グランメゾン東京3話感想レビュー!鹿肉料理の突破口は血液?

スポンサードリンク

 

王道のサクセスストーリーとおいしそうな料理が並ぶ演出で話題沸騰中のグランメゾン東京。

2話では相沢の助言を生かした料理で銀行員の心を動かし、資金調達に成功しました!

3話ではジビエ料理のコンクールにエントリーすることになった尾花達は奮闘します。

今年のテーマは鹿肉料理

なかなかうまくいかず試作を繰り返していましたが、その突破口は血液にあったとか!?

⇒グランメゾン東京を見逃してしまったらこちらで無料視聴

視聴者の反応はどんなものだったのでしょうか?

早速感想を見ていきましょう!

グランメゾン東京4話感想とレビュー!

それでは早速感想とSNSでの反応を見ていきましょう!

メインディッシュに悩むシェフ達にジビエ料理のコンクール参加への打診が!

グランメゾン東京開店のための資金調達に成功した尾花達はメインディッシュの開発に悩んでいました…。

なかなかうまくいかずに悩む尾花にジビエ料理のコンクール参加への打診が!

今年のテーマは鹿肉

権威ある雑誌へのコンクールに胸を躍らせる早見達。

しかし資金調達の次は食材調達の壁が立ちはだかります。

gakuのオーナーが腕のいい猟師から鹿肉を買い占めてしまったのです…。

コンクール参加により知名度を上げられるチャンスなのに、その料理を出すための食材調達に難航することになるとは…。

gakuのオーナーも勝つためとはいえ、鹿肉コンクールのために鹿肉を買い占めてしまうなんてちょっとずるくないですか?

その後相沢をメニュー開発にかかわってもらうシェフとして一緒に働いてもらうことになったときは、期間限定とはいえうれしくなりましたね!

尾花の成長も感じられて、食材調達には難航していますが前に進めそうでちょっと安心した一コマでした♪

一流の猟師から鹿肉を調達!?

噂に聞いた伝説の食材ハンターから鹿肉を卸してもらうべく、尾花と早見は食材ハンターの元に向かい、一度は追い返されてしまいますが尾花が吹っ掛けて鹿肉料理を食べさせてもらいます。

尾花はおいしすぎて天井を仰ぐどころかひっくり返りそうになっていましたね(笑)

ちょっとかわいかったです。(笑)

それでも追い返されてしまうことになるのですが他の猟師とは違い、罠をつかい生け捕りにして、血抜きをして捌く。

命をいただいている」「なるべくおいしく食べることが礼儀

このセリフには普段深く考えずに料理を食べている私には響きました…。

明日からなるべく無駄なく食材を使おうと思います…。

鹿肉をゲット!料理開発に勤しむシェフ達!

伝説の食材ハンターからは断られてしまいましたが、京野がなんとかフレッシュの鹿肉をゲットしました。

やっと料理開発に勤しむシェフたち!

料理の開発ってこんなに手間暇とお金がかかっているんだなって勉強になりました!

外食するときは必ず食材とシェフに感謝しようと思います。(笑)

早見さんが「才能がないからじゃなくて自分に努力が足りないから星がとれないんだ」と京野に打ち明けるシーンも心に響きました…。

尾花も早見も相沢も、色々な方向性で真剣に料理に向き合っているのがわかりますね。

そしてそこで出てきた「血液」というワード。

そこがこのメインディッシュの突破口になります!!

鹿肉のメインディッシュは血液が突破口!

罠で仕留めている伝説の食材ハンターに頼んで「鹿の生き血」をゲットした一同。

早見と尾花の両方のアイディアを取り入れてソースを完成させたときは感動しましたね!

1話からみていると尾花が「誰かの意見と自分の意見を取り入れる」というのはどれだけすごいことなのかというのがわかります。

それだけ価値のあるソース…!優勝してほしい!と思いました♪

そしてコンクール当日はまさかの尾花、ドタキャン!(笑)

でもそれも、早見を信頼してからこその行動でした。

尾花は伝説の食材ハンターに出来上がった料理を食べさせに行ったのですね。

あっちは大丈夫。と言ったところはチームが出来上がった!と高揚感が芽生えました!

そして食材ハンターに尾花が言ったセリフ!

「生きとし生けるもの、いただいた命を余すことなくおいしくいただく。そのために料理人がいるんだ」

そしてそれを、”教えてもらった”と尾花は言いました。

1話1話ごとに人間としても成長していく尾花の姿は感動しますし、さらにおいしい料理を作り出すこと間違いないな、と確信した瞬間です!

コンクール結果発表!勝敗はどこに?

早見は最高の料理を作りましたが、結果gakuに負けてしまいました…。残念。

そんなにうまくいかないものなのですね。

審査員の反応はグランメゾン東京の方がいいと思ったのですが…。

でも、その後の祝勝会で「他のシェフ達は良質な鹿肉を手に入れることができなかった」という事実を聞き、そして審査員長と一緒にいるオーナーをみる丹後…。

gakuの優勝には裏でオーナーが手を回していたんですね。これはショックです。

実力ではなく、仕組まれた優勝だったということですね。

そして三ツ星は「シェフにつくのではなく店につく」確かにその通りですがこれはつらい…。

その後鹿肉の仕入れ先の種明かしがありましたが、あれは祥平が協力していたんですね。

尾花の料理を食べて涙する祥平

食材を無駄にしない祥平ですから、血までつかっておいしく料理された鹿肉料理を食べて、尾花の変化に気付いたのでしょうか。

職人だからこそ言葉ではなく料理を食べさせた方が説得力があるのかもしれませんね。

その料理を松井と一緒に食べているところを祥平の彼女美優が恐ろしい表情で見ていました…怖い…

なにかが起こりそうな予感がします…。

美優の父親は権力者ですし、資金調達の際にも一役買ったこともあって何か仕掛けて一波乱ありそうな予感がします。

優勝の代わりに手に入れたもの

優勝は逃してしまいましたが、尾花がなんと食材ハンターの峰岸を連れてきます!

開発された料理を食べた峰岸は、心を動かされこれから最高の食材をグランメゾンに提供してくれることに!!

料理にとって食材はとっても大事なのは言うまでもありません。伝説の食材ハンターが卸してくれるなんて頼もしいことこの上ないですね!!

優勝を逃して落ち込んでいたみんなが一気に明るくなりました♪

私もこの時は鳥肌が立ちました!!!!

その後コース料理が完成し、相沢はグランメゾン東京を離れることに…

しかしアメリーのお弁当を尾花が作っていたことを知り、相沢は心を動かされます!

アメリーが友達のいない事を気にしていた尾花は、祖母の代わりにキャラ弁を作っていたのですね。

そのおかげでアメリーは友達もできて性格も明るくなった…それを知った相沢はグランメゾン東京に向かいます。

そして相沢も仲間になることに!!!

だってばよ。といったキムタクが最高でした(笑)

優勝はできませんでしたが、その代わりに伝説の食材ハンターと相沢を仲間にすることができました

これは今後のグランメゾン東京にとって大きな出来事ではないでしょうか!!

そして最後にリンダ・真知子・リシャールさんがご来店!

すごいオーラでしたね(笑)

オーラに圧倒されていたら尾花の元恋人ということも判明してちょっと頭が混乱しました。(笑)

次回はプレオープン!

楽しみですね♪

グランメゾン東京3話を見た視聴者の感想レビュー!

絶賛の声が多く寄せられていますね!

日曜日の夜にこのドラマを見ると、月曜日の仕事も頑張ろう!と前向きに一日を終えられるのもいいと思います!

ハッピーな気分で月曜日を迎えたいですよね♪

グランメゾン東京3話感想レビュー!鹿肉料理の突破口は血液!?まとめ

グランメゾン東京3話の感想とSNSでの感想レビューをまとめました♪

日曜日の夜に王道のドラマ、ハッピーでワクワクして明るい気分になりますよね!

ベテラン俳優さんとキムタクの演技の掛け合いがとっても楽しくて来週が楽しみです!