赤川花火大会2019の交通規制と駐車場情報は?穴場スポットや屋台も調査

 

全国の花火師が競い合う花火競技会で、日本の伝統的な割物花火の部門と音楽などと連動するデザイン花火の部門に分かれています。

トップクラスの花火師の迫力ある花火に感激するでしょう。

「赤川花火大会2019」の交通規制や駐車場情報をお届けします。

細かい情報が出ているので渋滞を回避できるよう上手に利用してくださいませ。

穴場スポットや屋台も調べているので、事前情報としてチェックしておくと当日に慌てずにすむのではないでしょうか。

「赤川花火大会2019」の日程とスケジュール

《打ち上げ場所》

打ち上げ日時:2019年8月17日(土) 19:15~21:00 小雨決行、荒天中止

打ち上げ場所:鶴岡氏赤川河畔 羽黒橋~三川橋

打ち上げ数:約12,000発

予想人出:約35万人

会場までのアクセス

出典元:赤川花火大会公式サイト

アクセス方法

電車の場合

JR鶴岡駅から徒歩約25分 臨時バスあり

  • 鶴岡駅 – エスモール – 大会会場
  • 湯野浜 – 加茂水族館 – 大山 – 中央公民館 – 鶴岡駅前 -大会会場
  • 湯田川温泉 – 高専前 – 鶴岡駅前 – 大会会場
  • 藤島庁舎 – 藤島駅前 – 大会会場

帰路は臨時列車の増発があります。

車の場合

山形自動車道 鶴岡ICから約6km

臨時駐車場から有料シャトルバスの運行あり

 

「赤川花火大会2019」の交通規制は?

出典元:赤川花火大会公式サイト

6:00~23:00の長時間にわたり交通規制が実施されて、徐々に会場周辺は車両通行止めになります。

周辺道路は渋滞の発生が予想されるため、主催者側は公共交通機関の利用を推奨しています。

午後なると規制範囲が広がってくるので渋滞が起こりやすいため早めの到着が安心です。

「赤川花火大会2019」の駐車場情報

出典元:赤川花火大会公式サイト

会場周辺は駐車場がないため臨時駐車場の利用を推奨しています。

JR鶴岡駅前や臨時駐車場から花火大会会場まで有料バスの運行があります。

各方面からの都合のよい駐車場を準備しているので、帰路の渋滞発生の緩和のためにも橋を渡らないようなルートの選択がよいでしょう。

専用駐車場

「赤川花火大会2019」の公式臨時駐車場が設けられています。

升席利用の方と一般席利用の方では駐車場が異なるため注意してくださいませ。

駐車可能台数は限られてしまうので早めの到着がよいでしょう。

各方面から最寄の駐車場が設定されているので、帰路の渋滞の抑止に協力しましょう。

JR鶴岡駅から臨時バスまたは徒歩で会場へ

出典元:赤川花火大会公式サイト

一般席利用の方は鶴岡中央工業団地駐車場で、升席利用の方は鶴岡東工業団地の利用です。

開門は多くが14:00からで、一部17:00となっている箇所があるので注意してくださいませ。

②山形方面は「櫛引総合運動公園駐車場」からシャトルバスで会場へ

③秋田・酒田・新庄方面は、「いろり火の里駐車場からシャトルバスで会場へ

いずれも13:00開場で、シャトルバスは片道500円で随時運行です。

④新潟方面は「水沢化学工業様駐車場」を利用し、駐車場からJR羽前水沢駅まで徒歩約10分、JRを利用してJR鶴岡駅から臨時バスの利用して会場へ

専用サイトより現在地から駐車場までの地図にアクセスすることができます。

《鶴岡駅周辺駐車場》

JR鶴岡駅付近に打ち上げ場所と線路を挟んで反対側へ出るとコインパーキングがあります。

臨時駐車場に入れない場合や事前に予約をしておきたい方は検討されるとよいでしょう。

一部紹介します。

 

《チケットパーク鶴岡駅前》

  • 24時間営業 収容台数:28台 平地(自走式)
  • 入庫後24時間 400円(前払い)
  • 3ナンバー 、RV、1BOX、外車 対応可

 

《マリカ駐車場》

  • 収容台数:800台
  • 最初の3時間無料、その後30分/100円 一日最大 800円

 

《第2銀座パーキング》

  • 24時間営業 収容台数:39台
  • 60分/200円 商店街の買い物で無料サービス券の配布あり

商店街で買い物を済ますことができ、会場からの帰りは駅と反対方向に向かうため少し混雑から回避することができるでしょう。

人混みが苦手な方や早めに帰路につきたい方におすすめします。

賢く事前予約を活用しよう! 

早めに行って駐車場の確保も良いですが、帰りは渋滞になるのは避けられないので、事前に近くの駐車場を予約し帰りも渋滞回避できるakippaの利用が増えていますよ♪

→駐車場事前予約サービスakippaの口コミや評判はこちら

「赤川花火大会2019」の穴場スポット

会場の混雑から避けて綺麗な花火を見たいという方へ穴場スポットを一部紹介します。

 

《鶴岡市立朝陽第5小学校グラウンド》

花火大会当日はグラウンドが開放がされています。

打ち上げ場所から離れてはいるもののほぼ正面にみることができるので見ごたえがあります。

ゆっくりと見たい方におすすめです。

 

《ブルボン羽黒工場付近から羽黒橋近く》

ブルボン羽黒工場近くや羽黒橋付近は打ち上げ場所からやや距離があるが、障害物に遮られることなく綺麗に見ることができます。

付近は駐車することができないため、別途駐車場を確保して歩いていきましょう。

会場から離れているため、帰りの混雑から回避したい方におすすめです。

 

 

《鶴岡東公園》

広場があるので場所取りに困ることはありません。

距離があるものの花火は綺麗に見えて迫力を感じることができます。

虫が多いので虫よけスプレーや虫刺され薬は忘れないようにしましょう。

人混みが苦手な方におすすめです。

 

《三川橋付近》

視界は良好で打ち上げ場所からも近いため、迫力ある花火を綺麗にみることができます。

三川橋とJRの線路の間で有料観覧席寄りに場所取りをすると臨場感あふれる花火を体感できますね!

帰りは徒歩で駅までと考えている方におすすめです。

「赤川花火大会2019」の屋台

会場内の複数の場所に出店が出ているが、実数は思ったほど多くなく50店ぐらいです。

点在しているため余計に少なく感じるようで、混雑しています。

定番の出店はほとんどそろっていて、中には地元グルメの店も見かけることがあります。

屋台だけで飲食物をそろえるのは難しいため、持参するようにしましょう。

まとめ

花火競技大会ということで、質の高い花火が上がることが期待されています。

エンディングの花火は有料席の真上に上がるような臨場感と大きさに別世界に引き込まれます。

華麗な花火の裏側には花火師の過酷な戦いがあることを肌で感じることでしょう。

よい天気で花火に絶好のコンディションであることを楽しみにしたいですね♪

事前予約は使うべきです
  

花火大会はどうしても渋滞したり、駐車場を止めることができなくて困った経験はありませんか?

あらかじめ準備をしておけば、家族で行くときも、デートで行くときも、大切な時間をスムーズに迎えることが出来ますよね♪

akippaで事前予約をすることで、いつもよりも余裕を持って行動できるのではないでしょうか(^^

↓花火大会に向けて今すぐakippaで駐車場を予約する↓