グランメゾン東京の黒幕は相沢?犯人は身近に居る説を考察!

スポンサードリンク

グランメゾン東京の5話で、ナッツ混入事件は祥平の「ミス」に起因する「事故」だったことが明かされました。

誰かが仕組んだ「事件」ではなかった!と胸を撫で下ろした矢先…ここにきて、気になる投稿が目立っています。

「祥平はハメられた説」…祥平をはめた黒幕が別にいるのではないか?もしかして相沢?という説です。

7話では、謎の失踪をしていた相沢の妻・エリーゼが登場しますし、にわかにナッツ混入事件の真相が別にあるのでは?と密かにささやかれるのも分かる気がします!

そこで今回は、グランメゾン東京の黒幕についての考察をご紹介していこうと思います!

⇛グランメゾン東京が全話見れるのはParaviだけ♪←

「祥平はハメられた説」の根拠とは?

黒幕は別にいるのでは?という憶測を呼んでいるのには、理由があります。

まずは、その理由についてご紹介していきます!

そうなんです!
雲丹の仕上げを行うのソース自体が、祥平の知らぬまに「すり替えられ」、祥平の意図せぬうちに混入させられてしまったのでは?というのです。

十分、考えられるケースじゃないですか?

加えて、事件の真相を追っているリンダと久住は、犯人について、「尾花夏樹の才能に嫉妬している人物」と言っていました。

確かに、祥平は尾花の横暴なやり方に、納得がいかない節はありましたが、尾花に対する「料理人」としての捨てられない憧れがありました。

また、犯人を許さないと言っていた久住が、祥平に何かをしかけているという素振りもなかったですし、上記2点から考えても、祥平は犯人に該当しないのでは?と思っています。

 

黒幕は身近にいる説

では、祥平にナッツオイルを入れるよう仕向けた、真の黒幕とは一体誰なのでしょうか?

・黒幕は相沢?

仮に、祥平がハメられたと考えた場合、真の黒幕として考えやすいのは、「相沢」ではないか?という声も上がっています。

意図的に料理に手を加えるならば、厨房にいた人物のほうが誰にも怪しまれず、手を下せます。

それが自然と出来たのは、相沢か、その他の外国人シェフということになります。

相沢はパリ時代の尾花のやり方に不満を持っていた1人でしょうし、どんなに努力をしても尾花を超えられない、料理人としての才能・努力の差を痛いほどに突きつけられた人物…まさに「尾花夏樹に嫉妬している人物」という人物像にピタリとハマるようにも感じます。

グランメゾン東京の仲間入りしたのも、中から手をまわしたほうが尾花を陥れやすいと考え、「あえて」仲間入りした…とも考えられなくもないです。

ミッチー、ミステリアスな雰囲気もありますし、黒幕役が似合うような気がしないでもない…。

実際に、相沢が黒幕では?というTwitterも見られます。

相沢黒幕説、たくさんありますよね~。

しかし、筆者は相沢は黒幕ではないと考察しています。

それは、相沢が抱えている尾花への負の感情は、尾花を料理界から完全に排除するほど、根深くないのではないか?と感じているからです。

店を潰し、尾花を料理の世界から完全に葬り去りたかった人物の、尾花に対する恨みや執着は並々ならぬものだったと、容易に想像できます。

そこまで徹底的に潰した相手と、一緒に働けるかな?

日本では人気「レシピ動画」のシェフとして、成功していた立場を捨ててまで、育児と仕事の両立ができる安定した職場を捨ててまで、そんな相手と一緒に働くことをあえて選択するのかな?

それに、最愛の娘・アメリーちゃんを育てている今、改めて尾花を潰しにかかる理由が、果たして相沢にあるのか?疑問に感じています。

自分のやりたい仕事を変えてまで、守りたい大切な存在がいる今、尾花のちょっとした変化を感じている今、尾花への苦い感情は、薄れているように筆者には感じます。

あそこまで徹底して尾花を追い詰めた人物なら、尾花のちょっとした変化ぐらいでは、その根深い嫉妬・恨みは揺らがないんじゃないかな?と推測すると、相沢犯人説は弱いかなぁというのが、筆者の推測。

 

黒幕は相沢の妻・エリーゼ説

7話の予告でエリーゼが登場するやいなや、急浮上してきたのが、「黒幕はエリーゼ説!」

エスコフィユで事件があった直後から、「アメリーを任せる」というメモを残し、会計の仕事も辞め、行方をくらませている点が怪しい!

何か後ろめたいことがあったから、姿を消していたのでは?最愛の娘を残して、姿を消さなくてはならない理由がエリーゼにはあったのではないか?と様々な憶測を呼び、黒幕説を加速させているんです!

黒幕はエリーゼ説も結構多いんです。

事件の直後に謎の失踪をしていれば、確かに怪しいですよね。

エリーゼが失踪した理由、事件との関連性、なぜ今姿を現したのかなど、謎が多い人物…。

現時点では、情報が少なすぎて、エリーゼが黒幕かどうか判断がつきませんが、なにかしら、キーを握っていそうな人物の予感です。

⇛グランメゾン東京は毎話泣ける!←

まとめ

今回はナッツ混入事件の黒幕の反響について、まとめてきました。

「グランメゾン東京」の面白いところは、料理をめぐる熱い戦いだけに「限らない」ところ。

前の期にやっていた「あなたの番です」ではないけれど、視聴者の「考察心」をうまくくすぐり、ファンを増やしているようにも感じます。

実際に、Twitterには、真犯人を考察している声がいくつも上がっていますし、それを通して新しいコミュニケーションが生まれていたり、何回も確認しながら深くドラマを見ていたり…。

視聴者をありとあらゆる形で熱くしてくれているのも魅力的だなぁと感じています。

ドラマも終盤…最終回まで、あと数回に迫ってきました。

この熱いドラマが、どのようなラストを用意しているのか、早く楽しみたい一方、早くも「グラメロス」に陥りそうな予感がしています。

▼無料期間にグラメをイッキ見しちゃおう♪▼