ブラック校則5話ネタバレ感想!吃音症の東のラップに注目!

 

映画も公開され、映画とドラマの伏線の絡み合いが絶妙!と話題になっているブラック校則!

ドラマ「ブラック校則」の5話では、吃音症のクラスメイト・東が音楽に救われラップで自分を表現するシーンが見所です!

その5話のネタバレと感想をまとめました♪

佐藤勝利くんも高橋海人くんも美形なので目が喜びますね!

そんなブラック校則5話のネタバレ感想をお楽しみください♪

⇛ドラマ「ブラック校則」を全話一気に無料で見るにはHulu♪←

ブラック校則5話ネタバレ!

それでは早速ネタバレしていきましょう♪

ラップは素人が手出しするモノじゃない

いつも中弥と創楽が話している浜辺では雨が降っています。

創楽と中弥は階段下で雨宿りしていました。

中弥は創楽にラップはできるか?と聞きますが創楽は「あんなの素人が手を出していいものじゃない」と言います。

中弥はそれでも「やってみろ」と言い、無理やり創楽にラップをやらせますが、初めてラップをする創楽はうまく言葉を繋げることができません

創楽は中弥も「やってみろ」とムキになりますが、中弥はある音楽に合わせて流暢にラップを始めます。

「いや、やってんじゃん…」と創楽は中弥がラップにチャレンジしていたことを知り「あの人たちに感化されているんだろ」と言います。

創楽が言う「あの人たち」というのは、希央が仲良くしているラップが上手な外国人たちのことでした。

希央と外国人たちとの出会い

希央は家に帰ると、塀の外から自分の家を覗こうとしているコフィを見つけます。

「覗き?」と聞きますが、コフィはそれを否定します。

ひとまず家に入れてもらったコフィは「故郷の匂いがしたから」と覗いていた理由を話しました。

コフィの故郷ガーナでは、トマトをたくさん使った料理がよく作られているようで、たまたまトマトベースのソースでパスタを作っていた希央の家が気になっていたのでした。

希央の母は「沢山食べな」と言ってコフィにトマトソースのパスタを差し出します。

コフィは丁寧に手を合わせ「いただきます」とパスタを食べました。

その後、工場の仲間がコフィを迎えに来たことで、希央の家との交流が始まったのです。

希央は工場の4人と一緒にいると楽に過ごせるそうで、最高の友人関係であることが伺えます。

東とコフィ達の出会い

中弥はクラスメイトの東の話を始めました

─ 東は同じクラスの生徒吃音があります。言葉の始めがうまく出せない東は、クラスでからかいの対象になっていました。

下校中、東は音楽を聴きながら帰っていましたが、同級生が「東なんかがなんの音楽を聴いているんだよ」と後ろからイヤホンを取り上げます。

「なんか喋れよ」と圧をかけられている東を見つけた中弥は、後ろから話しかけ「東の音楽を聞かせて」と明るくいいます。

ばつが悪くなった同級生はその場を離れ、中弥は東がパソコンで作曲したという音楽を聴き、とても気に入ったため音源をもらったと言いました。

その音源とは、さきほど中弥がラップをしていた時にかかっていた曲です。

そのあと中弥は、東を工場につれて行きコフィ達に紹介します。

東が音楽を作曲しておりラップも出来ると言うと、コフィ達は歓喜しました。

コフィ達はその「ラップを聞かせて」と言いますが、東は言葉をうまく発することができず黙り込んでしまいました

心配するコフィ達を前に、東はどもりながらも説明を始めゆっくりと「思ったことを話そうとすると言葉が出ないんだ」と伝えました。

コフィ達は子供のころから?思ったことを言っていいんだよ、と声を掛けますが、コフィは「俺たちも日本語が下手で笑われたら傷つくから気持ちはわかる」と東に同調します。

その時、中弥が微笑みながら東の作曲した曲をかけます。

その曲に合わせて工場のメンバーはそれぞれ自己紹介を始めました。

東にも自己紹介をするように促しますが、なかなか声を出せずにいる東にメンバーはラップ調で東を煽り始めました。

そしてついに東もラップ調で言葉を返します!普段の吃音が嘘のような流暢な言葉の運びでコフィ達は驚き、中弥もとても嬉しそうです。

「こいつすげー!!」と嬉しそうにコフィ達は東を褒め称えました ─

中弥は「東にとっても希央にとってもかけがえのない友人なんだ」と創楽に話しました。

「だからあの人たちのことは絶対に守りたかったみたい。」「そういえばあれはやばかったな」と創楽と中弥はあることを話し始めました。

貧乏な国から出稼ぎにきたらこんなモノ!?

工場でコフィ達4人は会社の工場長に怒鳴られています。

「お前らが出歩くと近所の人が怖がってしまう」「ガイジンだもんな、お前ら」口に出す言葉は全て差別的な用語でした。

工場長が立ち去ろうとするときにコフィが外国人だからってだけでその言い方はおかしい。と反論します。

工場長はコフィ達を「存在自体が害悪」とした上で、「真面目に働けばこんなことは言われない」と責めます。

それでもコフィは反論を続けます。「真面目に働けと言ったって最低賃金は下回ってるし、残業代もでない。そんなのおかしい」と言います。

工場長は「ちゃんと日本語を話せるようになってから言え」といいコフィを殴りつけました

そして夕方までに鉄の仕分けをしろと命令をします。井上が夕方までは無理だと言いますが、聞き入れられることはありませんでした。

 

創楽はどうして工場長にこんなひどい目にあわされなきゃならないのか、と疑問に思いますが、中弥は「貧乏な国から来た人はみんなこんなもんだって思っているんだ」と言います。

それは創楽達が通う光津高校でも同じでした。

コフィが殴られたことによりグレイソン達は仕事なんてしなくていい、と言いますが、コフィは「仕事はちゃんとした上で反論したい」と言います。

その言葉に井上はストライキを決行することを提案しました。

グレイソン達はやる気ですが、コフィはそれを拒否します。

「確かに工場長は癪に障るが、業者に迷惑はかけられない」と。

その流れを見ていた創楽が「俺やりましょうか」と名乗り出ました。

創楽はバイトが休みだった中弥を工場に連れてきます。

コフィ達がストライキを実行していますが、創楽達が仕事をするので業者には迷惑はかからない、ということでした。

中弥はしぶしぶ手伝いますが「これはいくらもらえるんだ?」と創楽に聞き、創楽は数式を提示し「この答えが給料」と言います。

計算を始め「めっちゃお給料がもらえる」と確信し一転して元気になった中弥は作業を始めます。

隣で苦笑している創楽のことは見えていないようです。

一方、希央の家で何かを作っているコフィ達ですが、希央が作っていたのは待遇を改善するよう工場に訴える際に使うプラカードでした。

その後デモを行い、工場長に訴える一同でしたが、その様子を三池ことねがみつけ、ムービーを撮り始める

そして創楽と中弥がドラム缶でリズムを取り、コフィ達はそれぞれラップで処遇改善を申し出ます。

ラップで訴えられたことに工場長は圧倒されたじろいでいますが、中弥も希央も楽しそうです。

創楽はその様子を真剣に見つめていました。

コーツ高校レジスタンス部

コーツ高校レジスタンス部のチャットでは、外国人たちのストライキの様子が映った動画かインターネット上で拡散された話で持ち切りでした。

ことねがインターネットに流したのでしょうか。

ですがその動画が拡散されたお陰で本社にこの話が行き、解決できる方向になったようなので一件落着ではあります。

その後創楽は「やはり動かないとな」と決め、東にラップを教えてもらいましたが、なかなかうまくできず、やはり自分は違う方法で訴える。と決めます。

その違う方法とは「居座り」であり、校則がなくなるまでここを動かない!と手代木の前で宣言します。

しかしすぐ怒鳴られた創楽は全力疾走。居座りで訴える方法は一瞬にして終わりました

その後中弥は創楽に鉄の仕分け時の給料を請求しますが、創楽が提示した数式の答えは「0」だから給料は0円

その事実をしって絶望する中弥でした。

スポンサードリンク

ブラック校則4話感想!視聴者の反応は?

今回は希央の友達であるコフィ達外国人との出会いや、吃音の東の才能、そして東と外国人が友達になる様子などにフォーカスが当たりましたね!

コフィ達が給料が低くてもそんなもんだ、と動かずにいたところから、ラップで訴え大きな一歩を踏み出すシーンはとてもかっこよかったです!

何事も最初の一歩が大事ですよね♪

そしてコフィがめちゃめちゃいい人!自分たちの都合で業者に迷惑をかけてはいけないと…!

とてもやさしいですし、頭の回転が早いですよね。次の工場長はコフィにしませんか?(笑)

そして吃音の東のラップの才能には驚きました!リズムに合わせると言いたいことが言えるなんて、やはり音楽の力はすごいですね!

実はこの吃音症の役を演じた達磨さんは、実生活でも吃音症があり、ラッパーとして活躍しています。

「吃音症がありうまく言葉は出せないが、ラップにして叫ぶことはできる」これは彼の実生活の姿でもあるんですね。

気になる方はこちらを聞いてみてくださいね!

視聴者の反応はどんなものだったのでしょうか?

来週からは学校の秘密が明らかになっていくそうです!

映画とドラマのストーリーの絡み合いが絶妙で、何度も映画館に足を運んでいる方もいるそうですよ!!

⇛ブラック校則、最新話だけなら日テレ無料♪

 

スポンサードリンク

ブラック校則5話ネタバレ感想!まとめ

ブラック校則5話のネタバレと感想をまとめました!

吃音症の東役を、実生活でも吃音症である達磨さんが演じていたことにはびっくりしました!

実際に同じような経験をされてきた過去もあったようなので、今回の演技はよりリアリティがあるものになったのではないでしょうか。

ドラマでは中弥と仲良くなった東ですが、中弥を演じる髙橋海人さんとも本当に仲良しになったみたいです♪そちらも実生活とリンクしていますね!

映画も盛り上がりを見せているブラック校則!先週に続き今週もとても楽しかったです!来週も待ち遠しいですね♪