同期のサクラ9話あらすじ!目を覚ましたサクラに同期はどうする?

同期のサクラ8話ではサクラが植物状態になっている理由が明らかになりましたね。

やっと前向きになり外に出ようとしたときに、事故にあってしまうというあまりにも悲しいストーリーでしたが、最後に目を覚まして少し安心しました。

先の読めない展開に次回はどうなるのか?と気になっている方は多いですよね。注目の9話のあらすじをまとめました。

9話では、目を覚ましたサクラに同期はどうするのか?に注目目が集まります。

サクラが植物人間の状態になっていた9か月間で、同期のメンバーを取り巻く環境は大きく変わっています。

目を覚ましたサクラは、どうするのでしょうか?変化は受け入れられるのか?

同期のサクラ9話のあらすじをまとめました!

\同期のサクラを最初から楽しむにはHuluがオススメ

 

同期のサクラ9話あらすじ!

出典元:https://news.dwango.jp/tv/41109-1909

2019年3月に、事故にあい意識を失っていたサクラが9か月の眠りからついに目を覚ましました

翌日、同期の4人は知らせを受けて病室に駆け付け、意識が戻ったことを喜びます。

しかし、そこでサクラは自分が花村建設から解雇された事実を知ります。

4人はかける言葉がみつかりませんが、サクラは「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」と前向きな姿勢を見せます。

同期の4人達は、前向きなサクラに戻ったと確信しました。

数週間後に退院したサクラは、同期たちが折半して契約を継続してくれていた自分の部屋へ向かいます。

サクラは百合から、自分の経験を生かした託児所を作るために仕事を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受けます。

葵と話したサクラは、副社長となった黒川のもとで葵がバリバリ働いている事を知ります。

サクラにまだ気持ちはあるものの、百合との関係にけじめをつけたいと悩む葵にサクラは助言することができませんでした。

サクラは次の職場を探していましたが、その時に蓮太郎と共に、かつて同期でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェに向かいます。

⇛喫茶店リクエストではオリジナルストーリーがHuluで配信中♪

そこで、仙台でボランティア活動をしている菊夫とネットを通して通話したサクラは、NPOの代表になってほしいと頼まれてどうしようかと菊夫が悩んでいることを知ります。

サクラは助けになりたかったのですが、菊夫は忙しそうな様子で電話は切れてしまいました。

蓮太郎は重責に悩む菊夫の気持ちはわかると話し始め、会社から営業への異動を打診されたが、設計を続けるために転職しようか悩んでいることを伝えました。

サクラは妻のすみれに相談した方がいいと言いますが、蓮太郎はすみれに心配させたくないので秘密にしてほしいと頼みました。

サクラは、自分が眠っている間に同期たちがそれぞれの人生に向き合い、一歩先を行く同期たちをまぶしく感じていました。

その夜、サクラのもとにすみれが訪れます。

蓮太郎の秘密をバラさないように焦るサクラに気付いたすみれは、嘘がつけないさくらの就職を心配します。

就職活動を始めたサクラですが、すみれの心配通り、サクラは花村建設を解雇された経緯を正直に話し、面接で落とされてしまいます

サクラは貯金もなくなり、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けます。

そしてサクラは、同期の悩みを聞こうと鍋パーティに誘いますが、当日準備をするサクラの元に次々と欠席の連絡が入るのでした。

そして、自分たちで問題を解決する同期に無力感を覚え、サクラはふるさとの島に帰ることを決意します。

⇛じいちゃんはもう居ないけどサクラはどうする?

目を覚ましたサクラに同期たちは?

9話ではついにサクラが目を覚まします。

同期たちはもちろん喜びますが、自分たちの生活の方でも悩みがあるようで、意識を取り戻したサクラに相談事を持ち掛けるのは結構酷な感じがしますが…。

サクラは9か月間も意識を失ったままでしたので、驚いたのと同時に、困惑したと思います。

確かにサクラの立場から見てみると、やっと前向きになれたのに植物人間で長い眠りにつき、目を覚まして同期たちと一緒に頑張ろう!とした時に

自分の知らないところで仲間たちが新たな道に進んでいたら、相当ショックだと思います。

そして元気だったころのサクラのように皆を励まそうとするも、各々の力で悩みを解決できる姿を見ると、自分はいらないのではないか。と思い故郷に帰りたくなる気持ちはよくわかりますよね。

サクラはこのまま故郷の島に帰ってしまうのでしょうか?

仕事も解雇され同期たちも離れてしまったサクラはどうする?

出典元:https://mantan-web.jp/article/20191203dog00m200018000c.html

黒川が解雇を先延ばしにしようとしてくれたにも関わらず、サクラは解雇されてしまいました。

長期間無断欠勤していた後に、勤務中ではない不慮の事故で入院していたのですから、無理はないのかもしれませんがやはり解雇されてしまったのは相当ショックだったのではないかと思います。

サクラは身寄りもありませんから、自分でなんとかしなければなりません。

入院費でも相当かかったでしょうし、生活費も貯金を切り崩さなければなりません。

まさに前途多難ですよね。

同期たちの対応は正しかったのか?

故郷に橋を架けるという夢が叶わなくなり、じいちゃんも亡くなり失意の底にいたサクラ。

8話を見た視聴者にはそもそもの対応としてどうなの?という意見が多く見られました。

 

近年、まだ十分とは言えないとはいえ、やっと理解が広まってきたうつ病やうつ状態という心の病ですが、サクラは引きこもりになってしまった時点でもう心の病を発症していたのではないかと思われます。

もちろん同期の4人はサクラのことを心配していたことは間違いないですが、サクラに救ってもらった恩返しをしようと、今度は自分たちがサクラを救う!と、身内で何とか解決しようとしていましたよね。

それはサクラを思う気持ちから行われたものですが、「自分たちが恩返ししたい」という自分のエゴを満たすための行動であったとも捉えられます。

サクラに必要だったものは、「元気だったサクラに戻ってもらう」ことではなく、「どんなサクラも受け入れてくれる」温かさだったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

サクラは故郷の島に帰ってしまうの?

出典元:https://www.cinematoday.jp/news/N0112747

予告ではサクラが故郷に帰ってしまうような映像が流れていましたが、本当にサクラは島に帰ってしまうのでしょうか?

故郷の島を離れ、橋を建てるという夢に奮闘していたサクラ。

その夢が叶わなくなり、最愛の祖父を亡くし、同期までも自分を必要としなくなってしまったと思っているサクラは、東京にいるのが辛くなってしまったのでしょう。

同期たちは、もちろんサクラを必要としていますが、意識がなかったサクラは急に変わった環境についていけず、自分の存在意義が見つけられないのかもしれません。

しかし、同期たちはずっとサクラが目を覚ますのを信じて待っていました

それはサクラと一緒にもう一度仕事をしたかったからです。サクラが島に帰ることをそのままにしておくとは思えません。

次回を楽しみに待ちたいと思います!

⇛同期のサクラ結末予想はこちら

スポンサードリンク

まとめ

同期のサクラ9話のあらすじをまとめました。

急なうつ展開に少しどんよりとした気持ちになった8話ですが、9話ではサクラが救われることを祈っています!

今後どのような展開になっていくのか楽しみですね!

\同期のサクラを最初から最新話まで無料で見る/