「グランメゾン東京」ナッツ混入事故の犯人は玉森!犯人が判明!

スポンサードリンク

 

10月20日(日)「グランメゾン東京」初回放送から、ナッツ混入事故の犯人予想で盛り上がってきましたが、とうとう犯人が判明してしまいました!

なんとも寂しく苦しい気持ちになった本日の第5話。

あの事故…3年前のあの『ナッツ混入事故』

まさか玉森裕太くん?と、筆者は初回から予想していたという記事になります。

犯人が判明して「ナッツ混入事故」は結末が出てしまい、少し残念な気もしますが、初回放送後、当時の記事を今一度お楽しみください♪

見逃しちゃった方や、外出していた方は、再放送やって欲しいですよね~!

とにかく今すぐ見たい方は、TverまたはParaviで♪←

※11月17日の「グランメゾン東京」第5話の放送で、ナッツ混入事故の犯人が明確になりましたので、追記させて頂きます!

3年前…ナッツを入れる事が出来た人間!

まずは首脳会談の席に居た1人の要人が、『ナッツアレルギー』を持っていた事で『ナッツ』がキーワードですよね!

シェフ達も細心の注意を払って料理をしていたのにも関わらず、誰かが意図的に『ナッツ』を混入させる事が出来るとしたら、厨房の中に居た人間…全員です!

ですがミシュラン二つ星のエスコフィエに勤めている人達…国籍や役職の違いはあれど、首脳会談の席に選ばれた店の人間なんですよね。

よほどの《動機》がないと、店に傷を付けるような事は出来ないはず!

そこで!動機がありそうで尚且『ナッツ』を混入させる事が出来る可能性の高さから、犯人じゃない?と思える順位をつけてみました!

 

現時点で怪しさ満点!犯人予想1位=平古祥平

そうであって欲しくないNo.1(筆者主観)の平古祥平(玉森裕太)が現時点で怪しさを100%滲み出していると思います!!

もうそれはそれは色んな観点からいくと、犯人であってはいけないでしょ!と思うNo.1なんです…事務所の後輩ですしキムタクを陥れちゃダメでしょ!可愛い後輩でいてよ!ってドラマから完全に逸れるような思いがあります!

ですが、最初に『ナッツ』を片付け、作り直したウニ料理も一番近くで関わっていたのは平古なんですよね。

相沢瓶人(及川光博)に「祥平、ナッツは大丈夫?」と聞かれ…

「仕舞いました!」と平古は答え戸棚にナッツをちゃんと片付けますが、ここです!ここが問題です!

ウニの前菜料理に混入していたのは、何も『固形ナッツ』とは限らない…それをありありと伏線として見せてくれるかのように、ナッツオイルがここで登場しているんです。

オイルといえば次にここです。

急遽、即興で尾花夏樹(木村拓哉)が作り替えた前菜のウニ料理には、何かしらのオイルをかけているんですね!

※追記※

祥平は意図的に…故意にやったワケではなかった!!しかしこのナッツオイルが原因でしたね。

 

しかも…それを外国人シェフと平古に教えて後を任せるんです。

尾花は後を2人に任せてその場を離れます。なので平古が一番『ナッツ』に対して触ることも入れることも、オイルを入れ替える事も出来る人間なんです!

すると動機です…動機。

平古は、日頃から厳しい上司の尾花をよくは思っていなかったのかな?それとも事務所の先輩だから撮影時も緊張しちゃって手元狂ったかな?…ってまた逸れましたが(笑)

実は動機が薄いんですよね。厳しい上司なんか当たり前ですもん。

それに、平古祥平を最も犯人に近く見せかけて絶対違うんじゃない?と思う理由もあるんです。


平古祥平はParaviでスピンオフストーリーが配信されています。3年前のあの事件の犯人が、サイドストーリーの主役をやるでしょうか?

平古祥平の仕事に恋にグラグラ揺れる心情を描いたほっこりストーリーなので、もしも平古がナッツを入れた犯人なら…日曜劇場のスタッフ一同様を表彰したくなりますよね(笑)

ほっこりスピンオフがあっても騙されないぞ~という気持ちで、現時点では「グランメゾン東京」の本編にて、一番可能性が高く怪しいのは平古祥平だと思い犯人予想1位です!

 

※追記※

Paravi独占配信があるから騙されたーって人が多いと思いますが、やはり祥平のあの下準備の時が原因でしたね><

 

かなり怪しい!犯人予想2位=相沢瓶人

次に怪しいのはミッチーですよね!ミッチーこと相沢瓶人

相沢は同僚である尾花の性格をよく知っています。だから言い出したら聞かない事も知っているけど、事あるごとに相沢の意見はハッキリ言っていました。

それでも強く全てを意見出来る訳ではなく、日頃から鬱憤が一番溜まってた人ではないでしょうか。

それに!ウニ料理の最後に尾花が花を散りばめる事を分かっていて、その花を尾花に渡したのは相沢です。

その時事前に《ナッツオイル》をかけていた…っていう可能性も考えたのですが、低いんですよねぇ残念ながら。

花びらは軽やかにパラパラと舞い落ちていたので、オイルがかかっていたらそうはいかないと思います。

ですが!尾花に何かしら思うところがあったのは表情から逐一出てました!

花に何か仕掛けをしたのではないとしても、厨房の中でも近しい場所に居て動機もありそうな相沢が、ナッツオイルを混入させた可能性は大きいと思うので犯人予想2位です!

 

遠隔操作?犯人予想3位=丹後学

次に、誰もが最重要候補で犯人っぽいよねって王道的に思わざるを得ないのが丹後学(尾上菊之助)

ドラマの流れからすると一番敵対していますし、嫌味の応酬でやり合うし、異常なまでに尾花をライバル視していますよね!

ならなぜ犯人予想3位かと言いますと…3年前のあの場に居なかったからです。

尾花と丹後が一緒だったのはランブロワジーで修行していた頃。

ですが!筆者の勝手な予想としては、遠隔操作です!

修行時代に尾花を異常に意識するような…嫌うような出来事があったのではないか?だからエスコフィエで順調にやっている尾花を許せなかった!

そこでエスコフィエで働く誰かを味方につけて、尾花を陥れるために『ナッツ混入事件』を遂行させた…という可能性はないですかね。

現場に居なくても動機面》からの可能性は大きいと捨てきれなかったので3位です!

 

実はそっち?犯人予想4位=外国人シェフ

次に怪しいのは、尾花に「出ていけ!!」と怒鳴られた外国人シェフです。

腹いせです腹いせ。可能性を追うことは大事なので4位にしてみました(笑)

でも一生懸命に料理をしている途中、それももうすぐ首脳陣が来店するって時に「出ていけ!」なんて言われたら、どれくらい腸が煮えくり返っているか計り知れません。

それに平古と一緒にオイルをかけていた外国人シェフと、親しい間柄で報復してくれたのかもしれませんよ!

あくまで煮えくり返っているんじゃないかという予想で4位です!

 

是非、再放送を!

さらに1話のエンディングで登場したフードライター久住(中村アン)と、長ったらしい名前の冨永愛の会話がポイントです。

3年前のあの『ナッツ混入事件』を「あれは殺人未遂事件!」と言い切り、更に「あの時、誰かがわざとアレルギー食材を混入させたのよ」と。

更に「きっとまた尾花を潰しに来る」という重要な言葉を発しています。

※これはリンダの思い違いでしたね!

※ここまでが初回放送後の予想でした!!

既に再放送が待ち遠しくなってしまった「グランメゾン東京」ですが、Paraviで全話独占配信しているので、地上波再放送というのはないのでしょうか?

その辺も分かり次第またお伝えさせてください♪

⇒今、全話視聴するにはこちらがオススメです♪←

まとめ

今回は「グランメゾン東京」の『ナッツ混入事件』の犯人予想をしてみました!

…という記事を追記してまとめさせて頂きました♪

あれだけ裏で必死に尾花のために尽くしていた祥平が犯人だったなんて、予想はしていたけどやはり切ないです。

なんだか5話は哀しみが溢れていましたね。

先週の京野が犯人か?ってミスリードも王道で楽しませてもらえたということで(笑)

まだまだ目が離せない「グランメゾン東京」5話を見逃した方!

当サイトでネタバレや感想もお伝えしますので、またそちらを目を通してみてくださいね♪