足利花火大会2019の混雑や交通規制は?駐車場と穴場スポットの紹介も!

栃木県の足利花火大会は関東一円でも大規模の花火大会で、各地から観覧する人々が集まってきます。

尺玉や仕掛け花火、ワイドスターマインなどが次々と打ち上がり、最後のナイアガラの滝とスターマインの競演は圧倒されること間違いなしです。

足利花火大会2019の混雑や交通規制はどのくらいなのかをまとめています。

駐車場情報や穴場の見どころスポットも紹介しています。

「足利花火大会2019」の日程とスケジュール

毎年8月第1土曜日を開催日としています。

2019年は8月3日(土)です。 

荒天の場合は8/4(日)に順延

打ち上げ時間:19:00~20:30

打ち上げ数:約25,000発

予想人出:約50万人 

会場までのアクセス

電車の場合
・東武伊勢崎線「足利市」駅から徒歩約10分
・JR両毛線「足利」駅から徒歩約5分

車の場合
・北関東自動車道「足利IC」から約10分
・東北自動車道「佐野藤岡IC」から約30分

 

河川敷で駅から近いのは珍しい~

「足利花火大会2019」の混雑

地図から山と市街地にはっきり分かれていて幹線道路に車が集中すること間違いないですね!

花火開始前

会場周辺は1車線の道がほとんどのため、渋滞になると動かなくなります。

打ち上げ開始時間の2~3時間くらい前までには到着することをおススメします。

事前にルートを確認して橋を出来るだけ渡らないようにした場所を目指すと帰りの混雑が少しでも緩和されます。

到着が遅くなってしまった場合には渡良瀬川にかかる橋や土手から見るように落ち着く場所を変えましょう。

視界を遮るような高い建物はないので、少し離れていても花火の醍醐味を感じることはできますよ!

足利市駅寄りの方が空いていて遅くなっても場所取りできる可能性があります。

電車利用の方はICカード利用の方は残高を確認しておきましょう。

携帯電話のつながりが悪くなるので、待ち合わせ場所は事前に打ち合わせよう!

花火終了後

一車線道路が続くので、渋滞は受け入れる方がよいです。

夜道になるので焦らず、慌てず、慎重な運転を心がけましょう。

渋滞にはまった時の必需品は事前に準備をしておくと安心です。

土地勘のない方は無理して横道を探そうとせず、我慢の運転をした方が無難です。

渋滞はみんな嫌だと思うけれど、土地柄幹線道路まで出るのに狭い道だから気を付けよう!

場所取りは8/3(金)からです。

河川左側(渡良瀬川下流に向かって左)のサイクリングロードや堤防法面の場所取りは通行の妨げになるので開始時間を守りましょう。

花火の迫力感とともに音楽の聞こえる範囲で観覧したい方は出来るだけ早めに到着をおすすめします。

足利夏まつりも併せて開催しているので、朝からの人出が多いことも考えられるでしょう。

田中橋の上は立ち止まり禁止となっているので注意してくださいませ。

観覧ルールは守ろうね!ゴミは持ち帰りしよう♪

「足利花火大会2019」の交通規制は?

出典元:足利市ホームページ


場所により16:30~22:00頃まで交通規制が行われます。

来るときは三々五々で集まってきますが、花火終了後は一斉に帰り道に着くので車が全く動かないことを想定しておいてくださいませ。

電車の増便もあるので、できれば公共交通機関の利用をおすすめします。

河川敷は足元が暗いので小さな懐中電灯があると安心!

「足利花火大会2019」の駐車場情報

《足利駅前付近駐車場》

 

《足利市駅周辺駐車場》

会場全体では来場予定者数と比較すると駐車場の受け入れ力は足りていません。

諸事情で車を利用する場合には早めの到着の予定を立てましょう。

専用駐車場

出典元:足利市ホームページ

「足利花火大会2019」のための無料臨時駐車場が約8,000台分用意されています。

足利市駅(東武伊勢崎線)側
  • 市民プラザ
  • 山辺公民館グラウンド
  • コムファースト
  • 地場産センター
  • アキレス

 

足利駅(JR両毛線側)
  • 桜小学校
  • 市役所東山小学校
  • 市民会館
  • 第3中学校
  • 総合グラウンド
  • さいこうふれあいセンター
  • 元学町緑地
  • 生涯学習センター多目的広場
  • 市民体育館
  • 大日東駐車場
  • アシコタウンあしかが
  • トリコット会館跡地
  • とりせん・ケーヨーデイツ
  • 足利商工会議所
  • 助戸公民館
  • 医師会館
  • 足短付体育館南

 

利用時間は15:00~22:00で、例外として桜小学校と第三中学校は13:00から、助戸公民館と東山小学校は14:00から利用できます。

駐車場は打ち上げ場所に近いところから満車になり、午前中には半分くらいの箇所で満車の可能性があります。

当日探す場合には空車の駐車場を見つけたらすぐに入れて会場まで歩く方法をとる方がよい結果になりますよ♪

 

コインパーキングを一部紹介します。

《タイムズ足利通2丁目》

 

《東洋カーマックス足利駐車場》

24時間営業 収容台数:10台(土日祝) 09:00-22:00 60分/200円

22:00-09:00 120分/100円 最大料金 (土日祝) 入庫後当日24時まで 600円

※24時を超えると通常料金が加算されます

無料駐車場を利用するつもりがないのであれば、事前予約サービスを使って駐車場を確保しておくと便利です。

無料駐車場を利用するなら早めの到着で、有料駐車場を利用するなら事前予約で確保すると間違いない!

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判はこちら

「足利花火大会2019」の穴場スポット

人気度の高い花火大会のため、一般席で良い席をとるのは大変です。

少し出遅れてしまったような場合には、穴場スポットの場所取りに変更してみてもよいでしょう。

当日の風向きも目安にして場所取りをするとよいですよ♪


穴場スポットを一部紹介します。

《織姫公園》

高台になっている広い公園で花火を綺麗に見ることができます。

人混みを避けたい方には向いています。

駐車場が3か所併設されていることから、少しずつ人が増えてきていて穴場スポットの中でも人気度が上がっています。

トイレ設備もあるので、安心してみることができますよ♪

帰りは暗い道になるので、小型のペンライトを持っているとよいですね!

 

《ヨークベニマル足利店》

屋上を無料開放しているため、お店で飲食物を購入して屋上で花火観覧はどうでしょうか。

大きな荷物を持ち歩かなくてもいいため人気が出てきているので、早めに場所取りしましょう。

トイレ設備もあるので安心ですね♪

 

《ドコモショップ裏手の土手》

打ち上げ場所の裏手に当たるので、臨場感もあります。

低めの花火も綺麗に見ることができますよ!

 

《足利税務署裏手の土手》

ドコモショップの裏手同様に打ち上げ場所から距離が近く視界を遮るものはないので、花火を綺麗にみることができます。

混雑から少し離れたい方にはおすすめです。

近くにコンビニがあるので飲食物の購入も便利ですよ♪

《 おまけ 》打ち上げ場所から上流の中橋や渡良瀬橋、下流の福寿大橋や福積橋も距離はあるけど花火はみえるよ!
通行ができる橋なのでレジャーシートは敷けないから注意しよう♪

《 花火の必需品 》
レジャーシートやエアークッション、ティッシュ、ウェットティシュ、虫よけ、ゴミ入れ用袋、懐中電灯、虫刺され用薬、携帯カッパ
河川敷は虫が多いので、注意♪

まとめ

花火大会当日は「史跡足利学校」「市立美術館」「草雲美術館」の施設が無料開放されます。

当日の天気次第では一日外にいるのがしんどい場合もあるので、建物の中で時間を使うことも考えておきましょう。

足利夏まつりも開催されているので、足利市の散策も予定にいれておくと楽しみが増えますね!

近年ゲリラ豪雨も発生することが多いので、天気予報にをしっかりと確認して備えをしておくのが安心です。

天気の良い日に綺麗な花火を堪能することができることを期待しましょう♪

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓