熱海海上花火大会2019の穴場有料席や日程時間は?混雑状況と駐車場や交通規制もお届け!

熱海では春夏秋冬で10回以上花火大会を行っています。
土日だけでなく平日に日程が組まれても多くの人が訪れる花火大会です。

山に囲まれた熱海湾から打ち上げられる花火の轟音は音響効果となって、花火を見るとともに体で感じる体験ができます。

花火を作る花火師さんたちも日本一の花火の打ち上げ場所と絶賛している熱海でこの夏、体感してみてはいかがでしょうか。

21万人近くの人たちが訪れる花火大会なので、駐車場や穴場スポットも事前に情報を得ておきましょう。

夏季熱海海上花火大会2019の交通規制や駐車場情報をまとめました。見どころや穴場スポットもお伝えします。

熱海海上花火大会2019年の日程や開催時間は?

打ち上げ場所:熱海サンビーチ~熱海湾

*7月と8月の予定を記載します。

7月26(金30(火   
8月5(月)8(木)18(日)23(金)30(金)

雨天決行(台風級の荒天の場合は中止)

7、8月は 5,000発 打ち上げ時間:20:20~20:50

会場へのアクセス

電車の場合
東海道新幹線・東海道本線「熱海駅」下車、徒歩約20分
駅から花火大会会場近くまでバスが出ています。

車の場合
小田原厚木道路、西湘バイパス「石橋IC」下車、国道135号
東名高速道路沼津IC⇒伊豆縦貫道・熱環函道路

主催者側は公共交通機関の利用を推奨しています。

スポンサードリンク

熱海海上花火大会の交通規制は?

2018年度版

親水公園内の「ムーンテラス」は保安距離の関係から封鎖されます。
花火大会開催日の親水公園第一工区は場所取り禁止です。

規制場所と時間
 渚町中通り、市道東海岸通り線 20:10~21:00(歩行者専用道路)
 サンレモ公園周辺 17:00~22:00(車両通行禁止)
 

 

一部道路が一方通行(18:00~22:00)になりますのでご注意くださいませ。

国道136号線に出るまでの間の道に規制がかかりますので、駐車場所をよく検討しましょう。
可能であれば、事前予約をおすすめします。

スポンサードリンク

熱海海上花火大会の駐車場情報

諸事情で車の方は出来るだけ午前中には到着するようにして駐車場所を確保しましょう。

《熱海駅周辺駐車場》

朝早くからサーファーの方も駐車をしているので、海岸に近い場所はすぐに満車になります。

駅付近に停めて散歩がてら歩くか、バスの利用がよいでしょう。

熱海は坂が多いので、行きは下りですが、帰りは登りになりますよ♪

専用駐車場

夏季熱海海上花火大会のための専用駐車場はありません。

最寄りのコインパーキングの利用になります。

熱海駅付近は交通規制から外れているので、熱海駅付近の駐車場を一部紹介します。

《熱海駅前駐車場》

営業時間:24時間 収容台数:普通車70台
8時間まで30分ごとに108円 8時間以上16時間まで1,728円 16時間以後、1時間ごとに108円 *10円未満の端数は切り捨てです。

 

《タイムズ ラスカ熱海》

入出庫可能時間:06:00~22:00 収容台数:53台
全日00:00-00:00 60分 400円 最大料金(繰り返し適用)18:00-08:00 最大料金600円
全長5m、全幅1.9m、全高2.1m、重量2.5t

 

《三井のリパーク 熱海咲見町》

営業時間:24時間 収容台数:20台
【土日祝】08:00-20:00 20:00-08:00 30分/200円
高さ2m、長さ5m、幅1.9m、重量2t

車が満車になるのが早いからね!

熱海海上花火大会の見どころは?

花火は夏がにあいますね!

同月であっても開催日の多いことが熱海の花火大会の特色の一つでもあります。

メッセージ花火を行っていて、各開催日ごとに先着5名様の受付です(一人10,000円)。

海岸沿いから見るのもよし、少し離れた穴場スポットから見るのもよし、レストランやホテルの部屋から見るのもよいでしょう。

海上からの打ち上げなので、高台に登っても、夜景と花火を合わせてみることができます。

時間は短いけど、綺麗な花火を楽しもうね!

見どころポイント①【花火】

幅1,000mに渡って繰り広げられるスターマインは豪華で何とも言葉に言い表せれません。

フィナーレの大空中ナイアガラは仕掛け花火ではなく連続打ち上げ花火です。

地形による音響効果で、ドーンと花火が上がっているのを見るだけでなく、自分にまで振動が届くような感じでしょう!

三方を山に囲まれすり鉢状になっている地形が音響効果を生み出しています。

見どころポイント②【屋台】

親水公園とレインボーデッキ(イベント広場)に屋台が立ち並びます。


親水公園第2工区イベント広場では、屋台ブースに地元の飲食店によるお店も出ているので、いかめし、げそ揚げ、サザエのつぼ焼きといった新鮮な海産物を味わうことができます。

方頃から花火の打ち上げ終了までの時間帯で営業しています。

新鮮な魚介類がたのしみだぁ・・・

見どころポイント③【有料観覧席】

《前売り有料観覧席》
浜辺の有料観覧席は7月~9月分のみ発売します。
販売方法は、セブンチケットまたはセブンイレブンの店頭です。

有料観覧席の場所は、熱海市渚親水公園地内レインボーデッキ(第2工区)となり、4歳以上は有料で一人1,000円です。


有料観覧席入場券は自由席で、当日の会場入口でエアークッションをお渡ししますので、レジャーシートの準備は不要です。

雨が降りそうな場合、雨天決行なので雨具をご用意ください。

有料観覧席チケットは、6/8(土)時点ではまだどの日も(7月~9月)空席があることを確認しました。

《当日販売有料観覧席》
当日チケットは300枚(エアークッション付き)用意されていて、17:30より親水公園イベント広場中央にて販売されます。

《宿泊者専用スペース》
親水公園渚デッキで、開場は19:00です。

*7月、8月は花火鑑賞クルーズはありません。

花火を見に行く予定が決まった人は早めに予約をするといいね!
ゆっくりと見ることができるよ♪

見どころポイント④【穴場スポット】

花火は見たいけれど、ドーンという音が大きすぎるのが苦手な方や、ゆっくりと静かに眺めたい方におすすめの穴場スポットを紹介します。

《熱海サンレモ公園》

ヤシの木が植わっている公園はちょっとした南国を感じさせます。
ベンチもあり、海の青さをゆっくりと味わうことができます。
イタリアのサンレモ市と都市提携して整備された公園です。

遊覧船乗り場があり、渚のデッキには写真スポットも設けられています。
カフェが併設されていて、お昼の食事にいかがでしょうか。

花火の時間まで遊覧船でぐるっと30分熱海湾を廻ってくるのもよいでしょう!

打ち上げ場所から少し離れていますが、目の前に遮るものがないのでよく見えます。

遊覧船に乗って海から山の方を見るのも景色がよさそう!

 

《熱海城》

城料金大人1000円、中学生以下無料。
熱海海上花火大会開催日は夜間特別営業で21:00まで開園しています。
天守閣展望台からの眺めは360度のパノラマです。

花火も夜景とともに見ることができます。
駐車場は1日500円で250台が収容できます。
行楽施設もかねていて城内に遊戯施設もあり、涼みながら花火の時間まで過ごすこともできますよ♪

子供たちも楽しむことができる設備が沢山あるので一日楽しめるからね!

 

《MOA美術館駐車場》

7月の中旬以降はアニメーションの原画を主にした展覧会の予定です。

美術館は16:30で閉館をしてしまいますが、駐車場は利用することができます。


かなり山を登ったところなので、熱海の夜景と花火をゆっくりと見ることができます。

静かに見たい方におすすめです。

昼間に美術館でゆっくりと鑑賞するのもいいね!

 

《レストランNagisa》

電話番号:0557-81-4771 

当日は駐車場閉鎖のためJRのみ JR来宮駅から徒歩13分

電話で予約をしておくといい席が取れるでしょう。

食事をしながらゆったりと花火を眺めるのもいいよね~

宿泊をして花火を見たいなと考えられている方におすすめのホテルです!

 

《紀州鉄道 熱海ホテル》

 

打ち上げ場所からは離れていますが、高台からの花火と夜景がよくみることができます。

 

《源泉かけ流しの宿 ホテル貫一》

花火大会プランがあるので、予約の際に確認してみましょう。

温泉に入りながらの花火見物も粋な感じですね!

 

《料理旅館 渚館》

ペットOKの貸切露天風呂があります。

全室ではないので、利用されたい方は早めに予約をしてくださいませ。

まとめ

年に10回以上も花火大会を開催していると、毎回工夫を凝らしてリピーターが増えているのではないでしょうか。

最近熱海の人気が出ているのはこのような努力の賜物なのでしょう。

日帰りでも1泊しても都心から近距離で楽しむことができるので、海を眺めながらの花火大会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

天気がよくて気持ちのよい夜風を浴びながらの花火大会になるといいですね!

長文となりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。