が完結しました!

最初に尾花が言った「三ツ星を取らせてやる」という約束が、しっかりと果たせたことに感動しました!

自分が三ツ星をとるのではなく、早見にとらせるために店を去る決意をした尾花がかっこよかったです。

料理のカットも素晴らしく、まさに日曜夜の「飯テロ」ドラマになりました!

このドラマを通して三ツ星やフレンチに興味が沸いた人もいるのではないでしょうか?

三ツ星のコース料理は予約が取れないし価格設定も破格ですが、グランメゾン東京を見た人たちはその料理の価値がわかるのではないかなと思います。

一生に一度は最高におめかしして、最高の料理人たちの最高の料理に舌鼓したいですね!

gakuが星を取り下げられたのはとても悲しかったですが、生まれ変わった江藤さんと丹後シェフなら必ず三ツ星に近づいてくると思います!

それにしても新シェフの結月さんめっちゃ嫌な人でしたね。(笑)

私は「実は祥平が犯人ではないのでは?」なんて予想していたのですが、結局犯人は祥平のままでした。(笑)

ですが、才能のある料理人を皆が守ろうとしたことに、仲間の絆を感じました。

最後に「姉妹店をだす」なんて伏線を貼っていますが…是非続編で回収してくれることを願っています!

グランメゾン東京最終話を見た人の反応は?

皆さん面白かった!という声が多かったです。

本当に最後までワクワクドキドキさせてくれたドラマでした!

スポンサードリンク

まとめ

久々の王道ドラマ!と言われることが多かったグランメゾン東京ですが、やはりキムタクは最強なんだな、と思いました。(笑)

料理もおいしそうでしたし、サクセスストーリーもワクワクドキドキしました。

やはり王道ストーリーは面白いですね。続編も期待したいです!