「病院の治しかた」原作は実話?ドラマの結末を予想!

ドラマ「病院の治し方」は、原作実話だという事でも有名です。

この作品のモデルになった人物や病院は実在していて、現在の活動なども注目されていました。

この記事では、ドラマ「病院の治し方」の原作でもあるモデルの実話や情報だけでなく、ドラマの結末の予想なども紹介していきます!

「病院の治しかた」の原作は実話?

ドラマ「病院の治し方」は、病院が経営の面から描かれている珍しいストーリーになっています。

面白いと話題になっているドラマ「病院の治し方」は、フィクションではなく実話だったのです!

病院を根本から改革していくこのストーリーが、実話だという事に驚きを隠せません。

しかも、モデルも複数人ではなく1人の医者なのです。

「病院の治しかた」主人公のモデルは相澤孝夫

ドラマ「病院の治し方」の主人公のモデルになったのは、「相澤孝夫」さんという人物です。

相澤孝夫さんは、東京の医科大学を卒業しその後、信州大学医学部付属病院の内科で勤務していました。

その後、ドラマと同じように実家の「特定医療法人慈泉会 相澤病院」の副院長となっています。

小平奈緒もモデルになった?

小平奈緒さんは、長野県出身のスピードスケーターで2018年の平昌オリンピックで金メダルと銀メダルを獲得していた有名な選手です。

彼女は、たくさんの大会で活躍していて相澤孝夫さんが理事長を務めている病院の相澤病院に所属しています。

ドラマ「病院の治し方」で相澤孝夫さんを小泉孝太郎さんが演じることを知り「ピッタリだ」と思ったと明かしていました。

小平奈緒さんから見た相澤孝夫さんは、とても爽やかな印象だと語っています。

元々小平奈緒さんが相澤病院に雇われた経緯も、相澤孝夫さんが地元の有望な選手を支援したいという気持ちからだったそうです。

小平奈緒さんは、その事に関してとても感謝しているだけでなく、金メダルを獲得した際に相澤孝夫さんに感謝された事がとても深く記憶に残っているそうです。

今後もスポーツマンとしての活躍が期待されているので、是非注目してみてください!

モデルになった実話とは?

相澤孝夫さんは、1981年に実家の病院である相澤病院の副院長に就任しました。

当時相澤病院の経営状況は悪くヴィジョンを確立する事に取り組んだのです。

病院で働いているスタッフたちの働きやすさを改善する為に、どのような要望を持っていてどのように働いていくかを一丸となって考える必要がありました。

形式的な会議ではなく、各方面のスタッフを集めた会議を定期的に行う事で、どのような目標を持ち働いているかを確認していたのです。

そして、少子化が進む事で医療体制の強化が今まで以上に必要になると感じ「24時間365日どのような患者でも受け入れる」という体制を目標にしました。

当時は特に儲からないとされていた「救命救急センター」を設立し、少人数で利益率と効率を上げる方法を確立したのです。

それは、患者の重症度を即座に判断し診察の順番を決める「トリアージ」というモノでした。

その後、1994年に相澤病院の理事長兼院長に就任したのです。

相澤孝夫さんは、病院の経営を立て直しただけでなく、日本中の病院の医療制度を高める為に講習会などにも積極的に参加していました。

現在でも理事長と院長として自分の病院の医者の教育などに力を入れていて、若い世代には特に最新の情報や技術を取り入れて欲しいと願い活動し、医療関係者以外からも注目されています。

「病院の治しかた」のモデルになった病院は?

ドラマ「病院の治し方」のモデルになった病院は、日本の長野県に実在している「社会医療法人財団慈泉会 相澤病院」です。

相澤病院は、ドラマ「病院の治し方」以外にも2009年に発売された人気小説の「神様のカルテ」のモデルになっていた事でも知られています。

現在でも地方の民間病院の中では、トップクラスの設備と規模がある事でも知られていてがんの治療に優れている「陽子線治療センター」を初めて導入していました。

住所:〒390-0814 長野県松本市本庄2丁目5−1

「病院の治しかた」の見どころは?

①【現在も生かされているシステム】

ドラマ「病院の治し方」の見どころは、主人公の有原修平が提案していくシステムが現在の医療現場にも役に立っている点です。

実話という事もあり、現在では当たり前に思えるような事も当時では突拍子もなく奇抜なアイデアだったことがドラマを見ているとわかります。

馴染みのあるシステムが登場しているので、実際に医療現場で働いている方はもちろん、全然医療などに関係のない仕事をしている方でも楽しめるポイントとなっているのです!

②【妻の助言】

ドラマの見どころの2つ目は、主人公の妻の志保のセリフや助言です。

主人公が医者という事もあり、一般人や一般企業で務めている人間とは価値観の違った部分がストーリーでは描かれています。

そして、主人公にひらめきを与える人物として妻が描かれている事が多くなっているので、妻の志保の動向もチェックしてみてください!

③【副頭取の米田の策】

米田は、有原総合病院に融資をしている銀行の副頭取をしている人物です。

とても頭の良い人物で、ストーリーの中でも掴みどころがなく敵か味方か今後の動向が気になりますね!

「病院の治しかた」ドラマの結末予想

①結末は新しい目標を目指しながら終わる

ドラマ「病院の治し方」のドラマの結末予想①は、常に新しい目標に向かって走り続ける主人公の有原修平が、またも新しいヴィジョンへ向かってまわりを巻き込みながら終わっていくという結末です。

経営状況の悪化を立て直す為に奮闘している主人公の有原修平は、たくさんの新しい種を撒いています。

最終回では、その種たちが芽吹き始め病院の状況が改善された後に、新たな目標に立ち向かっていくというラストです。

現在でも、モデルになった相澤孝夫さんは現状を維持するのではなく常に新しいヴィジョンを目指しているので、ドラマでもそういった展開になるのではないかと予想されます。

②結末は何年後かの有原病院

ドラマ「病院の治し方」の結末予想②は、病院の経営状況が上手くいって安定した有原病院の未来のシーンで結末を迎えるという展開です。

ストーリーでは、主人公の有原修平の目標は尽きず新しい機器や機関を設立する事を目標としています。

亡くなった父親の信念に従い、すべての患者を取りこぼす事がなくなった将来の有原病院の姿が描かれるのではないかという予想になっています。

③結末は他の病院にも思想を広げる

ドラマ「病院の治し方」の結末予想③は、赤字だった有原病院を立て直した主人公の有原修平が自分の病院だけでなく、他の病院のサポートを開始するという展開です。

患者優先の考えを大事にしている有原修平は、自分の病院だけでなく全国の医療制度を改善する事を次の目標として掲げラストを迎えるのではないかという予想になっています。

モデルになった相澤孝夫さんも、日本の医療の水準などを上げるために画策しているので、ドラマでも同じように描く可能性が高いです。

まとめ

この記事では、ドラマ「病院の治し方」原作のモデルになった相澤孝夫さんと相澤病院の情報や実話だけでなく、所属しているスポーツ選手の小平奈緒さんの情報とドラマの結末の予想などを紹介していきました。

ドラマ「病院の治し方」は、現在放送されている作品の中でも評価が高いのでモデルの相澤病院や相澤孝夫さんの活躍だけでなく、金メダリストの小平奈緒さんの今後などにも注目してみてください!