あなたの番です401号室の木下あかねは犯人?鬼奴に似てると話題の女優!

 

あなたの番です第一章(1話~10話)で、住民のゴミを漁ったり観察したりと、謎な行動とミステリアスな言動が気になる、401号室の住民 木下あかね

401号室 木下あかねを演じている女優さんが鬼奴さんに似てると話題ですが、比較画像や経歴、出演作をまとめてご紹介します。

401号室の木下あかねは誰?

あなたの番です 401号室 木下あかねを演じている女優さんは、山田真歩(やまだ まほ)さんです。

プロフィール
 

  • 名前:山田真歩(やまだまほ)
  • 生年月日:1981年9月29日
  • 出身地:東京都出身
  • 身長:153 cm
  • 所属事務所:ユマニテ所属
  • 趣味・特技: 日本舞踊

山田真歩さんのご両親は共に教員をされていたとか。

2014年 「花子とアン」の撮影期間中、一般男性と結婚されています。

山田真歩さんの経歴や代表作は?

山田真歩さんの主な出演作をまとめてみました。

テレビドラマ
  • 半分、青い。(2018年、NHK)-西園寺麗子 役
  • 小野田さんと雪男を探した男 鈴木紀夫の冒険と死(2018年、NHK)
  • オトナ高校 (2017年、テレビ朝日)-斑益美 役
  • トットちゃん! (2017年、テレビ朝日)-向田邦子 役
  • 架空OL日記 (2017年、読売テレビ)-酒木法子 役
  • すべてがFになる (2014年、フジテレビ)-島田文子 役
  • 花子とアン (2014年、NHK)-宇田川満代 役
  • 変身インタビュアーの憂鬱 (2013年、TBS)-今村のえ 役
  • ハクバノ王子サマ 純愛適齢期 (2013年、読売テレビ・日本テレビ)-森秀美 役
  • 救命病棟24時 第5シリーズ (2013年、フジテレビ)-中澤千秋 役
  • レジデント〜5人の研修医 (2012年、TBS)-千葉洋子 役
  • 好好!キョンシーガール~東京電視台戦記~ (2012年、テレビ東京)-権田紅葉 役
映画
  • WE ARE LITTLE ZOMBIES (2019年)
  • Bの戦場 (2019年)
  • 体操しようよ (2018年)-遠藤秋枝 役
  • 菊とギロチン (2018年)-小桜はる 役
  • 愛の病 (2018年)-香澄 役
  • ひかりのうた (2017年)-梶本道子 役
  • ポエトリーエンジェル (2017年)-板屋智恵子 役
  • アズミ・ハルコは行方不明 (2016年)-吉澤ひろ子 役
  • 永い言い訳 (2016年)-鏑木 役
  • アレノ (2015年)-内田淳子 役 ※主演
  • 自分の事ばかりで情けなくなるよ (2013年)-ミエ 役
  • おだやかな日常 (2012年)-美加 役
  • 愛と誠 (2012年)-キナコ 役
  • レンタネコ (2012年)-吉川恵 役
  • アフロ田中 (2012年)-二階堂麗子 役
  • モテキ (2011年)-彩海 役
  • SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム (2010年)-アユム 役 ※主演

 

山田真歩さんは、教員を目指して明星大学教育学部に進学されました。

在学中、演劇サークルに参加したことで、演劇の魅力に惹かれたのだとか。

大学卒業後、教員の道へは進まず、劇団「東京乾電池」の養成所に入所しますが、生活の不安から、一旦は出版社に就職されています。

2009年、大学時代の演劇サークル仲間から誘われ、自主制作の映画「人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女」に参加しました。

これを機に、「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」で主演に抜擢され、以降、多くの映画やドラマに出演するようになりました。

2015年 映画「アレノ」では、情熱的な濡れ場も演じ、第30回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞しています。

山田真歩の演技力は?

NHK‎連続テレビ小説は2度出演し、「半分、青い。(2018年)」では西園寺麗子役を、「花子とアン(2014年)」では宇田川満代役で、大きく注目を集めました。

その他では…

「コウノドリ(2015年)」「家売るオンナ(2016年)」「架空OL日記(2017年)」「あなたのことはそれほど(2017年)」「探偵が早すぎる(2018年)」など、個性豊かな脇役が多い山田真歩さんは、作品によって全く違う顔を見せるカメレオン女優として、ポスト平岩紙とも言われています。

鬼奴に似ていると話題に!?

「半分、青い。(2018年)」での西園寺麗子役の際、どこかミステリアスな雰囲気を持つ女優さんとして注目を集めたのと同時に、椿鬼奴さんにそっくり!と話題になりました。

山田真歩さんと椿鬼奴さんの写真を見比べてみましょう。

(左)山田真歩さん、(右)椿鬼奴さん

 

(左)山田真歩さん、(右)椿鬼奴さん

改めて見比べてみると、少し面長な顔の形切れ長な目鼻や口元骨格など、雰囲気がよく似ていますね。

お二人の年齢差は9歳ほどあるようですが、姉妹だと言われても通用してしまいそうです。

401号室 木下あかねはどんな人物?

あなたの番です で山田真歩さんが演じる、401号室の住民 木下あかねとは、一体どんな人物なのでしょう?

38歳。独身。存在感を消しながら住民の動きを観察している とのこと。

第一章(1話~10話)の 木下あかねの行動や言動を振り返り、どんな人物なのかみていきます。

 

1話.住民会で清掃係にされる

  • 住民会の議題はゴミ捨て場の清掃係を決めることだったが、欠席している木下あかねに投票で決まる。

 

  • 木下あかねが普段から住民のゴミを漁っていることを、住民たちは知っていた。

 

  • マンションの掲示板に清掃係に決まったことが張り出されており、それを見て押しピンをブスブス刺し怒りを露わに。

 

  • 通りかかった204号室 西村淳(和田聰宏)に、住民会で清掃係に決まったことについて聞こうとする。
 

 

1話で、住民会に参加しているメンバーからは、ゴミの分別にうるさく、密かにゴミ漁りをしている厄介な住民のように言われていました。

清掃係について、住民会メンバーの誰かから直接言われるわけでもなく、一方的に決められ、掲示板に張り出されていることに怒っていました。

無言で押しピンを何度も突き刺す姿が怖いです…。

 

2話.ブレブレ人物は木下?

  • 403号室 藤井淳史(片桐仁)のドア前に、誰かが回覧板を置き、回覧板にはルールはちゃんと守りましょう」と書かれた紙が入っていた。廊下に人影はなかった。

 

  • 誰が回覧板を置いたか藤井がモニターを確認すると、ブレた女性らしき人物が確認できた。
 

 

モニターに映ったブレブレの人物は、髪型や服装から 木下あかねに似ていました

木下あかねは藤井の向かい側に住んでいるので、藤井がドアを開ける前に自室に帰れますね。

 

3話.ゴミ捨て場で藤井とやり取り

  • ゴミ捨て場で、藤井が自分の脅迫に使われた雑誌かどうか確かめる為、束ねてあった雑誌を解いていた。

 

  • それを見て藤井に声を掛ける。驚く藤井が発した、奇妙な言葉について問い詰める。

 

  • ちゃんとゴミを分別しているか藤井に訊ね、分別してなければ呪うと言う。
 

 

木下に声を掛けられ、驚いた藤井は「ワッチャイチャイ」と発しますが、言葉の意味や、呪いの言葉かどうか、藤井に細かく訊ねます。

藤井の挙動のおかしさに気づいて、わざと絡んでいるのかも?

 

4話.住民会に乱入、黒島のゴミ

  • 住民会で交換殺人ゲームの話題の最中、参加しようといきなり入ってくる。

 

  • 今日は終わったと嘘をつく会長の早苗(木村多江)に食って掛かるが、藤井に強引に連れ出される。

 

  • シンイー(金澤美穂)に、「この度はご愁傷様です」の読み方を聞かれ、読み方と言い方をレクチャーする。

 

  • 「みんなが言うほど嫌な人じゃないな」とシンイーに言われ、ちょっと嬉しそう。

 

  • 鼻歌まじりにゴミ捨て場に来てゴミを漁る。

 

  • シンイー(金澤美穂)の部屋のゴミを確認し、スマホで撮影。

 

  • 黒島(西野七瀬)の部屋のゴミを確認し、「御佛前」の香典袋の空き袋をみつけスマホで撮影。
 

 

住民会での不穏な空気を感じて探るためか、住民会に参加しようと途中から飛び込んできますが、藤井につまみ出されてしまいます。

シンイーに褒められたことが嬉しかったようで鼻歌交じりでしたが、シンイーのゴミを漁りスマホで撮影していました。

「クロシマサワ」の検針の紙が入っているゴミ袋に、香典袋が入っていた外袋が入っており、スマホで撮影しました。

そんな木下あかねの様子を何者かが後ろから見ていた…?

 

5話.佐野のゴミ、交換殺人ゲームを知る

  • 502号室 赤池夫婦の事件直後、警察に聴取されている翔太(田中圭)たちを、尾野(奈緒)と共に廊下の隅から見ている。

 

  • ゴミ捨てに来た佐野豪(安藤政信)が煙草を吸っていたので注意する。

 

  • 袋を何重にもして捨ててあった佐野のゴミを開き、中から血のついたタオル(?)が出てきて驚く。

 

  • 302号室(?)のポスト内を覗き見る。

 

  • おすすめされた映画楽しかったと翔太に話しかけられる。

 

  • 菜奈(原田知世)と一緒に食事をしようとしている早苗のもとに、204号室西村・404号室江藤祐樹(小池亮介)の3人で住民会の参加を拒否されている理由を詰めよる。

 

  • 交換殺人ゲームについても詰め寄り、西村・江藤交換殺人ゲームについて初耳のようで、木下あかねの発言に驚く。

 

  • 西村と江藤と帰り道、「今日は私達がゲームについて知っていることが伝われば充分」という。

 

  • ゴミ捨て場で菜奈に、ゴミから拾った「302号室の人」と書かれた紙を見せ、「あなた、殺されちゃうんじゃない?」という。
 

赤池夫婦が殺されたあとということもあり、住民会や交換殺人ゲームについて確かめようと動き始めます。

「302号室の人」と書かれた紙の意味や、交換殺人ゲームについて探るためか、302号室のポストを覗き見たり、翔太から話を聞き出しています。

住民会に不参加だった西村と江藤と3人で行動しますが、交換殺人ゲームについて知っているのではないかと、疑うような眼差しを西村に向けています

 

7話.スマホで撮影

  • 102号室から出てきた刑事2人と児嶋俊明(坪倉由幸)をスマホで録画している。

 

  • 入れ違うように現れた西村も、さりげなく写真を撮る。

 

  • 新管理人 蓬田(前原滉)にゴミ捨て場の清掃をしなくていいかと聞かれる。

 

  • ゴミ捨て場が綺麗なことで、住民のマナーの良さを感心する蓬田に、ルールを守らせるには恐怖が一番」と言い放つ。

 

  • 浮田の死により、暴力団関係者であることがばれ、身元のことで蓬田に詰め寄られている妹尾あいり(大友花恋)と柿沼 遼(中尾暢樹)の様子を、江藤と眺めながらスマホで撮影。

 

  • 途中からやってきた久住(袴田吉彦)に、誰の不幸があったのか訊ねられ、浮田が亡くなったことを知らせる。
 

 

児嶋俊明を撮影するとき、尾野が木下あかねの傍にいました。

502号室に警察が来たときも、廊下の隅で尾野と様子をみており、直接やりとりしている描写はありませんが、何か接点があるのかも?

また、妹尾あいり達の身元について、皆知っているのに今更のように騒ぐ新管理人に対し、少し不満げでした。

又、妹尾あいり達の様子を見ているとき、江藤と一緒でした。

 

8話.新管理人とやり取り

  • ゴミを漁り、きちんと分別されているのをみて、「つまんない」という。

 

  • 304号室 北川(真飛聖)のことを新管理人 蓬田に尋ね、引っ越したことを知る。

 

  • 北川の引っ越し先を知らないか蓬田に更に尋ねる。

 

  • 蓬田から「本名で活動されてますよね」と言われ、「人違いです」と応える。
 

 

北川の引っ越し先の住所を知らないか蓬田に尋ねていましたが、引っ越し先へ追ってまで、北川に尋ねたいことでもあるのでしょうか?

「本名で活動している」ということから、木下あかねは作家か何かでしょうか…。

物書きか何かだとしたら、ゴミ漁りやスマホでの撮影の説明はつきますが…。

 

9話.住民会に参加

  • 西村と江藤3人で一緒に住民会に参加。

 

  • 交換殺人ゲームについて知りたがっている。

 

  • 菜奈に、手助けしたいので隠していることを教えてほしいと切り出す。

 

  • 菜奈から「302号室の人」と書かれた紙は、ゴミ捨て場の清掃係を決めるときのものであると指摘される。

 

  • 話そうとしない菜奈に、交換条件として前管理人のゴミから出てきた脅迫状を見せる。

 

  • 菜奈に以前からゴミを漁っていることを指摘され、話をはぐらかされる。菜奈との会話を録音していたらしく、レコーダーに「今日はここまで」と吹き込む。
 

 

交換殺人ゲームに迫ろうと躍起になっている様子です。

ゴミは漁って見るだけでなく、気になるものがあれば持ち帰り、復元したりもするようです。

レコーダーに「今日はここまで」と自分で吹き込んでおり、何度かに分けて菜奈に聞くつもりでいたのか、別の人間との会話も録音しているのか…。

 

10話.ミキサー主婦 早苗を目撃

 

誰かとやり取りしたなどはありませんでしたが、江藤と一緒に、菜奈をミキサーで襲う早苗を目撃し、その様子をスマホで撮影していました。

江藤は菜奈を助けようとしたのか、一瞬駆け出そうとしますが、木下あかねは駆け出そうとはせず、スマホで撮影を続けていました。

西田・江藤・木下の3人が同じ方向にいました。

 

木下あかねの人物像

第一章(1話~10話)を振り返り、木下あかねの人物像を考えてみると、1話の住民会で話されていたような、“ゴミの分別にうるさい、偏屈で厄介な人”というイメージとは少し違うようです。

実際は、ゴミの分別そのものに関心が強いのではなく、分別されていたほうがゴミの確認がしやすい、面白いものが見つけやすい…という理由かもしれません。

ゴミ漁りの他、スマホで撮影したり、レコーダーを持ち歩いていたり、住民の人間観察が主な目的のようです。

普段は他の住民と交流がないようですが、情報を手に入れるために自分から話しかける積極性はあり、駆け引きを持ちかけるなど、理知的な面も覗かせています。

また、シンイーに日本語の使い方を親切に教えていたり、新管理人 蓬田とイヤホンを共有したり、気さくな面もあるようです。

江藤との会話では、姉さん気質に感じられる部分もあるので、実は面倒見のよい”いい人”なのかもしれません。

 

木下あかねは 犯行に関与しているのか?

では、木下あかねは交換殺人ゲームや犯行に関与している可能性について考えてみます。

第一章(1話~10話)での様子をみた限りでは、木下あかねが犯人の可能性は低いように思います。

住民会にも9話までは不参加でしたし、何より交換殺人ゲームについて嗅ぎまわる行動を積極的に取っています。

木下あかねが犯行に関与していたり、犯人に協力しているなら、行動がチグハグに感じてしまいます。

木下あかねは、犯人ではなく、小説家や作家なのではないでしょうか?

住民を観察していたり、スマホで撮影していたり、レコーダーで録音したりしているのは、作品の材料としてではないでしょうか?

「本名で活動している」という蓬田の言葉も、本名で作品を書いているという意味だったのかもしれません。

木下あかねを演じている 山田真歩さん は、ドラマで小説家の役をやっていたり、山田真歩さん自身が出版社に勤めていたこともあるので、木下あかねが作家である可能性はますます高いかもしれません?!

もし、木下あかねが犯行に関与しているとするなら、作家として作品のリアリティを求めて…とかかもしれません。

そういうことなら、なかなかの狂気ですね。

尾野の近くにいることがあったり、江藤と一緒にいることが多いので、全く怪しくないとは言い切れません。

ルールはきちんと守りましょう」という紙を作って、藤井に回してきたのが木下あかねなら、ルールを守らせるには恐怖が一番」と発言していることも怪しい印象になります。

木下あかねが犯行に関与しているとするなら、菜奈を殺した犯人と通じている可能性も出てきます。

 

まとめ

あなたの番です 401号室の住民 木下あかねについてまとめました。

木下あかねを演じている 山田真歩さんは、演じる役でぜんぜん印象が違うカメレオン女優と呼ばれる方でした。

第一章(1話~10話)での木下あかねの行動や言動も振り返ってみました。

いよいよ第二章・反撃編になりますが、住民をずっと観察してきた木下あかねは、犯人の謎を解く手助けをするのでしょうか。

それとも黒幕なのでしょうか…

2 件のコメント

  • 記事作成の考え方②機能的価値と感情的価値 | ライティングマニュアル より:

    […] この記事のような『考察』系の記事はあなたの意見・感想・考えといった情報(感情的価値)が比較的多く求められる記事。 […]

  • 記事作成の考え方①機能的価値と感情的価値 | ライティングマニュアル より:

    […] この記事のような『考察』系の記事はあなたの意見・感想・考えといった情報(感情的価値)が比較的多く求められる記事。 […]