賭ケグルイ2期ドラマ・3話のネタバレや感想・視聴率は?生徒会豆生田の陰謀が!?

日増しに注目が集まるドラマ「賭ケグルイseason2」も3話が放送となりました。

1話から続いたユメミとのアイドル対決はフィナーレを迎えるわけですが、夢子の最後の追い込みはいかに!?

そして、生徒会・豆生田の陰謀が露見されるのでしょうか?

第3話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

「賭ケグルイseason2」3話のあらすじ・ネタバレについて

 

【3話のあらすじ】

「一流アイドル決定戦 バトっていいとも!」の最終戦、「利きファンゲーム」。会場にいるファンの誕生月をあてるこのゲームは、圧倒的にユメミ(松村沙友理)に有利なものだった。なぜなら、会場にいるのは、全員がユメミのファンクラブ会員で、彼女は会員すべての誕生月を暗記していたのだ。勝利を確信していたユメミだったが、なんと彼女が引き当てたのは芽亜里(森川葵)。芽亜里のことを知らないユメミは当然、誕生月を知る由もない。
これを夢子(浜辺美波)が仕掛けた罠だと考えたユメミは、夢子に心理戦を挑もうとするが・・・。遂に決着を迎える夢子VSユメミによる「バトっていいとも!」。勝負の結末は思わぬ展開を見せる。そして、夢子と生徒会をめぐる新たな戦いの火蓋も切って落とされようとしていた―。

引用:公式サイト

 

「賭ケグルイseason2」3話ネタバレ

誕生月を当てれるのか!?バトッていいともの決着はいかに?

バトルのお題は「利きファン」で、会場で選ばれたファンの誕生月を当てるというもの。

 

夢子の仲間である早乙女メアリが指名されており、夢子は当然誕生日を知っていると推測するユメミ。

夢子はユメミに分かるように6月と書きます!!

 

ユメミは「キターーーーーっ」正解は6月か!?

とテンションを上げますが、

いやいや・・・・そんなワケないでしょ。

答えは逆に9月だと読むユメミ。

 

双方の答えの提示は、ユメミは9月・夢子は6月と答えました。

ユメミは混乱し、絶望を感じる中で答えが発表される。

 

早乙女メアリの誕生月は・・・3月!!!

裏読みしたのが敗因でしたね・・・。

 

答えは3月で一番近い6月の夢子の勝利です!

なぜ6月と書いた?仲間の誕生日を知らないだと!?何故なんだと叫ぶユメミに夢子は答えます。

 

メアリさんの誕生月を存じ上げなかったもので。

答えの決まったギャンブル程つまらないものはありませんもの。

 

このバトルに勝利した夢子は掛け金5000千万円を手にする。

ここでユメミのマネージャーさゆりが、追加で支払うから録音公開をやめてくれと持ち掛けるが、ユメミは負けは負けと潔く録音公開を承諾します。

 

録音音声が会場中に流れます。

ファンを罵倒する声が会場に響き渡り、ファンは愕然と座り込んでしまいます。

 

ユメミは最後にファンへ謝罪と感謝を述べました。

自分とサオリの夢の為に利用してましたと全てを認めて、アイドル人生の終わりを覚悟するかのように・・・。

 

しかし、会場は予想外の動きに!

「ユメミちゃん好きだーーーーー!!!」

「ユメミちゃんがどう思おうと僕たちがユメミちゃんを好きならそれで良いんだーーーー!!!!」

 

笑顔の戻ったユメミは夢子とユニットライブとして「廻り廻ってin your pocket」を歌い上げます。

 

生徒会との新たな火蓋が!?

ほのぼのとした空気に包まれる中、夢子が口を開きます。

まだ終わっていません。

だってユメミテさんを陥れようとした犯人が別にいます。

真犯人は私にこの勝負を誘引し、わざわざファンレターとボイスレコーダーまで渡されて・・・

これでは最初からユメミテさんを陥れろというメッセージではないですか。

私はそれを使ってユメミテさんを陥れようとした犯人が許せません。

 

これに呼応するかのようにマネージャーも許せないと主張する。

これに答えたのはユメミで、元々控室に入れたのは、ユメミ・サユリ・豆生田だけだったことを暴露。

答えを聞かせてくれと豆生田をステージに引きずり出すことに成功します。

 

しかし、この状況になることも豆生田は想定内だったようで、生徒会役員が負けた失態の責任は生徒会長に向けられ、時期生徒会長を狙う豆生田からしたらプラン通りに進み逆に興奮しています。

ステージ上では、

ユメミの為にこのステージを手配、同じ仲間を陥れる必要がどこにあるのか?

と熱弁をふるい、なぜ生徒会を陥れようとする蛇喰夢子を疑わないのかと話の焦点をずらそうとしますが、ここは百花王学園です。

どちらが正しいかギャンブルで決めましょう!と持ち掛ける夢子に、対価が伴わない・くだらないと豆生田は勝負を断ります。

 

しかし夢子にはまだ奥の手が!

 

家畜である「ミケ」が一度だけ相手関係なく対戦を要望できる「公式戦」があります。

これは申し込まれた生徒は対戦を拒否する権利はないというルール。

夢子は「公式戦」を豆生田に持ちかけたところで3話は終了となります。

 

次週は豆生田との直接対決が実現となります。

スポンサードリンク

「賭ケグルイseason2」3話の感想

3話までもつれ込んだアイドル対決の決着がつき、いよいよ録音が公開となりましたが、それでもファンはユメミを見捨てないという展開に、とんだ茶番だなと感じてしまいました。

しかし、ドラマの後半は豆生田と夢子の攻防でようやく白熱の展開になりましたね。

公式戦を突き付けられた時の豆生田の表情は、原作を再現する見事な演技でした♪

1人ひとり全力の演技に、つい見入ってしまいます。

スポンサードリンク

「賭ケグルイseason2」視聴率は?

【賭ケグルイseason2】

3話の視聴率は〇〇%です。
 
公表次第追記します

1話の視聴率:1.3%

2話の視聴率:0.9%

3話の視聴率:

4話の視聴率:

深夜枠としては悪くない数字です!

見逃し視聴はこちら

「賭ケグルイseason2」1話から最終話までのネタバレ

今回のドラマ「賭ケグルイseason2」の放送期間は、

4月28日(日)~5月31日(日)

 

5月3日(金)には、「映画 賭ケグルイ」が放映されることは決定しているので、それを考えれば4話で完結するのは間違いなさそうですね。

 

映画は原作者である河村ほむらさんがシナリオの原案・監修に参加しての完全オリジナルストーリーとなっています。

 

ドラマの続編ではありませんが、「映画を絶対観る」という方は事前にドラマをチェックし、出演キャラクターの濃すぎる特徴やストーリーを把握して映画を観た方が何倍も楽しめるのではないでしょうか?

 

賭ケグルイの原作と実写の比較画像も用意しています♪

 

「賭ケグルイseason2」全話まとめ

※ドラマを見逃した方はこちらに無料視聴があります。

まとめ

第3話も面白い展開にあっという間に終わってしまった感があります。

30分枠はダラダラしないので集中できるという意見もありますが、賭ケグルイは1時間でも見入ってしまうだろうと思います。

生徒会のユメミを撃破した夢子、次のターゲットには黒幕である豆生田との直接対決が勃発。

4話も目が話せませんね!