真剣佑ちはやふるの役柄は?イケメンすぎると大反響!

広瀬すずさん主演の映画「ちはやふる-結び-」が3月29日金曜ロードショーで地上波で初放送されました。

 

競技かるたにかける若者の熱い思いを描いた青春サクセスストーリーの映画が放送されましたが、主演広瀬すずと幼馴染の関係にある綿谷新を演じる真剣佑のイケメンっぷりに注目が集まっています。

 

広瀬すず演じる綾瀬千早と、野村周平演じる真島太一、真剣佑演じる綿谷新の幼馴染3人名を中心に、競技かるたへの情熱を映していますが千早に恋心を寄せる太一と新のトライアングルな関係が、淡く切ない描写をところどころに散りばめらた胸キュン映画。

 

では、話題となっている真剣佑さん演じる役柄や大反響のイケメン画像などをまとめてご紹介します。

 

ちはやふる-結び-のあらすじ

 

ちはやふるは「上の句」「下の句」に続き昨年公開された完結編となる「-結び-」の3作品となっており、今回は昨年公開から地上波初となる「-結び-」が放送されます。

 

「上の句」「下の句」では、綾瀬千早と真島太一で始めた瑞沢高校かるた部を作り全国大会を目指すが、幼馴染の綿谷新は小学校で福井県に帰ってしまったが、離れても三人のかるたへの情熱は消えないと思っていた千早。

 

あるとき、新はかるたを辞めたという噂が耳に入る。

 

尊敬していた永世名人の叔父を亡くし情熱を失った新を、千早は太一と共に福井まで行き、新のかるたへの情熱を呼び覚ます。

そして、全国大会で千早は現役最強のクイーン若宮詩暢との戦いに挑む。

 

完結編の「-結び-」は、壮絶な戦いを繰り広げた全国大会から2年後が舞台となり、3年生になった千早たちは、高校生最後の全国大会に向けて動き出す。

 

情熱を取り戻した新もチームの素晴らしさを知り、全国大会で千早たちと戦うためにかるた部を創設。

 

それぞれ全国大会を目指す中、瑞沢高校の主将である太一が部活に来なくなる。

かるたへの思い、千早への思い、進学への思い、複雑な心境からかるたから身を引こうとする・・・・

 

衝撃のスタートとなる「結び」に注目です。

 

真剣佑演じる役柄は?

 

ちはやふるで真剣佑さんが演じるのは「綿谷新(わたやあらた)」という、競技かるたの永世名人を叔父にもつ青年。

 

新は小学校時代に競技かるた全国大会に優勝する実力の持ち主で、さすがは永世名人のお孫さんだと将来を期待される少年でした。

 

小学校で出会った千早と太一に競技かるたを教えた人物ですが、小学校卒業とともに出身地の福井県に帰ることになります。

 

福井に戻ってもかるたへの情熱は消えることなく、尊敬する叔父のような名人になるため、そしていつか3人でかるたをやるため強い思いで打ち込みますが、介護していた叔父を亡くしたことで一度はかるたへの情熱を失います。

 

しかし、千早と太一が福井県まで足を運びふさぎ込んでいた新のかるたへの情熱を呼び戻します。

 


 

 

ここからは漫画でのネタバレになりますが、クイーンを目指すきっかけを作った新は、自身も名人を目指すため奮闘する日々を送ります。

 

太一はというと、現役最強の周防名人に弟子入りすることに!

 

まさか名人を目指しているとは知らなった千早と新ですが、太一の思いは新に負けたくないという強い思いから来るものでしたが、実は名人を目指す自分がいる事にも気付きます。

 

名人と戦う為の資格は、関東優勝者と関西優勝者の直接対決で勝者が名人との対局する資格を手にします。

 

白熱する戦いが感動を呼ぶストーリーが描かれていくわけですが、映画「-結び-」まではそこまでの放送はありません。

 

しかし、幼馴染だった千早・太一・新の物語はより究極のステージへ進んでいくわけですが、この漫画を実写で演じるには深い感情を表現する大役でもありました。

 

複雑な心境を表現する役を見事に演じた真剣佑さん、イケメンというだけでなく演技力にはこれからも大きな期待が寄せられます。

 

イケメン過ぎる姿にネットがざわつく

綿谷新を演じた真剣佑さんに、ネットでは称賛の嵐が!!!

確かに否定しようがない整った顔、爽やかです!!!

 

 

新田真剣佑・プロフィール

 

プロフィール
  • 本名:前田 真剣佑 (まえだ まっけんゆう)
  • 芸名:新田真剣佑 (あらた まっけんゆう)
  • 生年月日:1996年11月16日
  • 出身:アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市
  • 身長:176cm
  • 血液型:B型
  • 職業:俳優
  • 所属:トップコート

 

真剣佑さん、特技が多彩すぎて凄いです。

スポーツ全般 ・ 水泳・乗馬・殺陣・空手・レスリング・体操・水球・スキー・ピアノ・フルート・アルトサックス
 

 

ちはやふる「上の句・下の句」で、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し一躍その名を世に広めた作品となりました。

 

苗字改名の訳とは

ちはやふるの出演時、そして映画「JOJOの奇妙な物語」に出演した際も名前は真剣佑でした。

 

2017年5月22日に前所属の浅井企画からトップコートに移籍していますが、その時に前田から新田に改名しています。

 

この改名に「ちはやふる」は大きく関係しており、日本に来て自ら志願したオーディションで合格し初の芝居をした作品です。

 

この時に演じた「綿谷新」から「新」をもらい受けたわけですが、原作者である末次由紀さんにも許可を頂いています。

 

「新を苗字として使ってもよろしいでしょうか?」

このように末次さんに直接Twitterでメッセージを送り許可を得たそうです。

 

そうして「新田真剣佑」が誕生しました。

真剣佑さんにとって「ちはやふる」は生涯忘れられない作品となったと思います。

 

まとめ

真剣佑さんのちはやふるへの思いの強さを感じますね。

初芝居の作品でアカデミー賞新人賞を獲得しましたが、これからも演技に磨きがかかっていくことを考えると楽しみな俳優さんですね。

これからも多くの作品に出演することになるので注目です。

 

最後に・・・どことなく滝沢秀明さんに似てませんか??