江戸川区花火大会2019の交通規制やアクセス情報をお届け!駐車場や穴場スポットも紹介

 

江戸川は東京都と千葉県の境界に位置する川です。

江戸川区花火大会は市川市と同日開催されます。

江戸川区側、市川市側両方に人が集まってくるので人出が多い花火大会としても有名です。

今回は江戸川区側からの視線で花火大会の詳細情報をお届けします。

会場までのアクセスや交通規制、有料席の有無や穴場スポットの情報をまとめてみました。

「江戸川区花火大会」の日程とスケジュール

打ち上げ日時:2019年8月3日(日)

打ち上げ時間:19:15~20:30 

荒天の場合は8/4(日)に順延、4日不可の場合は中止

打ち上げ会場:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)

打ち上げ数:約14,000発 (江戸川区 9,000発、市川市 5,000発)

予想人出:江戸川区:約90万人 市川市:約50万人

会場までのアクセス

電車の場合

①JR総武線「小岩駅」下車 徒歩約25分

↑クリックすると拡大できます↑

②都営新宿線「篠崎駅」下車 徒歩約15分

↑クリックすると拡大できます↑

小岩駅、篠崎駅から会場までは誘導旗(のぼり旗)が設置されています。

篠崎駅は大変混雑するので、待ち合わせには北口を利用しましょう。

篠崎駅西口は20:00~23:00まで閉鎖されます。

③都営新宿線「瑞江駅」下車 徒歩約45分

④京成線「形成江戸川駅」下車 徒歩約25分

 

路線バス・臨時バスの場合

路線バスの場合(京成バス)
①小72 小岩駅⇔スポーツランド・一之江駅・瑞江駅行 「北篠崎」下車 徒歩0分 交通規制後迂回あり 小岩二丁目」下車 徒歩10分

②小73 小岩駅⇔スポーツランド・瑞江駅行 「南小岩二丁目」徒歩10分

③新小71 新小岩駅⇔スポーツランド・瑞江駅行き 「新皆面橋」「中図師」下車 徒歩10分

花火大会終了後(交通規制のため乗車バス停に変更あり)

  • 小岩方面は南小岩二丁目から 最終バス22:14
  • 新小岩方面は新皆面橋から 最終バス22:13
  • 瑞江駅、今井・一の江方面は中図師から 瑞江駅最終バス 22:56 今井・一之江方面最終バス 10:31

臨時バス(帰りのみ)

篠崎駅発着の臨時バスが出ます。

都営新宿線 一の江駅、葛西方面に向かい、停車は一之江駅と葛西駅のみです。(最終便は22:00~22:30頃)

満員(定員50名程度)になり次第順次発車です。

 

車の場合

篠崎公園駐車場は利用できません。

自転車も含めて車の来場を禁止として、公共交通機関の利用を推奨しています。

「江戸川区花火大会2019」の交通規制は?

↑クリックすると拡大できます↑

交通規制は17:00~22:00の予定で、一里塚から新道口まで車両通行止めです。

交通規制終了後も周辺道路は混雑が続きます。

 

《船からの観覧》

出典元:江戸川区役所HP

船で観覧をする場合は、指定観覧水域が設けられているので、その中の航行になります。

事前に手続きをした船舶のみの利用です。

駐車場情報

《南小岩周辺駐車場》

花火大会会場周辺に駐車場はありますが、交通規制の範囲内に入っている場所が多いです。

帰り道はできるだけ京葉道路、柴又街道、千葉街道は避けるルートがよいですね!

東京方面は途中に河川があるので、橋に向かって渋滞してしまいます。

専用駐車場

江戸川区花火大会2019の専用駐車場は設けられていません。

打ち上げ場所に出来るだけ近くなるような場所を選んでみました。

参考になれば嬉しいです。

 

《タイムズ南小岩第15》

24時間営業 収容台数:5台
全日 08:00-00:00 60分/300円 00:00-08:00 60分 100円 最大料金(繰り返し適用)駐車後24時間 最大料金1200円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

 

《NBパーキング南小岩第6》

24時間営業 収容台数:3台 平地・自走
全日 08:00~21:00 1時間 200円 8〜21時 最大1,300円 全日 21:00~08:00 1時間 100円 21〜8時 最大400円
高さ3.8m、幅1.9m、長さ4.8m、重量2.5t 最低地上高15cm以上25cm以下のみ利用可能

 

《ナビパーク南小岩第8》

24時間営業 収容台数:17台 ロック板式
全曜日 8:00~20:00 30分/200円 20:00~8:00 60分/100円 24時間最大(全曜日)1,100円 夜間最大(全曜日)20:00 ~8:00 300円
高さ2.1m以下、長さ5m以下、幅1.9m以下、重量2.5t以下、車底15cm以上

周囲が住宅街になるので、事前予約サービスを使うのがよいでしょう。

当日になって困ることがありません。

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判は?

「江戸川区花火大会2019」の見どころは?

江戸川区花火大会は、毎回8つのテーマに分かれて打ち上げられます。

2019年度の見どころは5番目に打ちあがるスペースアドベンチャーです。

名前を聞いただけで宇宙を想像しますね!

見どころポイント①【花火】

江戸川区花火大会の最初を飾る5秒間で1,000発の打ち上げで華やかに開催されます。

10分毎にテーマが変わり音楽と色鮮やかな花火が次々と夜空に物語を作り上げていきます。

最後はカラフル花火と銀色のシャワーで新時代の夜明けのタイトルに負けない新たな時代を花火で表現します。

見どころポイント②【有料観覧席】

江戸川区側では有料観覧席は設けていません。

一般観覧席となるので、土手の場所取りが当日から激戦が繰り広げられます。

場所取りができたら必ず誰かがいるようにしましょう。

シートの敷きっぱなしは席が撤去されたりして無くなる場合があります。

席の指定が欲しい方は市川市側の有料席を申し込みしてくださいませ。

出典元:江戸川区役所HP

場所取りの規制観覧エリアが設けられました。

打ち上げ場所近くのスポットが人気が高いためシートの大きさを制限しています。

一人分の大きさは1.8mx1.8m(約2畳分)で、これより大きいシートは敷くことができません。

より多くの人が間近で花火を見ることができるよう譲り合いをしましょう。

見どころポイント③【穴場スポット】

土手の正面からは打ち上げ場所が近いので迫力があります。

場所取りが出来なかった場合、意外と近くに穴場スポットがあるので一部紹介しますね♪

【江戸川区側】

《篠崎公園》

打ち上げ場所のすぐ裏手になるので、正面からみているのとほぼ同じくらいです。

穴場といっても人気の場所なので16:00頃までには到着しておいた方がよさそうです。

出遅れてしまった場合には裏手にある篠崎公園B地区もいいですよ!

 

《江戸川グラウンド ポニーランド前野球場》

広い場所なのでよく見えますよ!

地元の方も見に来る場所です。

 

《総武線高架下》

こちらも距離はありますが、花火の雰囲気は楽しめます。

小岩駅または高架をくぐって上流にいくと京成江戸川駅に行くことができるので、帰り対策として駅に近い穴場スポットです。

当日の風向きには注意してください。

上流側に煙がくると花火は見えなくなってしまいます。

 

【市川市側】

《大洲防災公園》

打ち上げ場所の対岸正面ぐらいになるので、花火はよくみえますよ!

敷地も広く、会場からは少し離れていますが、ゆったり見たい方にはおススメです。

JR総武線本八幡駅からシャトルバスが運行されているので、便利な立地になります。

 

《さくら堤公園》

京成線「国府台駅」から近いですが、人が少な目です。

電車が普通しか止まらないことも原因の一つかもしれません。

打ち上げ場所から少し離れてはいますが、人混みを避けて見ること出来ます。

常設トイレの設置がないのが少し残念で、途中のコンビニで飲食物を購入して、借りておきましょう。

帰りのことを考えると、交通も含めて穴場スポットです。

見どころポイント④【屋台】

屋台は3か所に出ています。

  • 江戸川河川敷の付近
  • JR小岩駅から打ち上げ場所に向かっていく間
  • 篠崎駅から打ち上げ場所に向かう間
 
 
 

打ち上げ場所に近づくにつれて屋台は減っていくので、必要なものは会場に到着するまでに用意しましょう。

15:00~21:00ぐらいの営業時間で定番の出店はほぼあります。

ご当地屋台が見つかるかもしれませんね!

人出が多いので、早い時間でないと屋台巡りをしていることもできません。

出店を眺めながら会場に行くと、距離が少しでも気にならないかもしれません。

まとめ

エキサイティング江戸川花火大会というのが正式名称です。

その名前のとおり、10分間隔で様々な花火が音楽とともに上がって見ている人を飽きさせません。

対岸の市川市と共催で行われているので、両方の人出を合わせると墨田川花火大会以上の人出になります。

帰りの電車は上りも下りも混み合うことになるので、足元に注意して歩きましょう。

住宅街を通っていくので、静かにマナーよく帰っていきましょう。

地元の方の地味な協力のもとに花火大会は開催されています。

天気のよい日に花火が上がるといいですね!

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓