極主夫道ミクとの馴れ初めと原作との違い!

極主夫道ミク馴れ初め

日曜ドラマ「極主夫道」の龍とミクの馴れ初めはどんなものなのでしょうか?

極道とキャリアウーマンのミクが出会うきっかけは、なかなか想像ができませんよね。

原作との違いがあるのかも気になるところ♪

極主夫道のミクと龍の馴れ初めを、原作との違いと一緒にご紹介します!

【極主夫道】龍とミクの馴れ初めとは?

龍とミクの出会いは、なんとファミレスでした!

ミクは、大学時代に妊娠し、シングルマザーになりファミレスで働いていました。

向日葵は、龍の子供じゃなかったんですね・・・。

ミクの働くファミレスに、龍が来店。

龍はその後何度も来店しましたが、その度にミクを呼びつけ注文を取ります。

なぜ自分ばかりが呼ばれるのか?と疑問に思っていたミクは、同僚からの「ミクに気があるんじゃないか」という言葉をきっかけに、龍のことが気になり始めます。

その後、龍が言った「子持ちは嫌いやないで(実際は子持ちカレイは嫌いじゃないと言った)」や、「結婚について話しあおう(パフェのソースのことを”血痕”と言った)」をミクがアプローチと勘違い!

龍はミクが勘違いをしたということは指摘せず、組を抜けてプロポーズします。

実は、龍がミクを執拗に呼んでいたのは好意からではなく、顔が怖すぎてミクしかメニューをとってくれなかったということが理由でした。

勘違いから始まる恋は無事結婚という結末にたどり着きました♪

向日葵が龍の子供じゃないということはびっくりしましたが、2人を守ると決めた龍はめちゃめちゃカッコイイですね♪

原作とドラマの違いとは?

原作で描かれる2人の馴れ初めはどんなものなのでしょうか?

実は、原作ではまだほんの1コマしか描かれていないのです!

その1コマは、龍とミクがショッピングモールで買い物をしているシーンで登場します。

ショッピングモールで楽しく買い物をしていた2人ですが、ミクは龍の極道にしか見えない服装が気になり始めます。

「もっとかわいい服を選ぼう」と2人は試着を繰り返すのですが、どの服を着ても龍は極道にしか見えません!

そんな時にミクが「出会った頃よりはだいぶマシになった」とまさに出会いのシーンを振り返るのです。

その1コマは、ただならぬ雰囲気でミクを睨みつける、血まみれで座り込んだ龍の姿でした・・・。

そんな過去を思い返している時に、龍がポリキュアのエプロンを身に着けて現れます。

ミクは先ほどまで過去を思い返していたことはすっかり忘れ、大喜び!

強面の顔に幼児向けのエプロンを着用して、完全に”ヤバイやつ”になっていましたが、2人はとっても楽しそうでした♪

ミクが途中で回想をやめてしまったので、それ以上詳細には書かれていません。

でもかなり衝撃な出会いだったのではないでしょうか。

原作とドラマで同じところは、龍が”血まみれ”であることですが、それ以外は全く別のストーリーになりそうですね。

ミクがファミレスで働いていた過去も、原作にはない設定です。

ドラマで描かれるミクと龍の出会いは”ドラマオリジナル”になります

原作者も今後、ミクと龍の出会いはマンガに登場させる予定のようなので、原作版のストーリーも楽しみに待ちたいですね♪

まとめ

極主夫道の龍とミクの出会いについてまとめました!

今後ドラマでは、2人の出会いが描かれていく予定です♪

どんな出会いなのか、ドラマオリジナルの馴れ初めを期待します!

気になる極主夫道の詳しいネタバレや原作との違いについてはこちらを参考にしてください。