ブラック校則7話(最終回)ネタバレ!レジスタンス部集結!

映画、ドラマ、Huluと三つの媒体にわたって放送されていたブラック校則ですが、ついに7話で最終回を迎えました!

それぞれのストーリーに散りばめられた伏線の回収、物語の繋がりが感動的!とSNSでネタバレも話題になっています。

レジスタンス部のメンバーもついに判明!全員が集結し、ブラック校則に立ち向かいます。

そんな最終回7話のネタバレをご覧ください!

⇒ドラマとHuluオリジナルストーリーを一気に見る

ブラック校則7話(最終回)ネタバレ!

それでは早速ネタバレしていきます!

創楽と中弥が浜辺にいる理由とは

創楽達のクラスでは手代木が教壇に立ち、明日学校を絶対に休まないように周知していました。

その理由は、明日は学校説明会のため、中学生やその保護者が光津高校に通いたくなるようにアピールしなければいけないからでした。

「熱を出そうが親が死のうが絶対に来い」と強い口調で言う手代木に、クラス内の不満は高まっています。

創楽と中弥は浜辺に座り、レジスタンス部の他のメンバーを待っています。

「今は現国の時間だな」と中弥は言います。

創楽と中弥は学校をサボって浜辺に来ていたのでした。

「サボってごめんなさい!」と言う中弥に、創楽は「レジスタンスなんだから仕方ない」となだめます。

中弥と創楽は、手代木の昨日の発言で火が付き、学校をサボるという小さな抵抗をしてみせたのでした。

「絶対学校を休んじゃいけない日に学校をサボろう作戦」を決行したレジスタンス部。

レジスタンス部は学校説明会のその日、お台場の浜辺に集合しようとしていましたが、まだ他のメンバーは集まっていません。

レジスタンス部のメンバーが集結

他のメンバーを待ちながら、他の3人は誰なのかと予想し始める2人。

創楽は、太郎→森先生・白雪姫→三池ことね・X→東と予想しました。

その理由は「見た目」です!確かにアバターだけ見るとそれぞれの特徴をあらわれています。

中弥の予想は森先生・上坂樹羅凛・七浦でした。

創楽の署名ボックスから発端したレジスタンス部なので、その署名ボックスにかかわる人間である可能性が高いというのが中弥の見解。

創楽は、七浦を候補に上げたことを不思議に思いますが、七浦が校則を変えたがっていることを知っている中弥は、白雪姫を七浦と予想します。

なぜなら白雪姫には七人の小人が登場し、七浦は「7」という数字に拘りがあることを中弥は知っていたからです。

そして太郎が七五調で話していたことを中弥は見抜いていました。

そのことから七五調で話す樹羅凛は太郎であるだろうと予想します。

そして残ったXは署名ボックスを回収した森先生であるだろうと言いました。

その時、遠くから七浦の声が聞こえました。隣には樹羅凛の姿も見えます。

レジスタンス部のメンバーは七浦と樹羅凛で確定しました。

創楽は七浦と樹羅凛の立場を案じますが、「後で後悔しそうだから」と七浦は言い、樹羅凛は「チャットが楽しかったから」と言いました。

残るはXのみとなりましたが、七浦は「学校見学だから教師はこれないだろう」とまるでメンバーを知っているかのような口ぶりです。

その発言に、残りの一人は誰か知っているのかと問う中弥でしたが、七浦はレジスタンス部に招待したのは自分だからと告白しました。

七浦は、自分が署名したことをミチロウにバレるのを恐れて森先生から署名ボックスをだまして受け取り、誰が署名したのかを見たうえで、自分が使っているクローズドコミュニティに招待したら面白いかも、と考え皆を招待したのでした。

森先生に渡すためには職員室に行かなければいけませんが、校則上忍び込むことはできません。

そこで七浦は当時希央が不登校であったことを利用して、希央に渡すための書類に挟み、森先生が希央の家に届けに行く時に気付くようにしたと言いました。

ですがそうなると、その挟まれた書類は希央の元に届くことになります。

よって、残るXは「希央」ということになりました。

創楽と希央は運命の相手?

その時、希央が浜辺にやってきて「このメンバーなんだ。なんか笑える」と笑いかけます。

学校をサボって浜辺で遊んでいる皆ですが、創楽はその中に入ろうとせず一人座っていました。

中弥はそんな創楽を気にかけ隣に座ります。

どうしたんだ?と問う中弥に創楽は「絶対に笑うなよ」と前置きした上で「この5人がここに集まったのは運命なんだ」と語り始めます。

それを思いっきり笑い飛ばした中弥に創楽は不満そうですが、その理由について真剣に話し始めます。

創楽は得意の数学の知識を交えながら、友好数と社交数についての説明を始めました。

友好数は異なる2つの自然数の組で、自分自身を除いた約数の合計が互いに他方と等しくなる数を表し、社交数はそれが3つ以上で成り立つものを表します。

創楽はレジスタンス部5人の受験番号と入学時のクラスを合わせたものが、社交数として繋がることがわかったと興奮して伝えますが、中弥は「こじつけ」と一蹴しました。

さらに創楽は婚約数というものを例にあげ、自分の英語の点数と希央の英語の点数が婚約数だったため、自分と希央は婚約数で結ばれているから運命なんだと言い始めます。

中弥は若干引き気味でした。

創楽はその他の共通点を見つけ出そうとして奮闘しますがその数字が合うことはなく、なぜか樹羅凛との共通点を見つけてしまいます。

どうにかして希央との運命を見つけ出そうと創楽は3000mのタイムやそれぞれの名前の画数などでどうにか数字での共通点を導き出そうとしますがうまくいきません。

「それでも俺と希央は運命なんだよ。」と創楽は頭を掻きむしります。

レジスタンス部の抵抗とは

学校では森先生が学校説明会で保護者に配るプリントをミチロウと漆戸に配るように頼みました。

ミチロウは不服を言いますが、横から現れたことねが「こんな人たちに配らせたら保護者からの評価がた落ち」と言います。

森先生は「じゃあ三池も手伝え」と、ことねもプリント配りを手伝うことになってしまいました。

森・ミチロウ・漆戸・ことねが向かった先では手代木が学校についての説明をしています。

手代木は「生徒たちの自己実現を叶える」「生徒の主体性を重んじている」と嘘ばかりの言葉を並べています。

それを隣で聞いていた田母神はあきれ気味でした。

中弥は浜辺で一枚の写真を撮ろうとしていました。

「これから撮る写真は覚悟があるやつだけ映ってほしい」と言います。

もしかしたら大問題が起こるかもしれないとしたうえで、もしここでこの写真に写らなくてもだれも責めたりはしない。と言います。

しかしレジスタンス部の5人はその場を動かず、5人は写真を撮りました。

手代木は学校の公式サイトを紹介していました。

そこには清掃員への感謝の気持ちなどが綴られていましたが、そこで最新の更新がされます。

そこには浜辺で写真に写る5人のレジスタンス部メンバーと「学校サボって海を見に来た!学校なんてくそくらえ!」との文字が。

ざわつく会場に手代木は映像を消すように指示します。ですが田母神はその指示を無視し画面に映し続けました。

手代木は「ぶっちゃけます。」と前置きしたあと、「うちの学校にもこういうクズがいますが、こういうやつらは社会にでてもなんの役にも立ちません。こういうクソみたいな落ちこぼれは反面教師にして…」

と言ったところで田母神が立ち上がり、手代木をビンタしました。

手代木は何が起こったのかわからず固まっています。

ミチロウは「動画とっておけばよかったな」漆戸は「すっげえいい顔してんなあ」ことねは「シロフクロウみたい」と笑いました。

田母神は手代木からマイクを奪い取り「生徒教師ともに、自己のありかたを自己の責任において行われる校風を目指しております。ただそれを認めない者もいます。よく考えて入学を決めてください」と語りかけました。

創楽と希央の恋の行方は?

浜辺で希央が海を見つめているところに創楽が話しかけました。

創楽は「今度…」と話そうとしたところに、希央はバイクの免許を取ろうかな。と言い出しました。

車輪系の乗り物が向いていないとか、でもバランス感覚はあるとか、そんなたわいもない話のあとに、希央は「さっきなに話そうとしたの?」と聞きます。

創楽は「あのさ、今度…」何かを決意しようとしたところで、ドラマ版「ブラック校則」は終わりました。

ブラック校則を見た人たちの感想!

映画・ドラマ・Hulu、それぞれの媒体での伏線回収が一気に起こった最終回でした。

え、これで終わり?というようなラストでしたがHuluオリジナルストーリーのラストが感動的と話題になっています!

是非Huluでもブラック校則を楽しんでくださいね!

⇒ブラック校則を1話からオリジナルストーリーまで全部楽しむ♪←

 

まとめ

ついに完結したブラック校則7話ですが、色々なストーリーに散りばめられていた伏線が回収されて感動的でした!

映画もよかったのですが、ドラマになるとより楽しめて満足です!

ここまで名前や長距離走のタイムまで計算されたドラマはなかなかないと思います。是非映像でも楽しんでくださいね。