ベネディクト・カンバーバッチ出演映画おすすめ10選!

たくさんの作品に出演しているハリウッドスターのベネディクト・カンバーバッチは、「マーベル」シリーズのヒーローとしても日本で話題に。

ベネディクト・カンバーバッチがどのような映画に出演していて、おすすめの作品なども気になりますよね。

この記事では、ベネディクト・カンバーバッチのおすすめ映画10選と出演作一覧を紹介していきます!

ベネディクト・カンバーバッチ出演映画おすすめ10選!

ホーキング

1963年、当時21歳のスティーヴン・ホーキングは宇宙の研究をしていました。

彼にはジェーンという恋人がいて、彼女と空を見上げガリレオの話や天文学の話をしながら幸せな時間を過ごしていた。

しかし、突如スティーヴン・ホーキングの体に異変が起こり起き上がることができなくなってしまったのです。

病院に搬送されたスティーヴン・ホーキングでしたが、原因がなかなかわからず入院することになり……。

映画「ホーキング」は、日本でも有名な科学者「スティーヴン・ホーキング」の半生を描いた作品になっています。

難病と戦いながらも、ブラックホールや宇宙の研究をしていた彼の人生がストーリーです。

天才物理学者の生涯を「ベネディクト・カンバーバッチ」や「マシュー・マシュー」や「トム・ウォード」などの豪華なキャストで再現しています。

ドキュメンタリーに近い雰囲気になっていて、ノンフィクション映画などが好きな方に特におすすめです♪

ホーキング:見どころと評価

この作品でベネディクト・カンバーバッチは、「スティーヴン・ホーキング」の役を演じています。

徐々に体が不自由になっていくシーンや、研究にのめり込んでいく姿などが話題になっていました。

ベネディクト・カンバーバッチならではの、天才物理学者の演技に注目!

同じくスティーヴン・ホーキングの半生を描いた、エディ・レッドメイン主演映画「博士と彼女のセオリー」とは違った雰囲気を楽しむことができますよ。

物理学にあまり興味がない方でも楽しめる内容になっているので、是非ベネディクト・カンバーバッチ演じるスティーヴン・ホーキングをチェックしてみてください♪

少し興奮気味に科学のことを説明しているシーンが凄い。

嬉しそうに話してるベネディクト・カンバーバッチの姿が印象的だった。

思ってたよりもロマンチックな内容で好き。

ベネディクト・カンバーバッチに天才役やらせたら最強だな。

ドキュメンタリー風の雰囲気が気に入った。

科学には全然詳しくないけど、自然な演技に惹き込まれる。

二人

愛する妻と息子と平凡な生活を送っていたチャーリー。

しかし、病院へ行ったチャーリーは不治の病だと診断されてしまう。

思い立ったチャーリーは、自分と全く同じ顔の双子のジョーに会いに行くことに。

疎遠だったチャーリーとジョーは、全くタイプの違う人間でした。

ジョーは、ギャンブル好きでどうしようもなく堕落した生活を送っていたのです。

そんなジョーにチャーリーがした提案とは……?

この作品は、短編ストーリーになっていて日本ではあまり知名度のない映画です。

セリフなどもとても少なく、仕草や動作などで多くを伝えていました。

とても深みのある作品になっているので、映画好きの方には特におすすめです!

二人:見どころと評価

映画「二人」でベネディクト・カンバーバッチは、主人公のチャーリーと双子の兄弟ジョーを演じています。

一人二役ということもあり、ベネディクト・カンバーバッチの演技力の高さを実感する作品になっていました。

表情や仕草の使い分けが見事な作品になっているので、ベネディクト・カンバーバッチのファン必見の映画です♪

始まりからエンディングまで、ずっとクライマックスのような作品だった。

一人二役を演じているベネディクト・カンバーバッチは、天才としかいえない。

演技力の高さがずば抜けてる。

ベネディクト・カンバーバッチさんの表情の違いが凄い。

セリフが比較的少ない作品だからこそ、際立って見える。

ストーリーも面白いけど、演技が天才。

どちらかというとベネディクト・カンバーバッチが苦手だった。

でも一人二役演じていて、雰囲気が崩れた感じとメガネ姿で好きになった。

気持ちの変化とか目の動きとかで伝える演技に鳥肌が立った。

ゴッホ 真実の手紙

寄宿学校で絵画の勉強をしていたゴッホは、卒業してから美術商で働くことに。

美術商として働いていたゴッホは、新聞に載っていた版画に魅了されました。

版画を見たゴッホは、ふと牧師をしていた父親の姿を思い出し聖職者の仕事の勉強をし始め……。

映画「ゴッホ 真実の手紙」は、日本でも有名な画家のフィンセント・ファン・ゴッホの人生を描いた作品になっています。

死んでから有名になった画家ゴッホが、どのような人生を歩んできたのかがストーリーで表現されています。

天才ゴッホの苦悩や、彼の心の拠り所だった弟テオの存在など、感動的な作品になっていました。

タイトルにもある「真実の手紙」の意味を是非自分で確認してみてくださいね♪

ゴッホ真実の手紙:見どころと評価

この作品でベネディクト・カンバーバッチは、天才画家ゴッホの役を演じています。

絵に魅了されたフィンセント・ファン・ゴッホを見事に演じていました。

実際の手紙を元に制作された作品になっていて、ドキュメンタリー映画が好きな人には特におすすめです♪

ベネディクト・カンバーバッチの魅力とストーリーをじっくりと堪能できる作品なので、ファンの方は是非チェックしてみてくださいね!

ゴッホのドキュメンタリーを何故カンバーバッチがするのと思ったけど、凄い作品だった。

1時間程度の作品でしたが、リアリティ感や演技は濃密。

やっぱり演技がずば抜けてるって改めて実感する映画。

シェイクスピア劇で培った経験があるからこの演技力の高さなのかな。

ベネディクト・カンバーバッチは本当に最高。

ゴッホのこと全然詳しくないけど、この映画でちょっと視点が変わった気がする。

裏切りのサーカス

東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。ある策略により、英国諜報部<サーカス>を去ることとなった老スパイ・スマイリーの元に、困難な任務が下される。それは、長年に渡り組織の幹部に潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>を捜し出すこと。標的は組織幹部の4人、<ティンカー(鋳掛け屋)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵隊)、プアマン(貧乏人)>。過去の記録を遡り、証言を集め、容疑者を洗いあげていくスマイリー。浮かび上がるソ連の深部情報ソース、そしてかつての宿敵、ソ連のスパイの影。やがて彼が見いだす意外な裏切者の正体とは―。

引用:https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=009188

⇒公式サイト

映画「裏切りのサーカス」は、スパイ同士の探り合いが描かれたストーリーになっています。

登場人物が多くなっていて、ストーリーの伏線などに気づかなかったという方も多いほど静かにストーリーが進んでいく作品です。

アクションシーン満載のスパイ映画とも違った面白さがあるので、映画好きにはおすすめですよ♪

この作品には、「ゲイリー・オールドマン」や「コリン・ファース」や「トム・ハーディ」や「マーク・ストロング」などの豪華キャストが出演!

名優たちの演技と、深いストーリーをお楽しみください♫

裏切りのサーカス:見どころと評価

この作品でベネディクト・カンバーバッチは、「ピーター・ギラム」という役を演じています。

中堅の幹部の役を演じていて、サーカス(スパイ組織)の元幹部「ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)」の指示でもぐら(裏切りモノ)を探す手伝いをすることに。

裏切りモノが誰かわからないので、ピーターは他の幹部にもバレないように緻密に行動していました。

映画「裏切りのサーカス」でベネディクト・カンバーバッチは、わき役を演じています♫

緊張している仕草などもリアルで、他の作品とは違うベネディクト・カンバーバッチの一面を見ることができますよ!

俳優陣がとにかく豪華すぎる。

ストーリーは、2・3回見てやっとわかる深さ。

この豪華なキャストたちと並んでもベネディクト・カンバーバッチの存在感は凄い。

寡黙なスパイ映画として楽しめた。

ゲイリー・オールドマンも渋くてカッコいい。

ベネディクト・カンバーバッチの少しおどおどしたスパイ姿が印象的。

フィフス・エステート 世界から狙われた男

アメリカ合衆国のアフガニスタン戦争の機密が2010年に漏洩した。

その機密情報を漏らした人物は、ウィキリークスという内部告発サイト。

ジュリアン・アサンジが運営しているサイトで、そこには100人のプログラマー集団が集結していた。

情報提供者の匿名性を守り、汚職や国家が隠している秘密を暴くウィキリークスでしたが……。

実際に日本でも話題になった有名なウィキリークスの創設者「ジュリアン・アサンジ」を描いた作品になっています。

ジュリアン・アサンジと一緒に活動していたダニエルからの視点で描かれていて、世界を変えようとした男の活動を知ることができますよ!

マインドファックムービー的な要素もあり、世界中から危険分子として警戒されていた男の戦いは見どころ満載になっています♫

「デヴィッド・シューリス」と「ベネディクト・カンバーバッチ」の演技に注目してください!

 

フィフス・エステート 世界から狙われた男:見どころと評価

この作品でベネディクト・カンバーバッチは、主人公の「ジュリアン・アサンジ」役を演じています。

ジュリアン・アサンジは、ウィキリークスの創設者ということもあり世界中から危険視されていた存在です。

天才的な頭脳の持ち主をベネディクト・カンバーバッチが演じていて、白髪も似合っていると話題に♫

ジュリアン・アサンジの狂気的な面を、見事に演じているのでベネディクト・カンバーバッチのファンの方は是非チェックしてみてくださいね!

ベネディクト・カンバーバッチの白髪姿は驚き。

実話系のストーリーに強い印象は相変わらずだったな。

天才で少し冷血な役は似合ってる。

ベネディクト・カンバーバッチの少し狂気的な演技が印象的な作品かな。

演技に引き付けられるし、白髪がとにかく似合いすぎ。

でもやっぱり、シャーロックの時の髪形が好きかなぁ。

それでも夜は明ける

物語の主人公は、愛する妻と幼い子どもたちに囲まれ、幸せな日々を送っていた男。そんな男が、ある日突然誘拐され、家族も、財産も、名前さえも奪われ、遠く見知らぬ地へ奴隷として売られてしまう。これはすべて、アメリカで本当にあった事件。自由の権利を得ていた黒人音楽家ソロモン・ノーサップが、1841年から12年間、奴隷として送った人生の回想録の映画化だ。

引用:http://yo-akeru.gaga.ne.jp/introduction.html

⇒公式サイト

映画「それでも夜は明ける」は、実際にアメリカで起こった事件が題材になった作品です。

アカデミー賞に多数ノミネートされた映画で、日本でも話題になっていました。

友人だと思ってた人物の裏切りのせいで一気に人生が変わってしまった主人公の「ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)」の人生が描かれていて、残酷なシーンも多々あります。

この作品には、「マイケル・ファスベンダー」や「ポール・ダノ」や「ブラッド・ピット」などの豪華なキャストたちが出演♫

それでも夜は明ける:見どころと評価

映画「それでも夜は明ける」でベネディクト・カンバーバッチは、「ウィリアム・フォード」という聖職者の役を演じています。

ベネディクト・カンバーバッチ演じる「ウィリアム・フォード」は、聖職者でありながら奴隷のオーナーも務めている矛盾を抱えた人物です。

心優しい人物ですが、奴隷貿易を取り締まっている人物に反抗できず、主人公「ソロモン・ノーサップ」を解放できなかった。

ソロモンが奴隷ではないかもしれないと気づくシーンなど、細かい演技がとてもリアルで他にも見どころが満載になっています!

結構残酷なストーリーだったな。

ベネディクト・カンバーバッチが演じていた主人は他の人に比べて良い人だったけど、優しい分残酷な気もする。

出演者たちの演技も凄いから、見ておいて良かったと思う作品。

ドクターストレンジの2人が共演してるから見たけど、結構しんどいなぁ。

差別のこととかは知っていたつもりだけど、やっぱり全然知らなかったと実感した。

見てよかったと思える映画だけど、少し覚悟が必要かも?

ベネディクト・カンバーバッチが演じていた人物の少し不器用な演技だけで、とりあえず満足。

ブラック・スキャンダル

1975年、サウスボストンでアメリカの正義の根幹を揺るがす史上最悪の汚職事件が起きた。
マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリー(ジョエル・エドガートン)は、イタリア系マフィアと抗争を繰り広げるギャングのボス、バルジャー(ジョニー・デップ)に敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるバルジャー。出世欲の強いコノリーと名声を望む政治家のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく――。そう彼らは同じ街で育った幼馴染だったのだ。悪の象徴であるバルジャーにより徐々に取り込まれていくFBI、思惑とは別に欲望の歯車が狂い始める――。
やがて地元紙のスクープで彼らの悪事が明らかになった時、彼らに訪れる衝撃の結末とは。ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる!

引用:https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/about/

⇒公式サイト

映画「ブラック・スキャンダル」は、実際にアメリカ合衆国で起こった汚職事件が題材になった作品です。

同じ街で育った3人の幼なじみたちが、成長しそれぞれ別の道を歩みながらも一緒に画策するストーリーになっています。

主人公のギャング「ホワイト・バルジャー」を演じているのは、映画【パイレーツ・オブ・カリビアン】シリーズでも主演を務めていた「ジョニー・デップ」です。

他にも「ジョエル・エドガートン」や「ベネディクト・カンバーバッチ」や「ロリー・コクレーン」などの豪華なキャストたちが出演!

ジョニー・デップ演じるギャングは、迫力満点になっているので是非チェックしてみてくださいね♫

ブラック・スキャンダル:見どころと評価

この作品でベネディクト・カンバーバッチは、「ビリー・バルジャー」という主人公の「ホワイト・バルジャー」の弟を演じています。

ビリー・バルジャーは、マサチューセッツ州の上院議員を務めたことでも知られていて、政治家だったことでも有名です。

ギャングの兄に協力しながら葛藤するビリー・バルジャーを、この作品でもベネディクト・カンバーバッチは見事に演じているので、是非チェックしてみてくださいね♫

ギャングの実話が題材になっているので、ずっと楽しみにしてた。

ジョニー・デップの演技力の高さにも驚きだけど、べネディクト・カンバーバッチのアメリカンアクセントが新鮮だった。

大御所にも引けを取らないのが流石。

ジョニー・デップ怖いなぁ。

目つきとかが凄いし、振り回されるベネディクト・カンバーバッチの演技も好き。

政治家役もすごく似合ってるけど、逆にギャング役とかしてほしいと思った。

シャーロック 忌まわしき花嫁

第二次大戦で傷を負った軍医のジョン・ワトソンは、ロンドンで変人の探偵シャーロック・ホームズと一緒に生活をすることに。

彼の自由奔放で奇妙な行動に振り回されながらもジョンは、シャーロックと一緒に事件を解決することに魅了されていく。

シャーロックとの事件を書面に書き起こしていたジョンは、彼を最も苦しめた事件として「忌まわしき花嫁」の話を語り出す。

ある日シャーロックとジョンの元へ、ジョンの妻メアリーが死人が生き返り旦那を殺したと奇妙な事件があったことを明かした。

シャーロックは、さっそく興味を持ちジョンと一緒に捜査を開始したが……。

⇒公式サイト

映画「シャーロック 忌まわしき花嫁」は、日本でも大人気海外ドラマ「シャーロック」のseason3とseason4の間のストーリーになっています!

原作のシャーロック・ホームズの「語られざる事件」としてして有名なストーリーが再現されていますよ♫

現代版シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが、1800年代のロンドンへタイムスリップしていて、ファン必見の作品です!

ドラマを観ている方の方が楽しめる内容になっていますが、原作などを知らなくても面白い作品になっていますよ♫

見えない敵というのがキーワードになっているので、シャーロックと一緒に是非推理してみてくださいね!

 

シャーロック 忌まわしき花嫁:見どころと評価

この作品でベネディクト・カンバーバッチは、主人公の「シャーロック・ホームズ」を演じています。

自殺したはずのモリアーティの影に悩まされるシャーロックの葛藤なども見どころになっていて、張り巡らされた伏線なども楽しめますよ!

天才で不器用なシャーロック・ホームズを演じるベネディクト・カンバーバッチ好きには必見♫

現代版とは違った雰囲気なども楽しめるようになっています♪

シャーロキアンとして見逃せない作品。

現代版のシャーロックも好きだったけど、原作に寄り添った内容も最高。

やっぱりベネディクト・カンバーバッチのシャーロック・ホームズが一番良い。

何回でも見れる作品。

ドラマも大好きだから映画もチェックした。

マーティン・フリーマンとベネディクト・カンバーバッチのコンビ大好き。

まだまだベネディクト・カンバーバッチのシャーロックが観たいなぁ。

ドクター・ストレンジ

突然の事故で神の手を失った天才外科医ドクター・ストレンジ。彼を甦らせたのは──魔術。厳しい修行により魔術を習得した彼は、世界を滅亡から救うため“闇の魔術”との戦いに巻き込まれていく。だが、医者である彼に、敵の命を奪うことはできるのか?大いなる葛藤を抱えたまま、いまドクター・ストレンジの本当の戦いが始まる!

引用:https://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange/about.html

⇒公式サイト

映画「ドクター・ストレンジ」は、マーベル作品の中でもSFの要素が強く人気の高いです。

医者として優秀なスティーブン・ストレンジが、事故のせいで手の麻痺が取れず治療ができない状態に

そんな彼が頼ったのは、半身不随だった状態から復活したというある男性。

男性は、過去にスティーブン・ストレンジの部下に手術を断られたことを根に持っていましたが、カマー・タージという場所があることを彼に教える。

魔術師のヒーローとして活躍する「ドクター・ストレンジ」の戦いのシーンなどは、他の作品とは違ったスケールになっているので、マーベル好きの方必見の映画です♪

ドクター・ストレンジ:見どころと評価

この作品でベネディクト・カンバーバッチは、主人公の「スティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ」を演じています。

アクション映画に出演しているイメージの少ないベネディクト・カンバーバッチが、この作品では必死に戦っていますよ♫

アクションシーンなども見どころになっていて、医者として悪者を倒すことに葛藤しているシーンなども見どころです!

ラストシーンでは、一人二役を演じているのでファン必見の作品ですね♪

他のマーベル作品とちょっと系統違ったけど、面白かった。

失意の底に堕ちた医者の演技は、さすがベネディクト・カンバーバッチって感じ。

ヒーローっぽいイメージなかったけど、案外はまり役だった気がする。

さすがマーベル作品っという仕上がり。

ベネディクト・カンバーバッチとマントのやり取り笑えた。

もっとたくさんの作品に出演して欲しいな。

アベンジャーズ エンド・ゲーム

最凶最悪の敵“サノス”によって、人類の半分が消し去られ、最強チーム“アベンジャーズ”も崩壊してしまった。
はたして失われた35億の人々と仲間を取り戻す方法はあるのか?大逆転の確率は、1,400万605分の1…。
わずかな希望を信じて再び集結したアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちに残されたのは、最強の絆だけ──。
“今はここにいない”仲間のために、最後にして最大の逆襲が始まる!

引用:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame/about.html

⇒公式サイト

映画「アベンジャーズ エンドゲーム」は、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の続編になっています。

前作でサノスによって地球の人口は約半分にされてしまいました。

人々を取り戻せる方法は、たった1つしかないとドクター・ストレンジに言われたトニー(ロバート・ダウニー・Jr)。

ある方法を思いつき、再び世界を救う為に立ち上がったアベンジャーズたちの姿が描かれています♪

このストーリーでは、「アイアンマン」と「キャプテンアメリカ」の活躍が特に描かれたストーリーになっていました。

他のマーベル作品でも大活躍しているキャストたちが集結しているので、是非チェックしてみてくださいね♫

アベンジャーズ・エンドゲーム:見どころと評価

この作品ではベネディクト・カンバーバッチは、魔術師のヒーロー「ドクター・ストレンジ」を演じています。

前作の指パッチンで消滅しましたが、トニー・スタークのアイデアで復活しました!

彼には、1400万以上の未来が見えていてサノスに勝つ方法はたった1つしかないと知っていたのです。

ドクター・ストレンジの葛藤なども描かれたストーリーになっているので、表情などもしっかりと注目してください♪

待ちに待った作品。

アイアンマンがとにかくかっこよかったな。

でも、全ての出来事を把握しながら一緒に戦ったドクター・ストレンジの心境を思うと切ない。

ベネディクト・カンバーバッチのあの表情が凄いしっくりくる。

初めは全然興味なかったけど、今ではすっかりハマってる。

好きな俳優たくさん出てるっていうのもあるけど、やっぱり演技力凄いなぁ。

カンバーバッチのイケメン加減が最高。

次回以降の作品も絶対見たい。

スポンサードリンク

ベネディクト・カンバーバッチの出演映画一覧!

ベネディクト・カンバーバッチは、他にもたくさんの映画に出演しています♪

公開年作品名役名
2003クロムウェル~英国王への挑戦~Royalist
2006Starter for 10パトリック・ワッツ
アメイジング・グレイスウィリアム・ピット
2007二人ジョー・チャーリー
つぐないポール・マーシャル
2008ブーリン家の姉妹ウィリアム・ケリー
2009Burlesque Fairytalesヘンリー・クラーク
クリエーションジョセフ・ダルトン・フッカー
2010Four Lionsエド
僕が星になる前にジェームズ
トゥルース 闇の告発ニック・カウフマン
ミスティック・アイズデイヴィッド
2011戦火の馬ジェイミー・スチュワート少佐
裏切りのサーカスピーター・ギラム
2012ホビット 思いがけない冒険スマウグ、死人占い師
2013スター・トレック イントゥ・ダークネスジョン・ハリソン
それでも夜は明けるウィリアム・フォード
フィフス・エステート/世界から狙われた男ジュリアン・アサンジ
8月の家族たち”リトル”・チャールズ・エイケン
ホビット 竜に狙われた王国スマウグ、死人占い師
2014ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービークラシファイド
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密アラン・チューリング
ホビット 決戦のゆくえスマウグ、死人占い師
2015ブラック・スキャンダルビリー・バルジャー
SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁シャーロック・ホームズ
2016ズーランダーNo.2オール
ドクター・ストレンジスティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ
2017エジソンズ・ゲームトーマス・エジソン
マイティ―・ソー バトルロワイアルスティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ
2018アベンジャーズ/インフィニティ・ウォースティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ
グリンチグリンチ
モーグリ:ジャングルの伝説シア・カーン
2019アベンジャーズ/エンドゲームスティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ
ビトウィーン・トゥ・ファーンズ:ザ・ムービー本人
1917 命を懸けた伝令マッケンジー大佐
2021ドクター・ストレンジ イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネススティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ

映画「ホビット」では、ドラマ「シャーロック」シリーズで相棒の「マーティン・フリーマン」と共演していますよ♪

他にも、コメディー映画「ズーランダーNo.2」では、オールという変人の役を演じたことで話題に!

スポンサードリンク

ベネディクト・カンバーバッチの映画おすすめ10選と出演作一覧まとめ!

この記事では、ハリウッドスターのベネディクト・カンバーバッチのおすすめ映画と出演作一覧を紹介していきました!

今後もたくさんの作品に出演する予定になっていて、ドラマなどでも幅広く活躍しているので是非チェックしてみてくださいね♫