4分間のマリーゴールド原作ネタバレ!結末はやはり沙羅の運命は変えられない?

スポンサードリンク

 

2019秋のTBS金曜ドラマ”4分間のマリーゴールド”は、CMも放送され始め、福士蒼汰さんと菜々緒さんが出演するとういことでもかなり話題になってきています!

主人公の花巻みこと役を演じるのは、人気俳優の福士蒼汰さんで、TBS連続ドラマ初主演ということで注目されています!

そして、みことの禁断の恋のお相手は、今まで悪女役の演技が多かったスタイル抜群でクールな菜々緒さん!

今までの悪女キャラを封印し初めてナチュラル系ヒロインを演じます。

そんな新ドラマ”4分間のマリーゴールド”について原作はあるのか、どんなストーリーなのか、そして結末はどうなるのかネタバレを含めてまとめていきます。

⇒「4分間のマリーゴールド」は見逃しで見れる?見放題で無料のサービスはこちら

「4分間のマリーゴールド」の原作は?

4分間のマリーゴールドは、キリエさんの漫画が原作となっています!

小学館から出版されていて、3巻完結の感動ストーリーです!

キリエさんは福岡県出身の姉妹漫画家で、姉のななみさんと妹のともよさん一緒に漫画家の夢を目指したそうです!

一旦は2人ともヘルパーのお仕事をしたそうですが、最初の仕事の選択、そして漫画家への転身のタイミングなど本当に気の合う仲良し姉妹なんだろうなと感じます!

キリエさんは、2014年8月”週刊スピリッツ”で「ヒトリシズカ」によりデビューされました!

「4分間のマリーゴールド」小説が発売!

4分間のマリーゴールドの原作となる3巻完結の漫画が、10月に小説となって発売されることになりました!

作者キリエさんのお母さん・桐衣朝子さんが描き下ろし、カバーイラストはキリエさんが描き下ろしたそうです!

漫画では明かされてない、過去や物語のその後などオリジナルシーンが満載とのことです!!

桐衣朝子さんは、52歳で大学院入学、62歳で小学館文庫小説賞受賞し、

著書『薔薇とビスケット』が小学館から出ています!

親子で”4分間のマリーゴールド”に関わっていて、とても素敵ですね!

10月4日に小学館から出版されるようなので、ドラマ放送前にぜひチェックしてみたいと思います♪

「4分間のマリーゴールド」ドラマのあらすじは?

4分間のマリーゴールドは、主人公の救急救命士として働く花巻みことと、その義理の姉である花巻沙羅との間で生死を巡る禁断のラブストーリーです!

禁断の恋

なぜ禁断の恋なのかというと、2人の名前から分かるように、2人は”花巻家”という同じ戸籍に入った人間なのです。

血のつながらない兄弟。。

みことの父の再婚により2人は家族になりましたが、みことはひそかに恋心を燃やしています。

みことには兄弟はいませんでしたが、再婚を機に兄と弟もできて4人兄弟となりました!

人にはなかなか言えないこの状況で感動のラブストーリーが芽生えていくのです、、!

手を合わせた相手の”最期の瞬間”が視える能力

救急救命士として働くみことは、ある日の仕事中に手を合わせた相手の”最期の瞬間”が視えるという特殊な能力に気が付きます。

その視えた未来はどんなに手を尽くしても、その結果は変えられない運命なのだと気づきます。

そして密かに想いを寄せる沙羅の26歳に誕生日の日に、みことは沙羅の手に触れてしまい、そこで視えた沙羅の未来は

1年後の沙羅の誕生日に、沙羅が帰らぬ人となる未来でした。

人の最期の時を”視る”ことができても、その運命を変えることはできません。

最愛の人の最期を知ってしまってもなにもできないみことは絶望感を感じてしまいます。。

これだけの情報でも、もう結末を予測してしまい感動間違いなしですよね!!!

家族にも打ち明けられないみことの想いっは伝わるのか、沙羅は本当に1年後に帰らぬ人となってしまうのでしょうか。

「4分間のマリーゴールド」原作ネタバレ!

血につながらない姉・沙羅に恋してしまったみこと。

自分の特殊能力によって、その愛する沙羅の最期”を視てしまったみことは、自分では変えることのできないその”未来”に絶望感を感じます。

1年後の8月23日。

沙羅27歳の誕生日の日に沙羅が帰らぬ人となることを知ってから、2人の恋と2人の未来はどうなっていってしまうのでしょうか。

原作のネタバレをしていきます!

沙羅の気持ち

血のつながらない姉の沙羅に恋してしまったみことですが、次第に沙羅の気持ちを聞くことになります。

”沙羅もみことが好き”ということを、、♪

ようやく気持ちを通わせられてとても喜ばしいことですが、はたから見れば兄弟の2人です。

他人はもちろん他の兄弟がそれを知ったら大変なことになりそうです。

そして、、、夏祭りの日。

みことと沙羅が2人で出かけた際に、キスしているところを義理の兄・廉に目撃されてしまいます。

そしてショックを受けた廉は、みことに対して

”お前の家族やめる”と言い放ちます、、。

そこでみことは、廉に自分がもつ特殊能力のこと、そして沙羅の1年後の未来を視てしまったことを打ち明けます。

すると廉は、みことの辛い気持ちを察して、

”2人が笑ってるなら俺はもう何も言わない”と、受け入れてくれるのでした。

キスを見られてしまったことによって、廉に打ち明けることができて

”ピンチはチャンス!”と思いたいところですが、なんとその会話を沙羅にも聞かれてしまっていて、沙羅自身にも自分が死ぬ未来を突きつけてしまうことになります。

自分の未来を知った沙羅とみこと

沙羅は、その事実を知り、今までみことが思い悩んでいたことを思って泣いてしまいます。

「ごめんね、ごめんね、、」と。

自分に死が迫っていることを知りながらも、みことの気持ちを想って泣いてしまうところからみても、本当にみことのことを愛しているということが分かります。

羨ましいくらいの純愛ですね!

そしてみことは沙羅に父の形見の指輪を渡してプロポーズをし、母親や弟の藍にも報告して、無事に認めてもらい結婚式の準備を始めます。

運命は変えられない?

結婚式の準備を始めた2人でしたが、ある日2人が水族館に向かう途中の車に、トラックが衝突してしまいます。

みことは幸い軽症で済みましたが、隣には頭から血を流し意識を失う沙羅の姿が。

みことが沙羅の止血をしようと沙羅に近づくと、一瞬だけ沙羅の意識が戻り、みことの顔を見て”大好き”と微笑みながらつぶやき、そのまま呼吸が止まってしまいます。

それから2ヶ月ほど意識は戻りませんでした。

事故にあったこの日は6月21日。

やはり沙羅の運命は変えられないのでしょうか、、。

沙羅28歳の誕生日にウェディングドレスを着れる?

沙羅には27歳の誕生日に帰らぬ人となる”未来”がありました。

そして、その翌年の沙羅の28歳の誕生日の日に、みことの両親が結婚式をあげた教会に、ウエディングドレスを着た沙羅の姿がありました!

”自力で歩きたかったから、1年かかっちゃった”という沙羅。

事故にあい、1年延期された2人の結婚式です。

沙羅はマリーゴールドのブーケを握っています。

マリーゴールドは、みことが沙羅の誕生日に毎年贈っている花で、

花言葉は”絶望、悲しみ”そして、”生きる”です。

変えることができない未来に絶望的だったみことでしたが、事故のときのみことの救急救命士としての最初の4分間の適切な処置と、意識の戻らない沙羅の元へ通い続けたみことの愛が運命を変えてくれたのでしょう。

事故の日以来、みことの特殊能力は消えてしまったようです。

大切な人との別れはいつ来るか分からないからこの瞬間、この1秒を愛し続けて生きていくと誓ったのです。

タイトルにある、「4分間」の意味は、

救命における生死を分けるタイムリミットは、”4分間”と言われているようです。

人間が呼吸停止してから心肺蘇生法をせずにいると、命が助かる可能性は2分で90%、3分で75%、4分で50%と分刻みに低くなり、4分で半分以下ということになります。

呼吸が止まってから4分間が救急救命士の正念場であり、命を救えるかどうかを左右する重要な「4分間」という意味が込められているようです。

 

4分間のマリーゴールド原作ネタバレ!まとめ

10月スタートのTBS金曜ドラマ、4分間のマリーゴールドの原作とネタバレについてまとめてきました!

ストーリーはもちろん、タイトルに込められた想いも素敵でこれは涙必須のドラマになること間違いなしだと思います!!

純愛を育む福士蒼汰さん、菜々緒さん、そして桐谷健太さんと横浜流星さんとの4人兄弟シーンもとても楽しみですね!

気になるドラマ放送日や主題歌などの情報解禁を心待ちに、10月を楽しみに待っていたいと思います♪

⇒Paraviなら「4分間のマリーゴールド」を独占配信!無料お試しで視聴する

\解約は簡単!たったの1分