dTVの解約・退会方法を詳しく解説!ドコモ回線の有無でココが違う

スポンサードリンク

 

dTVの解約方法はいたって簡単です。

ドコモユーザーとdTV利用のためにアカウントを作成した方(ドコモ非回線利用者)では、解約後の個人情報の取り扱いに違いが出てくるので、ややこしく感じるのかもしれません。

解約手続きはタイミングを失うと1ヶ月分の料金が発生するので、きりのいい時にしたいですね♪

dTVの解約・退会方法を詳しく解説します。

解約手続きをする際に注意しなければならない点にも触れているので、事前情報として確認してくださいませ。

dTVの解約方法

出典元:dTV公式サイト

スマホから手続きする場合、iosアプリから進むことができません。

Andoroid端末からは手続きができます。

人づてに聞いたような時に混乱してしまう恐れがあるので、解約は公式サイトからと認識しておくとよいでしょう。

WEBサイトから手続きをする方法を紹介します。

解約(退会)手続きの流れ
  1. dTV公式サイトに「でログイン」
  2. 「メニュー」を選択して「退会」に進む
  3. 「利用規約に同意し、解約する」に進む
  4. IDとパスワードを入力する
  5. 「dTVの注意事項に同意する」を選択して、「次へ」に進む
  6. 料金請求の確認事項の表示に「はい」を選択して、DAZNfordocomoのセット解約の注意事項の表示に「次へ」に進む
  7. 解約(退会)手続きの内容確認が表示に「同意する」のチェックボックスにチェックを入れて「手続きを完了する」に進む

「お手続きが完了しました」の表示が出ていれば問題なく解約手続きができています。

Andoroid端末のアプリからの手続きの流れもほぼ同じです。

電話で解約できる?

NTTドコモのインターネット回線を利用している場合は、電話で解約することができます。

ドコモインフォメーションセンター

受付時間:年中無休 9:00〜20:00

  • ドコモ回線から 151
  • 一般電話(他社携帯・PHS含む)から 0120-800-000

 

ネットワーク暗証番号を手元に用意するとスムーズです。

docomoショップでも手続きができます。

ドコモショップが空いているとすぐにできるよ♪

dTVの解約する際に注意する点

出典元:dTV公式サイト

dTVの解約手続きをする際に注意しなければならないことがあります。

月額料金は高い額ではないですが、支払いをしたくないことにお金を使うことは腹立たしいですね。

気になる点を取り上げました。

「こんなはずじゃなかった!」ということにならないよう、気をつけよう♪

アプリの削除だけでは完了しない

dTVのアプリを削除しただけでは解約手続きになりません。

「safari」や「chrome」のブラウザから公式サイトに入って手続きしましょう。

Andoroid端末のみアプリから手続きができます。

見つからないことはないと思いますが、不安な場合には公式サイトが安心です。

解約は公式サイトから」と思っていると安心!

日割り計算はない

月額料金制としているので、月途中で退会しても1ヶ月分の料金の請求がされます。

契約日や解約日にかかわらず料金の発生は、1日から月末までの1ヶ月計算です。

無料お試しを利用している方は月末解約が一番お得になります。

忘れてしまって料金が発生しないように注意しましょう。

手続き忘れに注意♪

解約と同時に利用不可

解約手続きをするとすぐに利用できなくなります。

観ている途中の動画があっても例外はありません。

利用の仕方で区別はないので、無料期間中の方も月額会員の方も注意しましょう。

ダウンロードした作品は自分のものになると勘違いする方がいらっしゃいますが、解約すると観ることはできなくなります。

観ていた作品に未練が残らないようなタイミングで手続きをしましょう。

すぐ観られなくなるよ♪

システムメンテナンスの時間帯に注意

毎週火曜日の22:30~翌7:00までシステムメンテナンスが行われ、時間内は解約手続きを行うことができません。

WEB公式サイトもアプリからも手続きができないのは同じです。

月末が火曜日にあたる場合には、手続きの時間に注意しましょう。

詳細はドコモオンラインのサイトメンテナンス情報を確認するとよいです。

知らないで余分に1ヶ月分とられてしまうとがっかりしますよ♪

あまり気にしない点だから注意しよう!

dTVは一度解約したら利用できない?

一度解約しても再度申込みをして利用できます。

無料お試しは1回限りになるので、申込みをした日から料金が発生します。

ドコモ回線の利用の有無で、ドコモ側の個人情報の保持状況が異なります。

ドコモ回線利用

ドコモユーザーはdTVの解約のみとなりますので、アカウントはそのまま他のサービスの利用に使うことができます。

ドコモ回線を利用続している限り、個人情報は保持されています。

ドコモ回線非利用

dTVのためにアカウントを作成した方は、解約と同時にアカウント情報が削除されるので、情報が保存されることはありません。

再申込みはできますが以前の個人情報は消去されています。

同じメールアドレスを登録しても同一人と認識されないので、情報のセキュリティ面から見ると安心ですね♪

dアカウント解約と同時にドコモ回線を申し込みした場合など、例外規定が設けられています。

個人情報の管理はしっかりしてるね~

dTVのアカウントを削除するには?

 

出典元:dTV公式サイト

ドコモユーザーの個人情報は、回線を利用している限り削除されることはありません。

ドコモユーザーが回線契約を解除した場合は、アカウント利用の申し出をしないと自動的に削除されます。

逆にドコモ回線を解約するとdアカウントは自動的に消去となるため、継続利用を希望する場合には別途手続きが必要です。

ドコモ回線を使っていない方は、解約手続きと同時に退会となるため個人情報も同時に削除されます。

利用者にとっては個人情報が1回の手続きで削除されるので安心ですね。

いつまでも情報が残らないのはスッキリしていいよ♪

dTVの解約・退会のまとめ

解約手続きがわかりづらいというのは、スマホアプリの一部のみしか対応していない点から聞こえてくる声かもしれません。

ドコモ回線の保持の有無によって提供サービスの内容が異なる訳ではなく、低価格で動画を楽しむことができることは間違いありません。

もともとドコモ利用者に対してのサービスとして開始したので、通信回線とアカウントの結びつきが濃いですね♪

解約を検討している方は、レンタル作品の配信期限やdポイントの消化など使えるものはしっかりと使ってから手続きしましょう。

VODサービスは多くの会社が参入しているので、それぞれの特徴を踏まえて別のサービスを無料お試しで使ってみるのもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。