アライブがん専門医のカルテ2話あらすじ!男性の乳がん!薫の正体は?

アライブ~がん専門医のカルテ~の初回は、心を中心に物語が進んでいきましたね。

心は、色々な人に囲まれ生きていました。

しかし心は夫・匠の、事故の後遺症で意識不明ということを受け入れられずにいました。

1話の最後には、薫先生の気になる謎の場面もあったり!

匠の手術をしたのが薫先生だったということ…。

アライブ~がん専門医のカルテ~の2話のあらすじが気になりますよね!!

そこで2話のあらすじと、どんな展開になるのか?まとめてみました♪

アライブがん専門医のカルテ2話あらすじ

第1話では、心のいる腫瘍内科のことについて少し仕事内容にも触れられていましたね。

第二話では、心が所属する腫瘍内科に乳腺外科から乳がん患者の術前の化学療法の依頼がやってきます。

患者は2人。

乳がん患者は男性!?男性の乳がんの確率は?

日ノ原徹 男性。

珍しい男性の乳がん患者さん。

乳がんといえば女性のイメージが多いはず、でも実際は男性にも乳腺はあるので乳がんにかかるリスクはあります。

確率として乳がん患者の1%にも満たないとのことですね。

そうなると、男性としては、まさか俺が???とい気持ちになるでしょう。

日ノ原さんの担当は、光野先生(藤井隆)が阿久津部長の指名で担当することになりました。

日ノ原さんの家族の病歴を聞くと母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあるかもと光野先生は検査を勧める。

さらに、娘がいると日ノ原さんから聞き、光野先生は、更に検査を勧めるが、日ノ原さんに渋られてしまいます。

そうですよね、もし男性なら自分が乳がんなんて思ってもいない病気ですもんね、受け入れて検査をすることにも抵抗がありますよね。

日ノ原さんは、戸惑いが隠せない様子。

しかし、なんとか日ノ原さんは検査を受けてくれることに…。

もう一人の患者は?若い女性の患者!

そして、もう一人の患者は若い女性患者の佐藤莉子さん。

莉子は、心と研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)が一緒に診察をしていたのだった。

若年性のがんは、高齢の方より進行が速いといいますよね。

莉子は、自分が乳がんだということがまだ信じることで難しい様子。

会社への報告などに悩んでいました。

会社の報告、今後の生活のことなど色々悩んでしまいますよね。

そして、診察後、心は莉子は乳房全摘手術が望ましいと聞かされた奈海は、まだ若いのにと残念がるのです。

そうですよね!女性にとって全摘は勇気のいるもの、そして若い女性なら尚更です。

しかし、結城は若いからこそ早期治療が大切だとドライな反論する。

結城は、どこかドライな感じもしますよね。

でも、実は患者のことを考えて言っているようにも見えますね。

スポンサードリンク

心のプライベートの生活は大丈夫?!

第1話では、事故で意識不明の心の夫:匠が入院していましたね。

第2話では仕事を終えた心がいつものように匠のいる病院に寄り、見舞って帰宅します。

京太郎(北大路欣也)が息子の連を面倒を見ていてくれました。

しかし、京太郎は連を甘やかし連の宿題を手伝っていました。

それは、京太郎が匠の意識が戻ることを諦めたかのようなに見え、京太郎への愚痴を薫にメールするのでした。

心は、もうプライベートではきっといっぱいいっぱいで精神的にも辛い状況なんでしょう。

あんなに仲の良かった匠が家にいないことが本当につらそうですよね。

一人ベットで寝て居るシーンとかは特に…。

⇛アライブの相関図キャスト一覧はこちら♪

スポンサードリンク

梶山薫は一体なぜ心に近づいてきたのか?

心からの愚痴をメールで受け取った薫。

薫はジムで、メールを受け取る。

心のメールが匠の内容となると返答に戸惑っている様子ですね。

1話の最後の薫のシーンが流れ、薫と心には何か接点がありますね。

匠の夫の事故の手術に入ったのは薫と薫の元上司。

そして、薫はその手術で責任を何か感じている?

第1話の手術も久しぶりの手術だったかのような感じもありましたよね。

今後の薫の動き、心になぜ近づいてきたのか気になりますね?!

第2話でも何か進展がありそうですよね!

⇛アライブの主題歌気になる歌詞は?曲などまとめ♪

まとめ

今回は、アライブ~がん専門医のカルテ~第2話のあらすじをまとめました。

今回は、乳がんがテーマのようですね!

特に男性の乳がん!まだ、世の中でも認知されずらい男性の乳がん。

早期治療すれば今は完治なども可能な病気となってきている癌。

女性の癌では、特に多い癌の種類でもあります。

乳がんについても知られる良い機会になりそうですね。

第2話がどうなっていくか、目が離せませんね!