大恋愛ムロツヨシの名言と名シーンまとめ!ギャップが凄すぎる演技に感動!

再放送が開始された『大恋愛』が、再び話題になっていますね♫

主演の戸田恵梨香さんも素敵でしたが、注目はムロツヨシさんです!

何故か・・・ムロツヨシさんがかっこよく見えてくる(笑)

その裏には、名言や名シーンが隠れている!

そんな、大恋愛の魅力を伝える為にムロツヨシさんの名言や名シーンをまとめてみましたのでご覧ください♪

 

\大恋愛を1話からもう一度見たい/

「大恋愛」ムロツヨシさんの名シーン・名言

ムロツヨシさん演じる真司の、大恋愛の名言を紹介していきます。

「大恋愛」2話の名言

一番最初は、真司が尚に告白するシーンです。

尚が、癌でもエイズでもアルツハイマーでも心臓病でも腎臓病でも糖尿病でも歯周病でも中耳炎でもものもらいでも水虫でも、俺は尚と一緒に居たいんだ。

やはり、告白シーンはカッコいい!!

それも、どんなことがあっても好きと伝えた名言になっていますね♫

素直に好きとストレートに伝える、これ男らしい名言だと思います♪

「大恋愛」5話の名シーン・名言

なんといっても、この結婚のシーンは最高のシーンでしたね♪

いいよ。結婚してくれる?

名前間違うかもしれないし、鍵さしっぱなしにするかもしれないという不安を尚がぶつけると、全てに真司は「いいよ」と言います。

「いつか、、真司のこと忘れちゃうけど……いい?」っと聞かれても「いいよ」と言います。

かっこよすぎる名言でした!

ドラミ
かっこいい・・・全てを受け入れる愛は名言だなぁ♪

「大恋愛」7話の名シーン・名言

そして、この子供を作ると決めた7話の名言も忘れられません。

公平が尚との事で真司にせまり、その中でも尚が子供を作ろうと決めた時に言った名言!

人生は不思議だ最悪の日に、最高の未来が見えることもあるのだと僕は知った

尚の覚悟も立派ですが、この最高の日だと直に言える真司が最高だと思います。

こんなこと言えたらなぁ・・・まさに運命の人だね

「大恋愛」9話の名シーン・名言

尚は、自分の記憶がどんどん無くなっていくことで将来を心配していました。

尚は、自分が居なくなったあと水野(編集者)に今後を託したいと言った時後の名言です。

俺は尚ちゃんじゃなきゃ嫌なんだから。

 他の誰かじゃダメなんだ、尚ちゃんじゃなきゃ、尚ちゃんじゃなきゃ!尚ちゃんじゃなきゃ絶対嫌なんだ!

素直な気持ちが全面に出ている良いシーンでした。

やっぱり、自分の気持ちを素直に伝えるのが一番だと感じるシーンです。

ドラミ
これ、言われたら女性はうれしいに決まってるよね。

 

「大恋愛」10話の名シーン・名言

なんといっても、涙なしでは語れない・・・最終回はもう名シーンというか名言です。

尚が自分の記憶をなくした姿を見られたくないと失踪しましたが、真司が彼女を見つけたシーンです。

小説を読み聞かせていると、奇跡的に一瞬記憶が蘇り真司を褒める奇跡の瞬間に!

尚ちゃん……。

名前を呼ぶだけで、嬉しさ・悲しさ・愛おしさ全てが組み込まれた最高のシーンでした。

だめだ・・・画面が涙で見る事ができなかった♪

「大恋愛」ムロツヨシさんの役どころ

オフショットでも、とっても仲良しですね!

数々の名シーンや名言の前に、ムロツヨシさんの役柄を紹介したいと思います♪

ドラマ設定プロフィール

  • 氏名:間宮 真司(まみや しんじ)
  • 年齢:41歳

生まれててすぐに、親に捨てられた親を捨てられ児童養護施設で育った幼少時代を過ごします。

親に愛されたことがないので、人を愛しづらい性格でしたが女性関係はそれなりに豊富でした。

小説を書き始め「砂にまみれたアンジェリカ」で新人賞を受賞して世間の注目を浴びますが、次回作が続きません。

小説家と言いながら、引っ越しのアルバイトをしているときに運命の出会いがありました。

尚の出会いと存在が、真司の眠っていた才能を再び呼び起こしていくこととなります。

ムロツヨシさんプロフィール

  • 本名:非公開
  • 生年月日: 1976年1月23日(44歳)
  • 身長:168 cm
  • 出身:神奈川県
  • 血液型:A型
  • 事務所: ASH&Dコーポレーション

今回の役柄と実年齢も近く、非常に良い役柄でしたね。

そして、最近ではムロブームが起きるほど注目度の高い俳優さんですが、苦労もされています。

4歳のときに両親が離婚、5歳上の姉と共に親戚のもとで育ったと明かしていました。

芸名のムロツヨシも芸名にしたのは、両親の離婚以来会っていない母に知られたくないと考えたためと言われています。

母親にも新たな家庭があったため、息子が芸能人になったと知られたら「目障りだろうな、と思った」という気遣いだったそうです。

そんなムロツヨシさんは、映画『交渉人 真下正義』(2005年公開)で共演して以降、小泉孝太郎と親交が深く家族ぐるみの付き合いがあります。

最近では、数々のドラマに出演され主演も務める人気俳優さんですが、影には凄い努力があったそうです。

まとめ

ムロツヨシさんの名言や名シーンは多くありましたが、好きという気持ちを素直に伝える言葉ばかりでしたね。

心の底から思った言葉を伝える事こそが・・・名言や名シーンを生むかもしれません。

まだ、大恋愛をご覧になっていない方はこの機会に是非ご覧になってください♪